スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「百鬼夜行 陽」

2012/04/18

京極夏彦、「妖怪シリーズ」のサイドストーリー集第2段。
それぞれ脇役の、という感じでしたが今回は榎木津のもありましたね。

またまたしつこいようですが、
この作品、僕がシリーズ全作読んでいるから楽しめたのでしょうか?
これはノーと言っていいと思っています。
前作、「百鬼夜行 陰」の時は、
「え?どの作品に出てた誰?」っていう人選でした。
今回は逆にこれから出るであろう長編の登場人物に絡んだ物語が2編。
当然、「事前知識があるから楽しめる」訳ではないのです。
それぞれの短い作品がそれ単独で「お話」として楽しめる。
登場人物が大きな流れの中に巻き込まれる長編もまた。

単品として提出されている以上、それ単品で価値を持つ。
集合体は集合体でまた違った価値を持つ。
サイドストーリーで脇役の背景が明確になる。
その上で本編に舞い戻ってみるとまた違った読み方が、
そういった楽しみも産まれてくるのではないでしょうか。
エンタテインメントの正しい姿だと思うのですが、いかがでしょうか。

脇にもそれぞれ「妖怪」が割り振られているわけで、
考えてみたら豪華だなぁとか。

「怖い」そう思った作品も何編か。

あちら側に落ちていく様を描いていたのが多かったのでは。
物語の頭では「狭間」付近にいたということでしょうし、
「怪しいもの」とはそういった狭間にこそ湧くのでしょうねぇ。

良かった。
ではでは。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HINAた

Author:HINAた
某鉄道会社勤務。
読書・QMA・映画が好き。

QMA3後半~QMA6まで、
HINA@カイルでプレイしてました。
twitterは、@hina0513です。

twitter
    follow me on Twitter
    新世紀のラブソング
    ソラニン
    ブクログ
    フリーエリア
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    FC2カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。