スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密」

2011/12/29

非番の本日。
今年最後の映画鑑賞に出かけました。

タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密」を。

まず思ったのは主人公、年齢高めだったかと。
印象だともっと少年少年してる感じでしたが、
少年以上、青年未満、というところでしょうか。
あと、お話自体はシンプル極まりないというか、
フルCG「インディ・ジョーンズ」という趣。
これまた思ったよりもずっと低年齢層向けだったのかもしれませんね。
ちょっと物足りなさを感じたりも。
周りで子供が笑いながら観ていたのでほっこりしてはいましたがw

ということでどうしてもCGにばかり目がいった。
一体誰がそこに視線を向けるのか、
というような点にまで一切手抜き無し。
凄まじい作り込みを感じる。
なるほどお金をかければこうか!と。
嫌味ではなく、ここまでやれるのか、という驚きが。
暗めのシーンばかりでもなかった、
ということはまだまだ技術も向上しているのでしょうねぇ。

あと、場面転換が面白く感じられる。
海から水たまりへ。
握手した手から岩山へ。
泡から日常世界へ。
こういった点がシームレスに。
センスが出る点かも、なんて生意気にも思いましたね。

たまには良いかな、というところ。

明日はこれまた今年最後のQMAにする予定。
ではでは。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HINAた

Author:HINAた
某鉄道会社勤務。
読書・QMA・映画が好き。

QMA3後半~QMA6まで、
HINA@カイルでプレイしてました。
twitterは、@hina0513です。

twitter
    follow me on Twitter
    新世紀のラブソング
    ソラニン
    ブクログ
    フリーエリア
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    FC2カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。