スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ルー=ガルー2 インクブス×スクブス 相容れぬ夢魔」

2011/12/13

一体前作から何年ぶりだったのでしょうか?
登場人物から何からすっかり覚えておりませんでした(;・∀・)

ハードカバー、ノベルス、文庫、電子書籍。
なんと4形態同時発売という前代未聞のこの作品、
僕はノベルス形態が好きなのでそちらを選択。
楽しませて頂きました。

「毒」が重要なアイテムとして登場した作品。
京極作品で「毒」というとすぐにあれが思い浮かんだのですが、
ほぼその通りというか関連があったようでびっくり。
何が本作用で何が副作用やらこんがらがりました。
「あちら」の作用に関しては、うーん、どうだろう。
「嫌な時間」にだって同じ作用だろうし、
やはりあれが良いことだなんて僕にも思えず。
普段からやっていること、確かにその通りですしね。
で、「兄」が狙っていたあちらの作用ですが、
久々に狂った動機だよなぁ、とびっくり。
生ける屍の死」と同じような感じを受けました。
投与の方法は予想外でしたが、
あの「毒」であのような結末だろうという部分は予想通りでしょうか。

また、毒の名前とも絡めてということでしょうけれど、
「夢」に関しても様々語られていたような。
いろいろな意味それぞれについて、でしたね。

「夢」と言った瞬間それは叶わない。
やりたいなら、なりたいなら「目標」でしょ!
みたいな感じの発言もあったかと。
「目標」だと身近過ぎる、簡単すぎる、
そういうイメージがついてしまうということから敢えて「夢」とする場合もあると思うんですけれどね。

これまた作中では旧時代(僕らにとっては現代)のヒーロものについても様々。
最終的には少女達自身が戦隊もののようにも。
ハッキリと「チーム」として動きそう(動かされそう?)な記述もあって、
もしかして続編も?というのは期待し過ぎでしょうか。
けれど、それを楽しみに待つのもまた一興かと。
ではでは。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HINAた

Author:HINAた
某鉄道会社勤務。
読書・QMA・映画が好き。

QMA3後半~QMA6まで、
HINA@カイルでプレイしてました。
twitterは、@hina0513です。

twitter
    follow me on Twitter
    新世紀のラブソング
    ソラニン
    ブクログ
    フリーエリア
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    FC2カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。