スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「マネーボール」

2011/11/24

観てまいりました。

実在の、そして今現在も戦い続けている人物の物語みたい。
アメリカ大リーグ、
オークランド・アスレチックスのGM、ビリー・ビーンという人みたい。
ブラッド・ピットが演じております。

野球の世界を舞台にしたお話ということで、
知らないと楽しめないかというとそんなことはないのかなと。
圧倒的な「お金の力」を前に、
いかにして対抗していくのか?
自分なり、自分たちなりの考え方を持ち、
それを信じ切って戦うものの物語。
他のスポーツでも同じようなことはあるのでしょうし、
また、スポーツに限らず、でしょう。
巨人とか心の底から嫌いですし(日テレなんかの影響が大きいですが)、
概ね主人公側を応援して観ました。
けれど、弱者のそういった戦い方が絶対的に良い、というお話でもないですよね。
例えば、他と違う評価基準でものを見ることによって光当たる選手が出る一方う、
従来の基準で高評価だったものが突然切られることもあるわけで。
低年俸選手が多い中でさらに勝利のためにトレードに出されたり、
あるいは肩を叩かれたりということも当たり前に。
そのあたりもしっかりと描きつつ、
ウェットになりすぎないところは好印象でした。

必死に考えに考えて、信じるに至ったことがあるか?
それを信じ切ってやり抜く覚悟があるか?
ということかと受け取りました。

実話がベースですので当たり前といえば当たり前でしょうけれど、
「頂点」には登りつめることなく物語は終わりを迎えます。
「今でも戦い続けている」で締めるところが格好良いです。

ブラピだろ?とか(そういう人もいるのでは)、
野球だろ?ぐらいの考えで敬遠している方は余計な先入観は捨てられては?
なんて思うのでした。
ではでは。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HINAた

Author:HINAた
某鉄道会社勤務。
読書・QMA・映画が好き。

QMA3後半~QMA6まで、
HINA@カイルでプレイしてました。
twitterは、@hina0513です。

twitter
    follow me on Twitter
    新世紀のラブソング
    ソラニン
    ブクログ
    フリーエリア
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    FC2カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。