スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ジェネラル・ルージュの凱旋」

2009/03/07

初日に観て参りました。
失敗しました。内容以外で、ですが。
やっぱり人が多いと駄目ですね。
心安らかに観られない可能性が大きくなる。
(当然、自分が周りにとって迷惑の可能性がありますが)
隣がカップルで、女性の方。
パリポリパリポリパリポリパリポリ・・・・・・・、
ポップコーンを食べ終わったのは1時間以上経ってからでした・・・。
「ああ、映画をつまみにポップコーンを食べに来たのか」と思ったほど。
やっぱり、映画館は空いているに限るなぁ。

本題の映画の方ですが、
特に期待せずに行ったことがプラスでした。
小説の方の評価がどうだったのか全くしりませんが、
これを見せる為にまず「バチスタ」を書いた、
なんていうことがあったとしたら「策士」だなぁ、と。
今回気を付けたのは、
「ミステリィ読み」の悪い癖を押さえようということ。
面白いのに出会うと、同じようなものを求める。
もっと正確に表現するなら、
同じ質のもので、もっと面白いものを、となるでしょうか。
こういう風な読み方をしているとどうしても、
「これは違う!」的な批判が増えるような気がするのですよね。
また、自分のイメージとの重なりだけ気にするようになるために、
違った面白さに気付かないまま終わってしまう危険性もあるでしょうか。
ま、どんな作品も「素」で観られたら本当に幸せでしょうね。

今回もある問題をテーマに。
「問題」を印象づけるシーンは大ゴマ一つか二つという感じ。
それがちょっと弱いかもしれませんが、
伝わるモノはあったと思います。

阿部寛さんがハチャメチャやるかと思っていましたが、
そういうこともなくトータルで抑制されていました。
僕には好印象。

堺雅人さんが出ておられる。
良い役者さんですよね~。
とにかく「違って」いると感じます。
二枚目の役者さんだとは思いますが、
単純に「顔」で探していても見付けることの出来ない存在感ではないでしょうか。

物語の中に「対立」というものが持ち込まれた場合、
悪者役がどれだけ悪く見えるかということが重要だと常々。
それもしっかりと出来ていました。
「この野郎」という感情が沸々と(笑)
感染」並みに○んでしまえ!
なんて書くとネタバレでしょうか。

あとは今回も「狂った」感じを受ける人が。
ああいう「ズレた」感じって本当に怖いと、思います。

ジェネラル・ルージュ」の真の意味とは?
「凱旋」とは?
「願いが叶った・・・」の「願い」とはどちらの「願い」?

原作を知っている人がどう観るか知りませんが、
(興味も特にありませんが)
面白かった。
観ている間、特にポップコーンが無くなってから(笑)、
おいらは幸せでした(´∀`*)ウフフ。良かったです。
ではでは。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

映画は

よく見ます?

私はたま~に友達に誘われるといくぐらいです

なんで映画問題は題名とさわりがわかる程度ですw(レンタルもあまりしませんねーw)

飲食禁止の映画館もあるんでそうゆうところが静かでいいと思いますよ
プロフィール

HINAた

Author:HINAた
某鉄道会社勤務。
読書・QMA・映画が好き。

QMA3後半~QMA6まで、
HINA@カイルでプレイしてました。
twitterは、@hina0513です。

twitter
    follow me on Twitter
    新世紀のラブソング
    ソラニン
    ブクログ
    フリーエリア
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    FC2カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。