スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「帝都物語」

2008/02/19

予定通り、NBAオールスターゲームを見ながら。
最近、QMAばかりということで。

GyaOで「帝都物語」を見ました。
もう3回目になると記憶しています。
原作がとにかく大好きで、
中学生の時貪る様に読みました。
「小説」にハマるきっかけになった作品でした。

「風水」について知ったのもこの本。

安倍晴明、北一輝、大川周明、寺田寅彦、長岡半太郎
泉鏡花、森鴎外、幸田露伴、甘粕正彦、石原莞爾
平岡公威(三島由紀夫)、早川徳治、西村真琴と学天測

こういった名前を初めて知ったのもこの本でした。
実在の人物であることを全く知らずに読んでいましたので、
「えっ!こいつも!あいつも!」
と、衝撃を受けたのを覚えています。

さて、映画ですが、
SFXも含め良く頑張ったんじゃないかな、という感想。
5巻ぐらいまでを2時間ちょっとに収めていますので、
駆け足・説明不足の感はありますが。

加藤保憲=悪のヒーロー 対 東京を守ろうとする人々

という構図でしょうから、
辰宮家の闇に関してはあえて描かなかったものと推測します。
「家族の愛の力で加藤にも屈しなかったのだ!」
というのは正直、白けますが・・・。

しかし、何よりも良いのは、
嶋田久作氏演じる加藤保憲です。
「良くこんなぴったりな人がいたよな」と思っていましたが、
ウィキペディアには、

「映画に合わせて加藤保憲の容姿についての描写が書き換えられた」

というようなことが書いてあったと記憶しています。
それだけ「ハマッて」いたのでしょう。
妖怪大戦争」でも嶋田氏に演じて欲しかったなと今でも思います。

あ、思い出しましたが、「八陣遁甲」なんかも用いられています。
あの諸葛亮孔明で有名?でしょうか。

話の流れも何もありませんが、
大好きな作品をまた見て、
いろいろ思い出した、というお話でした。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HINAた

Author:HINAた
某鉄道会社勤務。
読書・QMA・映画が好き。

QMA3後半~QMA6まで、
HINA@カイルでプレイしてました。
twitterは、@hina0513です。

twitter
    follow me on Twitter
    新世紀のラブソング
    ソラニン
    ブクログ
    フリーエリア
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    FC2カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。