スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ターミネーター4」

2009/06/14

それほど盛り上がっていないように感じていて不安でしたが、
最近映画館に行っていなかったこともあり、
初日に観て来ました。

シュワルツェネッガー=ターミネーターの存在感勝負だった1作目。
昨日の敵は今日の友。
強敵であればあるほど味方になった時は心強い、
という王道を行って、
違った面白さを見せてくれた「T2
マシンとの間に心を通わせる、という点もミソだったでしょうか。
Tー1000も見ていて楽しかった。
そして、さらにパワーアップしたTーXが登場した「T3
ラストで評価が分かれるのかな、と個人的には。
僕は好みでしたが。
任務、というか、使命というか。
それを確実に遂行した、ということですよね。

そして、今回の「T4
良くも悪くも「シュワルツェネッガーターミネーター
だったシリーズの転換点と言える作品でしょう。
素直に見ることが出来たように思います。
(ま、修正されて、登場しますけれど)
確実に把握出来た登場人物はクリスチャン・ベイルと、
ヘレナ・ボナム・カーターのみ。
「物語」を楽しむことが出来ました。
髭面のベイルが良かった。
人生の目的がそれ以外に無い、
という悲壮感が見て取れたように。
でも、「運命は自分で築く」と良いながら、
進んでいる道は「決まっている」道でしかないような・・・。
悲しさ、をも感じてしまうのですが・・・。
「新三部作」の1作目ということでしたから、
「決着」まで描かれるのでしょうね。
是非、最後まで見守りたいと思います。

もう1人の重要「人物」、
初めて見る方でしたが、この方も良かった。
ウェイン・ルーニーを2枚目にした感じ(笑)、
の方でしたね。

あとは「子供」がとにかく可愛かったです。
思い武器を手渡す際に力を入れてそれをする感じで、
顔が「いーっ!」ってなるのですが、それがとにかく(笑)
あんな子供がいたらゲームも何もいらない、そう思えます。
実現はちょっと無理でしょうけれど。
って、映画と関係ありませんね。

シリーズを好きな人も、
敬遠していた人も、
楽しめる映画ではないか、と思ったのでした。
ではでは。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ターミネーター

といえば2か3で敵が何にでも変身できるシーンを思い出します

えらく足が速かった記憶もw

Re: ターミネーター

>わたなべさん

多分、2の方ですね~。

「カール君」(古いな)を思わせる快足ぶりだったかと(笑)
プロフィール

HINAた

Author:HINAた
某鉄道会社勤務。
読書・QMA・映画が好き。

QMA3後半~QMA6まで、
HINA@カイルでプレイしてました。
twitterは、@hina0513です。

twitter
    follow me on Twitter
    新世紀のラブソング
    ソラニン
    ブクログ
    フリーエリア
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    FC2カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。