スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ラスベガスをぶっつぶせ」を観る。

2008/06/21

話題作はまだ混んでいると予想してこちらを。

良かったです。
まっさらな状態で観るというのはやはり難しいもので、

儲けようとする側VS監視する側

両者の虚々実々の駆け引きが見所では?
と予想していましたが、
そういうのはまるでありませんでした(笑)

単純に主人公の努力と勝利と挫折とそして・・・。
が見所だと感じました。
「成長」の物語だとは僕は感じませんでした。
彼は作中で言われているとおり「利口」だと思いますし、
遠回りしても大丈夫、だと思えたから。
自信の無いおどおどした感じ、
逆に自信満々に高慢に振る舞う様子。
主役の方の演技も良かったと思います。
若かりし日の、ポール・マッカートニーと言った印象でした。

しかし、それを引き立てていたものがあると思うんですよね。
それが、彼の「親友たち」。
彼らの素朴さ、オタクッぽさ(悪い意味として使ってはおりません)と、
変わっていく主人公とのギャップがきちんと描かれている。
これがしっかりしていることがまた、良い味を出していたのでは。
知らない俳優ばかりの方が楽しめることもまたありますよね。

ローレンス・フィッシュバーンは怖かった。
マトリックスの時よりかなり膨らんだ感じ(笑)
地獄の黙示録の時の体型からは全く想像できません。
1番おいしい思いをしたのは彼?
悲哀を感じさせる部分もあり、
また、結構笑えるキャラクタでもあったのかなと、
振り返ってみて思えてもきましたが。

上映期間が終わらない内に観られて本当に良かったと思います。

次は話題のものに手を付けようと予定。
マジック・アワー
インディ・ジョーンズ」という順番か。
あ、ハリソン・フォード地獄の黙示録に出てましたね~。

ではでは。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HINAた

Author:HINAた
某鉄道会社勤務。
読書・QMA・映画が好き。

QMA3後半~QMA6まで、
HINA@カイルでプレイしてました。
twitterは、@hina0513です。

twitter
    follow me on Twitter
    新世紀のラブソング
    ソラニン
    ブクログ
    フリーエリア
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    FC2カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。