スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ハリーポッターと死の秘宝 Part2」

2011/07/22

最終作を観て来ました。

字幕が3Dしかなかったのでそちらで。
メガネプラスメガネが結構圧迫感があって痛いので憂鬱だったのですが、
メガネの上に、レンズ部分だけを重ねるようなオプションが300円で。
ラッキー♪とそれを購入して観ました。
以前のように痛みを感じることは当然なくて非常に快適。
ただ、映画自体が別に3Dじゃなくても・・・、という感じだったのですが。

いよいよ最終決戦、という作品。
死んじゃったりするキャラクタも作品が進むに連れて増えて来るわけで、
この作品に限らず後半は暗めの雰囲気でしたよね。
今回はさらに「ある秘密」が明らかになってやるせなさが増した気も。
しかし、あれを「あの人」は知らずにいた?
という疑問が、まあ、そうだったんでしょうけれど。
でもそれだと自分で分霊箱がいくつなのか知らなかった、ということになってしまうのでは?
ボスとしては管理が甘かったのではないでしょうか。
それ以前にあんなに強いんならとっととお前が出張れよ、って。
これもまた「ボス」的な存在が出てくる作品全般のジレンマでしょうけれど。

何気に1番盛り上がったのは(自分的に)、
おばあさん、おばさんの頑張りだった気がします。
「この魔法一度使ってみたかったの♪」には笑わせてもらったし、
明らかにビビってたおばさんが、
あれは子供を思う気持ちでしょうか、
突然強くなったかのような場面は、ええ、燃えました。

それまで特に目だたなかった子の活躍も好み。

全般にあっさり感溢れる最終作ではあったかと。
「死」も描かれている以上、
これはこれでありだったかもしれませんが、
もちょっと盛り上げてくれても、とは。

原作は一切読んでいなくて、
映画も「アズカバン」からだった気がしますが、
ずっと新作が楽しみな映画であったことは間違いない。
偉大なシリーズにさよならを。
ありがとう。
ではでは。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HINAた

Author:HINAた
某鉄道会社勤務。
読書・QMA・映画が好き。

QMA3後半~QMA6まで、
HINA@カイルでプレイしてました。
twitterは、@hina0513です。

twitter
    follow me on Twitter
    新世紀のラブソング
    ソラニン
    ブクログ
    フリーエリア
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    FC2カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。