スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名古屋芸大祭、「サカナクション」ライブレポートなど

2009/10/31

DSC05046.jpg

まずは寝台あけぼので東京へ。
座席番号で上段か下段かが分かっておりました。
狭いけれども景色は良く見える、
というのが上段でしたが、
21時台の出発ですから景色も何もありませんでした(笑)
6時台に東京に到着、
のぞみかひかりかこだまか区別は付きませんが(笑)、
一路名古屋へ。
ホテルに荷物を預けつつ、
何となく会場の大学に向かいました。
iPhoneの「乗換案内」が便利で助けられました。
到着したのがこちら。

DSC05047.jpg

サカナクションが初めてなら、学園祭も初めて。
入ってみたら整理券の配布の行列が。
思わず並んでしまい手に入れたのがこちら。

DSC05065.jpg

会場が体育館なので当然オールスタンディング。
「A」というのがそのブロックで、
「ステージ正面の前のブロックですよ!」と貰うことが出来ました。
ラッキー!と本当に思っていました。この時は・・・。
なんとこの時点で会場まで2時間も時間が(笑)
流石に若い人ばかりで非常に居づらく、
近場のネカフェに逃避した僕でした。
おかげで読み逃していた「3×3EYES」の完結を。
「おお!ちゃんと終わったんだ」と感無量。
ゆっくりまったりしながら(眠かった)時間を潰し、いざ会場へ。

さて、いよいよ本番のライブですが、
最初に悪いことを書いてしまいましょう。
某掲示板にも少しですが書き込みはありますが、
僕の目線からもここに記しましょう。
後ろのコテコテの関西弁のグループが明らかにサカナクションを知らず、
アホな会話を繰り広げていたので嫌な気持ちもしていたのですが・・・。
Ame(B)ライトダンスといういつもの?
そして僕にとっては鉄板のスタート。
が、この段階で既にモッシュ(押しくらまんじゅう)状態に。
「え?こんな感じのライブなの?」と戸惑う。
ここで既に後ろに待避する人も。
まあ、落ち着いてくれば付いて行けるでしょ、
と頑張っていましたが、更にダイブが始まる・・・。
(モッシュ、ダイブ共後でググりました)
ダイブした奴が1回転したような感じになって踵が目の前で女性の顔に・・・。
謝罪のそぶりすらないその姿を見て正直完全にキレました・・・。
この頃にはもう床が抜けてしまっていて(僕もほぼ真上でした)、
3曲目の途中で一旦ライブは中断。
だったので、取り敢えず殆ど人もいない後ろに下がりました。
そして2度と整理券通りのブロックには戻りませんでした。
調べて分かったこととして、
「ロックのライブではそういう状態になりがちであり、
 覚悟の無い人は前に行かない方が良い」
と、軒並み似たようなことが書いてありました。
なるほど、人の顔に蹴りを入れておいて謝りもしない。
それが当たり前だ、嫌なら前には来るな!ということかと理解。
けれどそういうルールなら暗黙の状態なのはおかしいと僕は感じる。
ライブによっては明確に禁止する場合もあるそうですが、
そうでない場合、所謂「空気を読んで」整理券が良くても、
後ろのポジションを選ぶべきということになるのでしょうか。
女性の顔を蹴るって、ライブのルール以前に人間として・・・、
って思うのですが。
サカナクションのライブがいつもこうなのか?
学園祭のノリっていうのがいつもこうなのか?
知りませんけれど、ある意味今回は勉強になりました。
けれど、サカナクションにも、そしてスタッフにも、
今回は不満はありません。
あくまで、僕から見て「??」な人達がいた、ということかと。
(いつも書きますが僕だけがまともだ、なんて言う気はありません)
モッシュできれば誰でもOK的な外人2人を含むグループとか。
前述した後ろの連中とか。
ダイブした連中とか(しょっぴかれたって本当?)
人に後ろから掴みかかって人の上に上げようとばかりしていたバカとか・・・。
もう10年若くてもああはなれない、
なりたくない人種だなと心から思ったのでした。

で、やり直しの3曲目以降はずっと離れた場所から堪能しました。
ネイティブダンサー(歌詞飛んでましたね)、三日月サンセット
大好きな曲もあって感激。
更に更に、
新曲「アルクアラウンド」→セントレイアドベンチャーと怒濤のラッシュ。
ナイトフィッシングイズグッドで締めつつ、
アンコールへ、という2時間弱。
音響も良かったし、演奏は最高でした。
体育館でしたがレーザーもしっかりありましたし。
新曲が聴けたことも本当に良かった。
「シングル」という概念が無かった?
一般的な「シングル」のあり方に違和感があった?
的な話がありつつ、「芸大」ということもあってか、
「ビジネスとしての表現」「あくまで自分らしさを追求する表現」、的な話も。
アルクアラウンド」を作ってその辺がすっきりした、
ということを言っていました。
サカナクションらしさを全く損なわないまま、
ビジネスの要求にも応え得る、良い曲だと思って聴きました。
歌詞も正確には聴き取れませんでしたが、
あれは良かったです。発売が本当に楽しみです。
また、やっぱり早く全国を回って欲しいってそう思います。
その時はもちょっと人の多いところにいて、
みんなと一緒に跳ねていたいなぁ(笑)
本当にいろいろありましたけれど、
サカナクションはこれからもチェックしていくぞ。
ということで初日のメインイベントはここらで。
QMAも少し遊びましたが、後で纏めてアップします。
ではでは。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今更ですがライブお疲れ様でした。
某板でセトリ見ましたがいい曲ばかりでしたね。
新曲もやったようでうらやましいです。
自分も来年には見に行けるかなというところです。

いろいろライブならではのトラブルもあったようですが…。
その時々の雰囲気や場所のルールで違いますけど、難しいもんですね。
自分はダイブ、モッシュ等の危険行為はしませんが
はしゃいでしまう若い人の気持ちもわからないではないです。

No title

また名前忘れちゃいました~すみません

Re: No title

>プリズまさん

はい、確かに豪華なセトリだったと思います。

盛り上がって興奮が極まって、
というのなら自然で良いと思うのですが(それでも顔蹴りは容認出来ませんが)、
最初からそれだけが目的、
というのはどうも・・・、
と感じてしまうおじさんの僕なのでした。
プロフィール

HINAた

Author:HINAた
某鉄道会社勤務。
読書・QMA・映画が好き。

QMA3後半~QMA6まで、
HINA@カイルでプレイしてました。
twitterは、@hina0513です。

twitter
    follow me on Twitter
    新世紀のラブソング
    ソラニン
    ブクログ
    フリーエリア
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    FC2カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。