スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「王妃の紋章」を観る

2008/04/19

よほど「何もない」と思わない限り、
休みの前日は映画を観ます。

と、いうわけで上映スケジュールをチェック、
トレーラーを見て今回は「王妃の紋章」を。

色の洪水、とでも言うのでしょうか、
美しい映像でした。

それ以上に美しかったのが「コン・リー」(ですよね?)
マイアミ・バイス」で見たのが初めてでした。
毒薬の苦しみに耐え、
怒りに耐え、
実らぬ愛に耐え、
悲しみに耐え・・・・。
それでも尚、凛とし続けた2時間だったのでは。
その上で決行した謀は成功したのでしょうか?失敗なのでしょうか?
どこまでが計算の内で、
どこまでが想定外のことなのか僕の頭では想像もできません。

ちっさな見方をすれば、
人を呪わば穴二つ、
周囲を巻き込んで繰り広げられたこれ以上無い迷惑な夫婦喧嘩とも言える気が。

ラスト。
単なる汚れ、とでも言うかのように○○を綺麗に掃除し悠然とそこにいる「彼」
全てを見届けて尚そこにいる(耐えることを象徴する儀式は拒否した?)「彼女」
2人の姿には壮絶な「何か」を感じました。
僕には表現できない「何か」がずっと胸の奥に重く残っているような気がします。

他の方の意見、プロの評論などは全く目にしていません。
感じる力を持った方々、表現する力を持った方々の意見をこれからチェックして、
「何か」について考える機会を作りたいな、とは思います。

良作でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HINAた

Author:HINAた
某鉄道会社勤務。
読書・QMA・映画が好き。

QMA3後半~QMA6まで、
HINA@カイルでプレイしてました。
twitterは、@hina0513です。

twitter
    follow me on Twitter
    新世紀のラブソング
    ソラニン
    ブクログ
    フリーエリア
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    FC2カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。