スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「SUPER8」

2011/07/29

を、観てまいりました。
僕が行く映画館では最終日でした。

映画祭に向けて自主制作を進める悪ガキ(あえて)仲間達。
ある思惑も絡めながら「女子」も助っ人に呼び撮影を進める彼ら。
そんな彼らの目の前で貨物列車の脱線転覆事故が・・・。
事故処理は何故か空軍主体で進められ、
町では奇妙な現象が起こり始める・・・。

一言で言えば「ベタ」でしょうねぇ。
しかし、良くいえば「王道」でしょう。
古き良き、といってもよいでしょう。

中学生?でしょうか。
仲間内で、自分たちが楽しいと思うことを純粋に楽しんでいる姿を見るのは、
それだけでこちらも楽しくなってしまいます。
それぞれキャラも立っていますし、
恋あり冒険ありと「需要」は満たしているのでは(笑)

「貨物」に関してはこの映画に限らず、
今はちょっと「限界」が感じられるかなぁとも。
見せずに「怖さ」を感じさせてくれるのは良い。
これは「クローバー・フィールド」も同様だったかと。
しかし、一旦「現れて」しまうと、
「やっぱりこういう造形か」となってしまう気が。
○○○○ン」のような衝撃はさすがに・・・、
って求めるのも酷でしょうか。

「全部入り」の宿命といいますか、
部分部分に目を向けると掘り下げ不足というそしりを免れないかも。
でも、
「主人公父」+「ガールフレンド父」の場面なんて、
あの短いやり取りだけで泣けてきたり・・・。

決定的な欠点として、
「新しさ」はどこにも無い。
ってのはあるでしょうけれど、おぢさんの僕には非常に好みの映画でした。

MY SHARONA」とかね(笑)

あと、「ロメロ化学」って、
ジョージ・A・ロメロ」からでしょうか?
詳しい人はそういう点でも一々にやりと出来るのでは。
良かった。
ではでは。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HINAた

Author:HINAた
某鉄道会社勤務。
読書・QMA・映画が好き。

QMA3後半~QMA6まで、
HINA@カイルでプレイしてました。
twitterは、@hina0513です。

twitter
    follow me on Twitter
    新世紀のラブソング
    ソラニン
    ブクログ
    フリーエリア
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    FC2カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。