スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「コクリコ坂から」

2011/08/19

観ようかどうか迷っていたのですが、観てきました。

ポニョ」はスルーしたので「ゲド戦記」以来でしょうか?
ジブリは。

直球ど真ん中の恋愛物語でした。
最初から最後まで人間の「悪」の部分も出てこなかったような。
作中のセリフにもあるのですが、
「まるで安っぽいメロドラマ、そのままの映画だった」
という批判記事も目にしていたのですが、
「安っぽいメロドラマ」だと何がいけないのでしょうか?(笑)
近頃あれには裏が、これにも裏が、
あれは金のため、これも金のため、とうんざりすることが多すぎ・・・。
そういった背景もあったかも、
ですが、おじさんは心暖められたのでした。
まあ、恋の物語なんて見せられた日には、
交流の電気ではないですが、
「良いなぁ」という+方向の感情と全く同じ大きさで、
「無縁だなぁ」という-感情にも振れるので複雑ではあるのですが・・・。

「カルチェラタン」という文化系部の部室代わりの建物、でしょうか、
この建物を守ろうという学生達の奮闘も一緒に描かれます。
あれは楽しいでしょうね。
左官」の技術が見られる場面もあって、
個人的にはここが非常にツボでした。
親父が左官でしたので、ね。

あまりにも「キレイ」過ぎて、
確実に駄目な人は本当に駄目だろうという気もしますが、
僕はほっこりと楽しんで参りました。
良かった。

ではでは。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HINAた

Author:HINAた
某鉄道会社勤務。
読書・QMA・映画が好き。

QMA3後半~QMA6まで、
HINA@カイルでプレイしてました。
twitterは、@hina0513です。

twitter
    follow me on Twitter
    新世紀のラブソング
    ソラニン
    ブクログ
    フリーエリア
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    FC2カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。