スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイテクの弊害?

2009/01/26

ヨドバシに注文していた「ATOK 2008」が到着。
辞書の方は引き継ぐことが可能でしたので、
以前の環境に戻ることが出来ました。
やはり、慣れている環境のやりやすさは格別。
日本語入力はこれ以外考えられません、自分には。

特別な事は無かった1日。
タイトルについてちょっと。
「踏切」というと待たされる嫌なイメージが大きいかも。
全部、ではありませんけれど、
列車が接近、踏切が完全に閉じている状態で車が閉じ込められたりすると、
自動的に専用の信号機が光って列車を止めます。
これによって、列車と自動車などとの衝突を防ごうというモノ。

この設備、最新のものがどうなっているかというと、
「レーザ」を使用しています。
高いところにカメラを設置、
踏切内にレーザを照射して障害物を監視(反射時間で判断?)、
踏切の状態と併せて判断して列車を止めたりします。

でも、これが頭が良すぎるといいますか、
最近増えている事象が凄い。
この装置、サーモグラフィのような感じで、
何時間かは画像データを記録するようになっています。
どんな障害物が引っかかったのか、を調べる時なんかに使います。
影のように見えるだけなので、細かい特定は不可能で、
「車だな」とか「自転車だな」という程度ですけれど。
ところが、はっきりとした障害物が無いのに装置が作動するケースがちらほら。

どうも、「雪」を障害物と認識してしまったようで(笑)

当然、あらゆる雪を、ということではありません。
重く湿って大きい、所謂「ぼた雪」の時が危ないようで。

メーカ側の問題が2つ。
見通しが甘すぎるということ。
もう1つは事前の試験があまりにも足りない、ということか。
豪雪で有名(僕らの頃は小学校の教科書に毎年載っていた)な、
新潟あたりで試験したらしいのですが、穏やかな冬だったようで(笑)
新沼謙治じゃないですけれど、
七種類は雪のチェックをしないとね (´∀`)9 ビシッ!
って、古いですか?
吹雪なんかも強さ、風向きとかいろいろですからね~。

当然会社側の問題点も。
「こういう( ・∀・)イイ!設備を導入して安全を守ります!」と、
世間に大きくアピールしてしまっているために、
「ちょっと止めます・・・。」という判断が出来ない。
とにかく「止める」ということの出来ないところのような気が。
こういった点は小さい会社の方が、独裁者的な社長の方が有利かも。
悪い方に転がると「偽装」とかに繋がってしまうんでしょうけれど。

「新型除雪機が雪で動かねぇ!」とか、
「土砂崩れを検知する機械が、雪崩で流されたっ!」とか、
おちゃめなところのある会社なんですよヾ(〃^∇^)ノわぁい♪

「列車は会議室で止まってるんじゃねぇ!現場で止まってるんだ!」ってか。

ま、何にでも初期不良はあるでしょうし、
良くなって・・・、行く・・・、・・・・・・かな?

と、今日はアカデミック?に攻めてみました。
明日はバトンに頼ったりするかもね。
ではでは。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HINAた

Author:HINAた
某鉄道会社勤務。
読書・QMA・映画が好き。

QMA3後半~QMA6まで、
HINA@カイルでプレイしてました。
twitterは、@hina0513です。

twitter
    follow me on Twitter
    新世紀のラブソング
    ソラニン
    ブクログ
    フリーエリア
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    FC2カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。