スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「2012」

2009/12/20

トラブル対応のため、
何度か電話に出なければならず、
少し抜けがありましたが一応観てきました。

人類滅亡の危機を描く映画はもう一杯あるはずで、
結局は「原因は何か?」が違うだけのような気がします。
そうは言っても、
映像の迫力は凄まじいものがあって、
それだけで十分に楽しめるのですが。
基本的に何を観ても、
「生き残るもの」を描く感じかと思いますので、
どうしても「都合が良い」という批判も出るのかも。
でも、「終末」なんてものを描く中で、
「生き残るもの」を省いてしまったら、
「死」以外何も残らないのでは?
そう考えたら「希望」がある方が良いのかな、なんて。
ただ、今回はちょっとね。
「生き残るもの」の殆どがその権利を、
特権的な立場や金で手にしているというのが・・・。
「生き残ったぞー!」と歓喜のシーンを見せられても、
何かしっくりとこないものがあるのも確か。
まさに「ノアの方舟」を地で行っているのですが、
あの程度の動物を生かしたところで、
種の存続は不可能でしょあなた、と突っ込みたくもなったり。
暗くなりすぎないように、という配慮なのか、
ユーモアもあちこち効かせてありましたが、
そんなことやってる場合?
と、不愉快に感じる人も出るのかな、とも思いました。

つまらなかった、という訳ではないのですが、
随分批判的に書いている気がしてきました(笑)
途中で呼び出しがかかったのが頭にきていたのでしょう。
申し訳ありません。
繰り返しますが、本当に映像は良いですし、
内容についてどう感じるかは観て感じればよいだけのこと。
興味のある方は観るべし、でしょう。

年内にもう1本観られれば良いかな、と。
ではでは。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HINAた

Author:HINAた
某鉄道会社勤務。
読書・QMA・映画が好き。

QMA3後半~QMA6まで、
HINA@カイルでプレイしてました。
twitterは、@hina0513です。

twitter
    follow me on Twitter
    新世紀のラブソング
    ソラニン
    ブクログ
    フリーエリア
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    FC2カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。