スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」

2010/02/27

和洋を問わず、神話に関する物語には興味があります。
ということであまり期待はせずに観に行きました。

「神」って結構お間抜けだったりしますよね、
色々なお話の中では。
そういった意味では「リアル」だったと言えるかも(笑)

全知全能であるはずのゼウスが最強の武器を盗まれる。
彼はポセイドンの息子(半神・半人間)に疑いを抱き、
期限を設けそれまでに返却しなければ戦争を起こすと脅しをかける。
人間としての平凡な日常から、
神の血を引く者としての宿命に導かれた冒険へ!
パーシー・ジャクソンは目的を果たすことが出来るのか!

って、おいおい。
全知全能の神たるものがそんな大事なものを簡単に盗まれるなよ・・・。
仮に盗まれたとしたって、
あなた、一体どういう保管の仕方をしていたのですか?
最高責任者はあなたでしょ?
まず、あなたが管理者責任を問われなければならないのでは。
さらに、盗んだ相手の特定理由はなんと!
「思い込み」( ゚Д゚)ポカーン
証拠は一切無し!(笑)
こらこら、冤罪ですよ冤罪。

神「お前でないなら、誰が盗んだ?」

少年「○○です。○○が理由です。」

神「よくやった」

え、え、え~!!!!!!!

ってな感じで突っ込み所満載だったような(笑)
ショーン・ビーンさんという方がゼウスを演じています。
顔を見れば、ああこの人ね、と分かるくらいにはメジャでしょう。
しかし、悪役が多いこの方、
基本的に「セコイ」役ばかりなのが可哀想。
って、僕なんかが思うのも失礼でしょうけれど。
いや、今回は「主神」なので「悪役」というのもどうかと思いますが、
上述したようなお間抜けぶりでしたのでつい(笑)

ピアース・ブロスナン、役作り?
あちこち、たぷたぷだったように見えました(笑)

ユマ・サーマン、キレイでした。
初めて見たのは「パルプ・フィクション」でした。
あんなメドゥーサだったら見てしましそうです。

神話上のモンスターなんかが活き活きと動いているのを観るのは楽しい。
いつも通りですが、
何も考えずに、突っ込み所も含めてゆる~く観るのが良いと思います。

次はドラマは一切見ていなかったあれか?という所。
明日は所用で秋田市へ。
とんぼ返りで実家に帰りますので、
次の更新は月曜夜になると思います。
ではでは。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

HINAさんも観に行ったのですね。

ギリシャの神様って随分人間くさい描写が多いですね。ゼウスが色んな女性に手を出したりとか。だからこそ自分は他の神話より親しみやすかったりします。

Re: No title

>ちょいさけさん

ゼウス浮気する→嫁怒る→呪う→ゼウス哀れに思い空に上げる(星座)
とかそんなんが沢山あったような(笑)

敢えて、完全なものとしては描かれていない、
のかもしれませんね~。
プロフィール

HINAた

Author:HINAた
某鉄道会社勤務。
読書・QMA・映画が好き。

QMA3後半~QMA6まで、
HINA@カイルでプレイしてました。
twitterは、@hina0513です。

twitter
    follow me on Twitter
    新世紀のラブソング
    ソラニン
    ブクログ
    フリーエリア
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    FC2カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。