スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アイアンマン」

2008/10/17

アイアンマン」をソピアで。

役者さんを全く知らず。
当然他の作品も全く、です。
調べてみよう、と思える渋さ、カッコよさでした。

アイアンマンの造形も良い。
あのカッコ良さというのは、
日本の同種のヒーロには無いものでしょうか。
日本の場合はどちらかというと、
「二枚目」を目指しているような感じ。
あちらはそうではなくて、
全体のフォルム・スタイル重視、かなと。

お話自体はシンプル。
一会社内の権力争い、で片付けても良いような(笑)
心を入れ替えて、
自社の「武器」の存在を消すためのアイアンマン
テロリスト?に襲われる村人を救うシーンもありますが、
決してウェットには描きませんね。
主人公のキャラクタ、もあるのだとは思いますが。

この作品のヒーロは初めて知りましたが、
こういうのは段階を経てきたのかな、とふと思う。

手軽(技術が無ければ)だったアニメでヒーロが動く。
それらしいものを!と実写にする。
メイク技術なども進歩して、よりこった実写を。
CG技術が格段に進歩し見た目はバッチリ、
ストーリーもしっかりと練り込むようになる。

バットマンなんかがそうなのでは、とふと。

明らかに続編ありますよ~、というラストでしたが、
どうなるのでしょうか。
○○○○○・L・○○○○○、やっぱり怖かった(笑)

どうもいつも、簡単かつ幼稚になりますが、
それもまた僕らしさでしょう。
ではでは。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HINAた

Author:HINAた
某鉄道会社勤務。
読書・QMA・映画が好き。

QMA3後半~QMA6まで、
HINA@カイルでプレイしてました。
twitterは、@hina0513です。

twitter
    follow me on Twitter
    新世紀のラブソング
    ソラニン
    ブクログ
    フリーエリア
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    FC2カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。