スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「逆転裁判」

2012/02/19

本日は非番。
昨日がまた1日中トラブルまみれ。
また、人間絡みも引き続きグダグダ。
転勤半年時点での面談でもすぐ別に行きたいと発言しましたが、
次回以降もずっと希望し続けます。
これくらいは権利でしょうから。
ゆっっくりと休んだ後映画へ。

逆転裁判」を観て来ました。
カプコンのゲームの映画化ですね。
正確には知りませんが、5、6作シリーズ作品があったのでは?
今日も館内で「ゲームやってから来れば良かった、忘れちゃった」みたいな会話が。
僕は「逆転検事」というのをやったことがあるぐらいでしたが。

さて、感想ですが、
まずお話をどの程度で括るのか、は悩みどころだったかも。
3、4エピソードが詰め込まれていたかと思いますが、
やはり1つ1つが薄い感じはある。
ちょっとコミカルな法廷もの、
という風に観る人がいるとすれば非常に弱い。
論理的か?証拠は十分か?といったあたりが、ですが。
しかし、エピソードを絞ってしまった場合、
上で挙げた弱点は強化出来たとしても事件として、お話として弱い。
そのあたりのバランスは評価の分かれるところ、か?
僕は両方を感じつつもここでギリギリかな、と。
悪い印象はありませんでした。

再現度は非常に高かったのでは。
糸鋸が若いな、とか、
逆に御剣が青いな、とかはありました。
しかし、現代の中に変なキャラクタがいるという風には思わず。
あのキャラクタがいてしかるべき世界、
そういう世界観毎再現されていたのでは、と。
「( ゚Д゚)_σ異議あり!!」とセリフが画面に表示されても気にならなかったかも(笑)
正直今回も全く期待はしていなかったので非常に好印象。
これで逆にゲームに興味を持つ人もいるかもですし、
そういった人々はゲームではしっかりとした手応えに夢中にもなるのでは。
コアなファンの意見というのはまた違うのかもしれませんが、それはそれ。
良かった。

明日は懲りずに朝から遊びに出るでしょう。
明後日の泊まり勤務を耐えればいよいよアジカン武道館もあります!
ではでは。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

自分はシリーズプレイ済みだったので期待と不安が半分ずつで観てましたが、前評判ほどは悪くないと思いました。

ただ、せっかくの見せ場(?)の立体映像での証拠品のやり取りが少なかったこと、クライマックスでの真犯人とのスピード感のある応酬が見られなくて、ゲームを先に遊んでた身としては最後の盛り上がりはゲーム版に劣るかな、と感じました。

Re: No title

>choibunさん

立体映像での証拠品というと「考える人」くらいでしたかね?
各エピソードにじっくりと時間をかけられるともちょっと使えたかも、ですね。

スピード感を出すと観客がついてこられない?とかでしょうか。
段々と検事の髪型が崩れていくあたりは、
相手の指摘でダメージを受けていく様子の現れでしょうか?
あれはゲームでもあんな感じだったのでは。

いずれにしろ、嫌いではありませんけれど(・∀・)
プロフィール

HINAた

Author:HINAた
某鉄道会社勤務。
読書・QMA・映画が好き。

QMA3後半~QMA6まで、
HINA@カイルでプレイしてました。
twitterは、@hina0513です。

twitter
    follow me on Twitter
    新世紀のラブソング
    ソラニン
    ブクログ
    フリーエリア
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    FC2カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。