スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アマルフィ 女神の報酬」

2009/07/26

いつも通り特に期待もせず、惰性で(笑)

戸田恵梨香さんがキレイでした。
(いつもこればっかり)
只のパシリやんけ、というキャラクタでしたけれど。
ライアーゲーム」の印象が強いです。
後は、「ぷよぷよ」が好きなんじゃなかったでしょうか(笑)

今作品は「黒田」という方が主人公。
最近はもう「青島」のイメージが強かったために、
当初は意外に感じられてしまいました。
よく考えたら、
今回みたいな抑制された役柄も一杯あったはず。
やはり先入観って怖いな、と。
どうしたらあんな能力が?
他ではどんなドンパチやらかしてきたのよ?
みたいに興味を惹くキャラクタだったのでは。
シリーズも十分ありますよ、
という宣伝効果はあったかも。

お話の方はちょっと・・・。
まるっきり「相○」の映画と一緒なんじゃ・・・。
って思ったのは僕だけでしょうか?
「悪」として描けないことは分かるのですが、
かといって「背負っているもの」の重さが伝わってこない、
(伝えようとはしているのでしょうけれど)
そのために軽く感じられてしまったかも、敵が。
「相○」はその辺はもちょっと頑張っていたように思います。

あと、システムってあんな脆弱なんでしょうか?実際。
ああいったものなら、
それこそ「フェイルセーフ」になっていなければならないハズ。
「実際」のものに興味が湧きますね。
ま、性質上出来ないでしょうけれど(笑)

あら探しはどんな作品でも出来ることでしょうし、
それをもって作品自体をけなす気持ちがありません。

織田裕二さん自身、あまり良い印象はありませんが、
出演映画は概ね好き。今回も良かった。
値段分の価値はあるでしょう。
次も(あれば)普通に観に行く気がします。

明日は休み。普通に遊ぶでしょう。
ではでは。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HINAた

Author:HINAた
某鉄道会社勤務。
読書・QMA・映画が好き。

QMA3後半~QMA6まで、
HINA@カイルでプレイしてました。
twitterは、@hina0513です。

twitter
    follow me on Twitter
    新世紀のラブソング
    ソラニン
    ブクログ
    フリーエリア
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    FC2カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。