スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「鑑識・米澤守の事件簿」

2009/05/15

観て参りました。

ミステリーの映像作品の場合、
有名な役者さんが出ることにはメリット・デメリットがあるかと。

「犯人」はとても重要な役であり、無名の役者の訳がない!
的に観る側に思われてしまうので、
配役に悩む、なんていうことが作る側にはあるかも。
(意外な結末なんていうのを演出しようとする場合)
逆にそれを利用する、
ということも当然出来るでしょうけれど。

観る側で「犯人を当てよう」なんて思う場合には、
どれだけ「印象・イメージ」を持たずにいられるか、
が勝負になるでしょうか。
「この役者がこんな役をやるわけがない」なんていう先入観は、
確実に推理の邪魔になることでしょう。

「知っている」ということが、
逆に問題の解決を難しくする。
今読んでいる小説にも丁度その様なことが書かれていました(笑)

ただし、見方にも当然いろいろあって、
僕のように騙されたくてしようがない!
という人もいる訳で。
そういった場合は、
作り手の策略にそのまんま乗ってしまうことが、
より楽しむための最高の手段となります。

今回もしっかりと騙されて、
しっかりと楽しむことが出来ました(笑)
犯人は完全に脳内フィルターを素通りしておりました。
ま、粗を探そうとすれば、
いくらでも挙げる人はいるのかもしれませんが。
舞台も非常に限定されていて、
「あ、お金掛かってなくね?」的な感じもありますね(笑)
でも、僕は楽しかった。
良かったです。

公開が遅めでしたので(田舎だから?)、
「特報」は完全に時期を逸しているものでしたが、
にんまりできる映像でした。
iMacとPowerBookでしたね~。
映像作品では出てくる頻度が高いのではないでしょうか?

あと、「右京さん」と聞くと、
あ、「右京さんだ」なんて思ってしまいます(笑)

来週は「天使と悪魔」の予定。
ではでは。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HINAた

Author:HINAた
某鉄道会社勤務。
読書・QMA・映画が好き。

QMA3後半~QMA6まで、
HINA@カイルでプレイしてました。
twitterは、@hina0513です。

twitter
    follow me on Twitter
    新世紀のラブソング
    ソラニン
    ブクログ
    フリーエリア
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    FC2カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。