スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勉強は終わらない。

2009/08/09

僕は今の仕事には本当に「流されて」就きました。
「やりたいこと」なんて全く思いつかなくて、
「安定してるって言うし」ぐらいの感覚で公務員の模擬試験なんか受けてました。
「夢」なんて全くありませんでしたし。
工業高校だったんですけれど。
模擬試験だと成績は抜群で(自分で言うな)、
そのまま公務員になるものだと思っていました。
何をしているのかすら知りませんでしたけれど(笑)

が、ひょんなことから現在の会社を紹介され、
あれよあれよという間に、という奴でした。
実はまともな「試験」も入社試験が人生初で、
とても緊張したのを覚えています。
流石に「落ちる」のは嫌で、
必死にアピールしたなぁ。
電気科でしたから、その辺を。
僕、電気関係の教科はほぼ全て赤点すれすれでしたし、
入社してしばらくするまで「交流」と「直流」の違いも知らなかったんですが(笑)

そんな感じで入った会社でしたから、
当然仕事もやる気のかけらもなく淡々と、という感じ。
そんな中でどうにかやってこれたのは、
「面白い」という点が奇跡的にあった、ということかな、と。
うちの会社、うちの部門の電気回路って本当に特殊らしくて、
「論理式」、あるいは「パズル」みたいな感じが。

「ここがこうなるから、この条件が成立して・・・」
「それによって、ここで電流が遮断されて・・・」
「それであのリレーが落下して、その条件で別のあの装置が作動する」

みたいな。

これを読む(追う、とも言います)ことに楽しさがあったのですね。
複雑すぎると嫌になりますが(笑)
失敗を積み重ね、改良が重ねられ、
「フェイルセーフ」を実現するべく組み立てられた回路。
その意図を知ることはある意味、
「感動」を生むことすらあるのでは、とも。
入社十云年が経過していますが、未だに勉強の日々は終わりません。
大人=勉強からの解放、っていうのは間違った認識ですよね。
何かしら、死ぬまで続くようにも思います。
設備の電子化が進むと、こういった「叡智」もブラックボックス化され、
異常があればパッケージ毎交換する、という方向に。
「効率」を考えれば正しい方向ですが、
「プロ」を排除する方向の考え方でもありますし、
仕事としてはつまらなくなっていきます。
仕事は基本的に楽しくなんかないものですが、
キレイな「論理」には残って欲しいな、と個人的に考えているのでした。

さて、何故、このようなまじめなことを書いたかというと・・・。

勤務後にまた悪い虫が疼いて玉はじきに行ってしまった罪悪感からでした~(笑)
投資が大きくなりましたが、
久しぶりに「確変閉店」だったのでぼちぼち、でしたが。

明日はお休み。今日の分もQMA、と考えています。
ではでは。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HINAた

Author:HINAた
某鉄道会社勤務。
読書・QMA・映画が好き。

QMA3後半~QMA6まで、
HINA@カイルでプレイしてました。
twitterは、@hina0513です。

twitter
    follow me on Twitter
    新世紀のラブソング
    ソラニン
    ブクログ
    フリーエリア
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    FC2カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。