スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書遍歴・その他編

2008/05/15

予定通り飲み会帰りですが、
忘れてしまわない内に整理を、
ということで、本命の前に一呼吸。

前回は「新本格編」でしたね。

まずは東野圭吾氏。
今や有数の売れっ子作家、でしょうか。
小説を知らなくてもドラマ「白夜行」や「探偵ガリレオ」が有名でしょう。
読み始めた切っ掛けを完全に忘れてしまいましたが、
1冊読んで気に入って講談社文庫を買い漁ったことを覚えています。
多分、初期の「仮面山荘殺人事件」などのトリッキィなものが良かったのではと思いますが。
「本格」をおちょくったかのようなパロディ「名探偵の掟
「本格ファン」への挑戦状とも言える「どちらかが彼女を殺した
等々、刺激的な作品がありました。
秘密」で日本推理作家協会賞を受賞して以降、
そういったものが無くなって出る本は全てハードカバーになったのでは。
それからほとんど読まなくなってしまいました。
一番最近読んだのは「レイクサイド」。
これも映画になっていますね。
好きな本は(正確には良い印象が残っている本)、
パラレルワールドラブストーリー」などのマイナな本ばかり。
ベストは「眠りの森
氏の作品としては珍しいシリーズキャラクタである「加賀恭一郎」という刑事が主役。
このキャラクタが大好きです。
直木賞受賞作「容疑者Xの献身」にも登場したようなので、
これは読んでも良いかなとは思いますが。

次も超大物。
芥川賞以外の文学賞総なめ?というぐらい受賞歴があるのではという、
宮部みゆき氏。
こちらは「レベル7」が気に入って、
新潮文庫を買い漁ったものです。
メジャになりすぎてしまったので敬遠していた時期もありましたが、
結局、「理由」「模倣犯」も読みました。
マイベストは「火車」という作品。
ラストが議論の的になるようですが、僕は肯定派ですね。

もし万が一誰かに絶対本を薦めなければならない、となったら。
この2人の作品を薦めると思います。
しかし、現在の自分にとっての本命としてはあげない2人。
メジャになりすぎたこと、
スペシャリストというよりゼネラリストというイメージがあります。
例えるなら高視聴率のゴールデンタイムの番組、というところでしょうか。
僕が求めているのは深夜番組的なものかもしれません。

次、岡嶋二人氏。
残念ながらもう解散されていますし、
本も多くが絶版になってしまっているかも。
手に入る講談社文庫は全て買いましたけれど。
それほど多くない作品の中で、
「誘拐の岡嶋」と呼ばれたとか。
あした天気にしておくれ」なんかが良かったかな。
マイベストは「そして扉が閉ざされた」、本格、です。
クラインの壺」も良いのですが、
これは「岡嶋作品」というより明らかに「井上夢人」作品ですので。

何度か記事も書いた?西澤保彦氏。
初期の作品の特徴として、
「人格が他人と入れ替わる」とか「テレポーテーションができる」等、
特殊な世界・人間が描かれます。
しかし、「推理小説」なわけです。
「超能力使えたら何でもありじゃん!」と思うわけですが、
そこはそれ(酉つ九風、分かる人マニア)。
超能力も全くの無制限とはせず、微妙な制限、ルールが設けられます。
そして、特殊なら特殊なりの「論理」があり、
その世界なりの「論理的な推理」が描かれる訳です。
これが面白い。
マイベストは「七回死んだ男」かな。

アルコールの力でなんとか頑張りました。
機会があれば次は「必ず読む」という本命編にしようかなと。
明日以降週末はひたすらQMAのみになると思います。
ではでは。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

これはコメントを書かずにはいられません!
「本命編」ではないものの、上記の作家さんはみなHINAさんの好きな作家さんということですよね。
私も推理小説好きなんです。
岡嶋二人はすごーく面白いのに、あんまりメジャーじゃないですよね(;;)
QMAで初めて岡嶋二人の問題を見たときは感動しました。
もっと色々読みたかったので、解散は残念です。
西澤保彦は読んだことないので読んでみますね。
文章力がないのでHINAさんみたいな立派なレビューは書けませんが、読んだら日記に感想書きますね(^^)

No title

>岡嶋二人はすごーく面白いのに、あんまりメジャーじゃないですよね

本当、そう思います。
ストーリーと先を読ませない展開で読ませてくれる、
最高の作家だったと思っています。

>西澤保彦は読んだことないので読んでみますね

クセがあると思いますので(笑)
何を読むかは2chを参照しても良いかと思いますよ~。

QMA+ミステリー好きな方が他にもいたなんて・・・。
嬉しいです。
プロフィール

HINAた

Author:HINAた
某鉄道会社勤務。
読書・QMA・映画が好き。

QMA3後半~QMA6まで、
HINA@カイルでプレイしてました。
twitterは、@hina0513です。

twitter
    follow me on Twitter
    新世紀のラブソング
    ソラニン
    ブクログ
    フリーエリア
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    FC2カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。