スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田舎って良いですか?

2011/11/25

都会暮らしをリタイアして田舎暮らしを、
なんていう人がTVやなんかで紹介されるようになってからだって随分経つのでは。
そういう人が憧れる「田舎」と、
僕が生まれ育ってきた「田舎」って別物だよねって。
ちょっとしたことがあってなんとなく。

実家でのんびり連休を過ごしているのですが、
日中どこかのおばあちゃんが。
僕ももう実家から離れて幾星霜wですが、
そんなに親しくはない人では、くらいは想像が。
まあ、実家のことですから母親が対応するのを聞くでもなく聞いていました。
が、言い方は悪いのですが、押し売りにしか思えない。

「うちのおじいちゃんが竹の皮で作った籠なんだけれど」
「お店でなんか買えないよ~」とかとか。
玄関先どっかと座りながら、老い先は明らかに短いばあちゃんがやるわけで。
そんな高額なものでないのは分かりますが・・・。
かあちゃん、良く言うと人が良いわけで・・・、
困った感じはありつつも購入してたみたい。

田舎ってこういうこと多過ぎませんか?
町(この場合市役所)から頼まれて、
と明らかに普段着のおばあちゃんが「震災の募金」を集めに来たことも。
また、小さい頃から定期的に家に上がり込みお茶を飲み、
最後は祖母に誰が履くんだ?という時代遅れの靴下を売り付けていくおやじが。
何故誰も拒否しないんだ?とずっと謎だったのですが、
どうやら両親の仲人だったみたい・・・。

お葬式で近所にお世話になったこともあるし、
何かの時の結束力というものは認めますが、
それにしても常識に欠け過ぎている。
助け合う人々がいるのと同じように、
「人の良さ」に付け込むだけ付け込む奴らもまた堂々と存在しているのでは。

「親戚」なんてのも自分家との区別ってないんだろうな、っていうのいません?
うちだけかもしれませんが、
訪問前に連絡があることなんて一切ありませんね。
「誰もいない」という状況以外では必ず上がり込んでいきます。
これは「気兼ねがない」なんていう「良いだけ」のあり方たでしょうか?

都会では人の繋がりがない、なんてのは常套句で見聞ききしますが、
余計な干渉をしないということは少なくとも「邪魔をすることがない」
ということと同義なわけで。

だから都会が良いという話ではなく、
どこで暮らしてたって「考えろよ」と言いたいだけ。
少なくとも僕の実家の身の回りは、
「昔からこう、それで良かった、だから今後もこう」
で止まってしまっている人が多すぎるような。
自分はそうはならないように気をつけたいものです。
ではでは。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HINAた

Author:HINAた
某鉄道会社勤務。
読書・QMA・映画が好き。

QMA3後半~QMA6まで、
HINA@カイルでプレイしてました。
twitterは、@hina0513です。

twitter
    follow me on Twitter
    新世紀のラブソング
    ソラニン
    ブクログ
    フリーエリア
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    FC2カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。