スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「コンテイジョン」

2011/12/07

本日は非番。
一昨日、ソピアで寒い思いをしたせい、
そう勝手に思い込んでいますが、
昨日は勤務中に悪寒と頭痛が酷くて大変でした。
毛布を膝にかけて寒気に耐え、
後輩にベンザブロックを購入してきてもらい、
それを飲んで休憩時しっかり眠ったら随分良くなりましたが。

何度も書いていますが、一人暮らしはやっぱり病気が怖い。
時期的にも明後日は忘年会ですし、
クラブワールドカップ観戦旅行も控えているので、
ぶり返さないように気をつけたいものです。

今日は夕方まで布団でぐっすり。
それから「コンテイジョン」を観て参りました。
新種の感染症の発生から収束までを描いた映画。
アカデミー賞受賞者が何人も!
って宣伝してたのこの映画だったのでは。
余計、だった気もしましたが。
本当に淡々と描いているのが非常に好印象。
いくらでも「全米が泣いた!」
的な方向に描くことも出来たろうとは思いますが、
決してそういう風には。
当然あらゆる方向についてそれは同じ、でしたが。
ありきたりですが、
何かに立ち向かっている人間の姿を目にするのは良いものです。
また、フィクションの世界であっても醜い人の姿を見るのは辛い。
何が起きるでもない人生でしょうけれど、
醜い様だけは見せないようにしたいものです。

観て、関係無い感想も。
観戦の経路して「媒介」が当然あって、
感染者が触ったものが全て、という感じだったかと。
「人は日に3000回顔に触れる」
あれにも触る、これにも触る・・・、
といった感じで感染経路になりえるものの膨大さに触れられていたと記憶。
そこで思い出したのが「潔癖症」という言葉。
人が触れたものにすら触れられない、とかだったでしょうか。
そういう人だとこういう事態には強いのでしょうか?
しかし、考えてしまうのです。
手袋をしていたとして、その手袋は誰が作るの?
機械が自動で作る?ではその機械は誰が作るのですか?
何か、無駄なことをしていると思えてしまうのでした。
ま、将来は徹底的に移動しない、
極力物理接触をしない方向にシフトして行くのかも知れませんが・・・。
何れ、過剰な反応は別の方向で何かがおかしくなりそうな気も。
少しくらい鈍感なくらいで丁度良いのでは、
僕はそう思いますけれど。

と、話がそれましたが、映画は非常に面白かった。
選択して良かったです。

明日もお休み。
がっつりと買い物に時間を使う予定。
ではでは。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HINAた

Author:HINAた
某鉄道会社勤務。
読書・QMA・映画が好き。

QMA3後半~QMA6まで、
HINA@カイルでプレイしてました。
twitterは、@hina0513です。

twitter
    follow me on Twitter
    新世紀のラブソング
    ソラニン
    ブクログ
    フリーエリア
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    FC2カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。