スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新曲のジレンマ

2012/05/08

仕事に慣れませんで今日も遅くなってしまいました。

ライブで感じ、ぼんやりと考えていることを少し。

ある程度ライブに行く回数が増えると、
発売前の新曲を聴くという経験も出てきます。
これが喜ばしいのは、
「他の人が聴いたことのない曲を自分(たち)だけが!」という点にあるかと。
しかし、まあ大概はノリノリとはいきません。
理由として考えられる点。
1、先が読めない
2、歌詞が聴き取れない
といった点があるのではとまず考える。
その点馴染みの曲は流れやら盛り上がりどころやら、
歌詞やらがほぼ全部頭に入っているわけで。

ここで疑問が1つ。
本当に馴染みの曲の歌詞は「聴き取れて」いるのでしょうか?
新曲だろうがなんだろうが普通の日本語なわけで、
新曲だけ楽器の音を大きくボーカル低く、
なんていう風に演奏してたりということもないはず。
つまり、馴染みの曲の歌詞が「全部聴き取れている」というのは錯覚で、
かなりの部分を脳みそが補完してしまっているのでは・・・。
大勢の中で特定の人との会話が成立するように、
ボーカルにだけ意識を集中し他をある程度カット。
そういう回路が働いている?とも考えましたが、
それだとやっぱり新曲でももうちょっと聴き取れて良いかな、と。

また、先が、流れが読めないとノれない、
という状態は音楽を楽しんでいる状態と言えるのか?とも。
これはまあ「ノらないといけない」みたいな強迫観念みたいなものがあるような気もするし、
仕方のないことかなとも思いました。

が、しかーし。
今までの話は特定の大好きなバンドを念頭においていたのですが、
同じようなジレンマを全く知らないバンドの演奏を聴いていて感じることがないことに気付く。
知らなくて当たり前の状態だと、
歌詞が聴き取れなくてもそれほど気にならない。
流れが全く読めなくても、
自然と身体が動くときは動き、
そうでないときはそうでないなりに、なような気が。
計3日間参加したナノムゲンフェスでは知らないアーティスト、
知らない曲が殆どですが十分過ぎる程楽しめましたし。

で、ここまで考えてきますと、
大好きなバンドの新曲から感じるジレンマとは、
「知り尽くしている曲」と「全く知らない曲」とのギャップ。
その大きさをもの凄く実感できてしまうからこそ生じるのかなと。
知らないバンドの知らない曲は全部が平行線。
ギャップを感じない。
1曲知っていても他全部知らなければ均される、とでも言いましょうか。
そんな感じかな、なんて(笑)

ま、一々こんなことを考えながらライブやフェスに臨んでいるわけではありません。

ただ、周りが跳ねているから跳ねよう。
周りが拳を突き上げているからそうしよう。
そんな風にしか楽しめない、そういう状況は作りたくないな、と。
周りには迷惑をかけず、
自然に楽しめるようにしたいなと思うのでした。
駄文長文済みません。

明日もその次もその次も仕事ですよっと。
更新頻度は落ち気味になると思います。
ではでは。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HINAた

Author:HINAた
某鉄道会社勤務。
読書・QMA・映画が好き。

QMA3後半~QMA6まで、
HINA@カイルでプレイしてました。
twitterは、@hina0513です。

twitter
    follow me on Twitter
    新世紀のラブソング
    ソラニン
    ブクログ
    フリーエリア
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    FC2カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。