スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「謎解きはディナーのあとで2」

2011/11/23

楽しみにしていた作品の続編をパパッと読み終えました。
ドラマは一切関係ありません(笑)

「先入観」の影響の大きさを今回も改めて。
前作と同様の楽しみを求めて読み始めましたので、
最初の作品では本当にぎくりとさせられました。
「ユーモアミステリ」というイメージを逆手に取ってきたか!?と。
イメージがしっかりとあるからこそ、
「ギャップ」の大きさを感じるわけで、
それを完全に利用されたのかなとは思います。
実際は・・・、となる訳ではありますが。
一番のびっくりは最初の作品にあった。
僕にとっては、ですが。

楽しみにしていた影山の毒舌に関しては最後が秀逸でしたね。
土屋賢二テイストが若干あったような(笑)
決しておおげさにし過ぎないところが良いです。

中村佑介さんの画もいつも通り最高ですが、
今回はいろいろと画にも仕掛けがしてあったのでは。
帯を外さないと風祭警部の存在に気付かない、
というデザインには後で気付いてこれまた笑わせてもらいました。
裏表紙?の画にはあるエピソードの重要なアイテムがさらりと書き込まれていたりも。

人間関係には若干の変化が生じてきた感もありますが、安定の面白さ。
次も非常に楽しみです。
ではでは。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HINAた

Author:HINAた
某鉄道会社勤務。
読書・QMA・映画が好き。

QMA3後半~QMA6まで、
HINA@カイルでプレイしてました。
twitterは、@hina0513です。

twitter
    follow me on Twitter
    新世紀のラブソング
    ソラニン
    ブクログ
    フリーエリア
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    FC2カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。