スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」

2011/11/14

3日連続で映画鑑賞という人生初の体験でした。
まだまだ観たいのありますしね。

今日はちょっと環境も良くなかった。
左側は、
手を伸ばす、ポップコーン掴む、ぽりぽりぽり→戻る
の無限ループ。
右側は丈夫なお嬢様方3名でしたが、
なんと、上映終了後ポップコーンほぼそのまま残ってました(笑)
いや、まあ態度の悪い人はいなかったし、
良い方だったのかもしれませんね。

さて、映画ですが、
これって結構TVでのアピール頑張っていた気が。
それって内容があまり無い映画はそれしかない、
っていうことの裏返しかもしれませんね(笑)

三銃士」は原作も、
アニメも他の映画(なにかしらはあったでしょ?)も、全く知らず。
だから楽しめないってことはないのでしょうけれど、
あまりにも語らなすぎには感じる。
鬱々した姿を見せたりもしますが、
掘り下げはあまりありませんでしたしね。
主人公ダルタニアンも少年マンガの主人公的描かれ方だったような。
なぜ傷を負って戦える!?→だって主人公だし、みたいな。

フランス、イギリスと戦いの場が移る映画でしたが、
非常にアメリカ的な映画だったとも言えるでしょう。

ミラ・ジョボビッチはおいし過ぎるポジションだった気も。

オーランド・ブルームは単純な二枚目よりこっちのが良いかな。

最近流行りの次が確実にあります的な終わりだったようにも思いますが、
単なる「続き」とするのか、
もうちょっと内面的な掘り下げがあるのか、
その辺りは見極めてからになる気がします。観るか、は。

今日はポイントで無料で観ましたし、良しとしましょう(笑)
ではでは。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HINAた

Author:HINAた
某鉄道会社勤務。
読書・QMA・映画が好き。

QMA3後半~QMA6まで、
HINA@カイルでプレイしてました。
twitterは、@hina0513です。

twitter
    follow me on Twitter
    新世紀のラブソング
    ソラニン
    ブクログ
    フリーエリア
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    FC2カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。