スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ZOKURANGER」

2011/12/28

森博嗣、「ZOKURANGER」ノベルス版を読了。

シリーズ3作の中では唯一合わなかった、
という記憶があって購入してからかなり経ってしまっていました。
しかし、どういうわけか今回はすんなり。
やっぱり自分の変化なのでしょうか。

このシリーズ、
登場人物自体は全て同じなのですが、
作品毎に設定が違っていてキャラクタもそれに合わせて変化を。
3作目は「戦隊」?もの(笑)、という設定。
5人それぞれが視点人物の中編5編でもって1つの作品となっております。
メンバそれぞれの奇妙な「日常」が描かれているのですが・・・。
再読してみてやはり「虚実」の境目が曖昧だなぁと。
はっきり妄想と思わせつつ、
という展開もあったりするので尚更。
ただ、今回新たに思ったのは、
単にシュールなお話を並べただけではないのでは、ということ。

「研究」とは?
「超能力」とは?なんて述べられているあの部分は、
結構真面目なお話を含んでいるのでは、なんて思ったのでした。
「ユニフォーム」が「没個性」のためのアイテム、
なんていうのも論じようと思えば出来る部分ではないでしょうか。

何れ、印象が良い方向に反転したのは自分にとって良かった。
ではでは。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HINAた

Author:HINAた
某鉄道会社勤務。
読書・QMA・映画が好き。

QMA3後半~QMA6まで、
HINA@カイルでプレイしてました。
twitterは、@hina0513です。

twitter
    follow me on Twitter
    新世紀のラブソング
    ソラニン
    ブクログ
    フリーエリア
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    FC2カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。