スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラブワールドカップ、バルセロナvsアルサッド

2011/12/15

何年ぶりでしょうか。
ACミランvs浦和レッズ以来の観戦となりました。

場所はチケット上ではこちら。

IMG_1895.jpg

視野はこんな感じ。
肉眼だともう少し大きく感じましたが。

準決

5列目ですが、角度が無いので全体の感じ、特に距離感が分かりにくい。
しかし、前回の経験があるので「こんなもんだ」と免疫がありましたw

2.jpg

ピケ、プジョル、アウベス、シャビ、セスク
今考えるとかなりメンバを落としていたのですね。
しかし、メッシが出てくれたのが何より。

さて、試合については素人なので専門的な見地は無し(笑)
すぐに思い出したのが94年アメリカW杯南米予選ブラジルvsウルグアイ
状況は違っていてブラジルは負けるとちょっとやばかった、
ということでめちゃくちゃ気合が入っており、実際に試合も徹底的に支配。
右サイドバックのジョルジーニョが自陣にいることが無かった(笑)
今回もそんな感じ。
プジョルマスチェラーノ、「DF」は2人という印象。
前戦からのチェックが厳しくて、相手のパスはポロッとこぼれてくるという印象。
それを2人が悠々と拾ってすぐに攻撃、
これが1試合続いたのではないでしょうか・・・。
当然放り込みもあるわけで、一所懸命追う場面もあるにはありましたが。

存在感があったのはイニエスタでしょうか。
ミスが皆無という訳ではないのですが、安定感が半端無かった。

しかし、4得点全部DF(のはず)の選手とは(笑)
得点場面は全て、「え?こんな簡単に入るの?」という感じ。
相手が可哀想に・・・、そういう試合でした。
そして、試合中は深く考えなかったのですが、
あれが、そうあれがアジアを制したチームだったのだよなぁ(遠い目)

セルジオさんのツイートで「素人観客が多い」とあったような。
それが僕も感じました。自分も素人でしたし。
そういう観客層の一番の特徴は「あぁーあぁー」という溜め息の多さで分かるような。
知っている人は本当のチャンスではもっと悔しがったり、怒るでしょう。
また、チャンスにほど遠い場面では無反応か、やっぱり怒るでしょう(笑)
素人にはチャンスなのかどうかという度合いの判断が甘いので、
溜め息が多めになる。僕はそう思っています。
高校時代一度だけ全校生徒の前で試合を(バスケット)したことがあって、
その時と反応が似ていたので(笑)

また、ひたすら引き籠もるアルサッドにブーイングすらしないとはどういうことか、とも。
これは違うと思う。そんな問題じゃない。
前にウェイトを移せば4-0が8-0になりかねないわけで、
「もっと徹底的にやられて死ね」と言っているのに等しい。
正々堂々とかいっていられないくらいバルセロナは強すぎる。
それだけの話でしょう。

寒かったのですが、
前回の4倍もゴールが見られて最高でした。
ではでは。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HINAた

Author:HINAた
某鉄道会社勤務。
読書・QMA・映画が好き。

QMA3後半~QMA6まで、
HINA@カイルでプレイしてました。
twitterは、@hina0513です。

twitter
    follow me on Twitter
    新世紀のラブソング
    ソラニン
    ブクログ
    フリーエリア
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    FC2カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。