スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の映画を振り返る。

2009/12/30

今年の映画を簡単に。
数えてみたら31本(32回)観ていました。
半券をとってあったりしますので。

順位、はつけられないとして、
特に良かったと思ったものを5本。

サマーウォーズ
新しくて、懐かしい。
アバターもこちらの方が早かったですね(笑)
劇場で本当に涙を流した作品でした。

エヴァンゲリオン新劇場版 破
今までの映画人生でも唯一、2回劇場で観た映画。
原型をかすかに留めつつも新しい。
怒濤の展開には惹きつけられました。
新キャラクタも良かったと思います。
正直、「坂本真綾」という方はこの作品で初めて認識しました。

ジェネラル・ルージュの凱旋
堺雅人の存在、演技による所が大きいですが。
ああ、高嶋政伸さんも良かったですね。
前も書いたと思いますが。
臨場」もそうでしたけれど、
「いい人」ではない役柄が特に最近はピシッと嵌っている感じがします。

笑う警官
こちらは大森南朋さんが出ていたことが観た理由の大半。
ハゲタカ」も良かったのですが。
とんでもないお金のかかった「大作」って、
こちらからアクセスしなくても情報を目にするような気がします。
しかし、こういった作品って本当にこちらから拾う努力をしないと。
もちょっとどうにかならないものでしょうか。
海外で評価された後でしか評価されない映画っていうのも多いのでは。
日本には「基準」が存在しないのか?
なんていう風にも思えてきたりして。

THIS IS IT
生前の悪い噂が全て真実であったとしても、
キングオブポップ」が色褪せることは決してない。
レベルの差はあるでしょうけれど、
「プロ」の凄みをまざまざと見せつけられた気が。
今頃気付くというのも見る目がないということでしょうけれど。

今年も沢山の良い映画を観たな、そう思います。
来年の作品も雑誌なんかで目にしていて、
いまいちな感じがしていますが、
それは去年も同じだったように記憶。
小さな作品にもしっかりと目を光らせていたいものです。
また、面白い映画に出会いたい。
そんな年になりますように。
ではでは。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HINAた

Author:HINAた
某鉄道会社勤務。
読書・QMA・映画が好き。

QMA3後半~QMA6まで、
HINA@カイルでプレイしてました。
twitterは、@hina0513です。

twitter
    follow me on Twitter
    新世紀のラブソング
    ソラニン
    ブクログ
    フリーエリア
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    FC2カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。