スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「カクレカラクリ」を読む。

2008/09/11

森博嗣カクレカラクリ」を読了。
やっぱり、時間が掛かってしまいました。

DSC02480.jpg

今回はノベルス版を。
元々はソフトカバー版だったような気がします。
コカ・コーラがスポンサについた作品で、
ドラマも放映されたのでは?
秋田での放送は無かったと思いますし、
確信を持って碌でもないものだったろうと言ってしまいますが。
実際、作品中にも不自然なくらい「コーラ」という単語が出てきますね。

森作品の中では最も地味な部類に入る作品かも。

廃墟マニアの2人が目を付けた工場跡に行くために、
友人にアプローチ。
(そこは友人の地元であり、友人本人に関しても興味が?)
トントン拍子に事が運び、
一行が訪れた村には「120年前に仕掛けられた絡繰りが動き出す」という伝説が・・・。

てな、感じでしょうか。

再読ではあったのですが、所々に発見がある。
「ああ、これ日記に書いてあったな(かつて森先生がWeb上で公開していた)」
というのが何回か。
書いてあること=作家の思考そのもの、ではない。
ということは良く言われることですが、
こういう重なり方をするものに関しては違うのではないか、というのが僕の考え。

大きな「家」が2つ出てくるのですが、
お互いの祖父、祖母の関係には今回ようやく気付くことができました。
じーんとくるものがあります。

「絡繰り」に関しては、
「え?それだけ」と思うのか「うん、なるほど」と思うのか。
僕は後者でしたけれど。
登場人物の味わう感動というものはリアルなものだと思います。

次は新作にする予定。
ではでは。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HINAた

Author:HINAた
某鉄道会社勤務。
読書・QMA・映画が好き。

QMA3後半~QMA6まで、
HINA@カイルでプレイしてました。
twitterは、@hina0513です。

twitter
    follow me on Twitter
    新世紀のラブソング
    ソラニン
    ブクログ
    フリーエリア
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    FC2カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。