スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ジョン・カーター」

2012/04/16

本日は非番。
勤務終了後はまず血液の再検査へ。
コレステロールが・・・、ということでお呼ばれでした(笑)
悪玉が多いみたいで。
一応栄養素管理アプリでこの1ヶ月は改善を試みたつもりだったのですが。
頑張った分、普段は全く気にならない結果が気になりますね(笑)

休んでから映画へ。
ジョン・カーター」を。
本国で大コケ、みたいな記事を目にしたような気がしますが、
予算に対して、ということだったのかもしれませんね。

予告編やCMだけだと大型クリーチャーとのバトルや、
異星人?メインだったりしたので「ありがち」という印象だったかも。
ええ、その点はその通りだったような(笑)
スター・ウォーズ」にもいなかった?
みたいなキャラクタになりがちですよね、あっちのは。
これはこの映画のみの問題ではないでしょう。
また、原作通りなのかもしれませんが、

「え?だったら最初から帰せよ?」っていう、

優位な立場にいる側の間抜けさっていうのも・・・。
ただ、これもまた殆どの映画に見られる間抜けさか。

あ、けれどもこの映画に関してはあの間抜けさが、
その外側の仕掛けのために必要だったということか。
今ようやく気付いたのですが。
火星の物語なのですが、主人公は地球人。
ひょんなことで火星にということで、
1800年代のアメリカも描かれるのですが、
この部分が非常に良いアクセントになっているように思います。
この部分、仕掛けがないと他のファンタジーものと何が違う?
ってなってしまったのではないでしょうか。
単純に異世界との行き来ということだと「ナルニア」もありましたけれど。

最高に良かった点は、ウーラ?とかいう火星の犬?みたいな存在。
ブサカワって言うんでしょうか。
その良さを初めて実感できた気がします。
静止画で見るとブサイクなだけ、だと思います。
一度動き始めたらもう(笑)
あの俊敏な動きは是非観てほしいでっす。

あ、あとあとクライマックス付近の突撃シーン。
主人公の勘違いというか思い込みというか。
ああいうのは初めて見ました。
SPEC」2時間よりもあの数秒の方が笑えました。
(まだ言うか)

良い意味で普通に楽しめました。

明日はお休みなので遊びに出るでしょう。
自分を含めた送別会があるとかないとか聞きましたが、
心の底から嫌いな人間がいるので欠席することにしました。
出て行くときにまで不快な思いはしたくありませんので。
ではでは。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HINAた

Author:HINAた
某鉄道会社勤務。
読書・QMA・映画が好き。

QMA3後半~QMA6まで、
HINA@カイルでプレイしてました。
twitterは、@hina0513です。

twitter
    follow me on Twitter
    新世紀のラブソング
    ソラニン
    ブクログ
    フリーエリア
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    FC2カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。