スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「QED 諏訪の神霊」読了

2008/02/12

読み終えました。

毎回思うのですが、
殺人事件と絡ませる必要があるのでしょうか?
どの死体も惨たらしい状態になっている筈なのですが、
このシリーズにかかると間抜けに思えてしまいます。

ま、殺人事件を抜きにしてしまうと、
鯨統一郎氏のシリーズと一緒になってしまい、
差別化ができない、てな訳でもないですよね。

どのミステリィでもあるのでしょうけれど、
気になるのは桑原が悉く断言することでしょうか。
例えば、「蛙といえば、それは河衆だ。
となります(このままの文章があったということではありません)
「思われる」ではありません。
昔の人がどのように考えていたのか、
想像、推測する以外ないことに思えるのですが・・・。

ずっと読んできたシリーズですし、
カクテルの知識を蓄えられるし(笑)、
もう少しは読んでみようかと。
微妙ですが。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HINAた

Author:HINAた
某鉄道会社勤務。
読書・QMA・映画が好き。

QMA3後半~QMA6まで、
HINA@カイルでプレイしてました。
twitterは、@hina0513です。

twitter
    follow me on Twitter
    新世紀のラブソング
    ソラニン
    ブクログ
    フリーエリア
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    FC2カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。