スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「土屋の貧格」

2011/07/05

土屋賢二、「土屋の貧格
週刊文春連載の爆笑エッセィ最新巻になります。
帯には「随筆集」とありますね。

相変わらずの安定感。
いつもと変わらぬ面白さということで何も書くことないかなと思いましたが、ふと。
ぼんやりと考えたことが。

「わたしは、おおかさで、はしともじちにあうのがめゆです」

上手くできたか分かりませんが、
上記のようにところどころ文字を入れ替えていても普通に読めたりしませんか?
読めなかったらごめんなさいw
いずれ、ある程度のずれだと頭が勝手に組み替えてくれたりと、
何かを読むときにもやはり脳の働きは大きいわけで(当たり前)。
明らかに先読みを働かせている部分がありますよね。
文章を読んでいても締めにどんな文章がくるのかも予測しているように思います。
このエッセイの面白さの一端は、
そういった予想を悉く裏切る点にもあるのかな、と。
褒め言葉がずらずらと並んでも何故か最後はけなしてる。
表を歩いていたら気づかずに裏を歩いているというメビウスというか、
登っていると思っていたら降りているというエッシャーというか。
あくまで「一端」ではないか、ということですが。
この変幻自在さ、フットワークは中々他には無いと思います。
これだから、購入を止められないんですよね~。

新規購入はこちら。
土屋賢二先生との対談本もあるお馴染み森博嗣先生。
最近続いていた新書のシリーズかと思っていましたが、
違う出版社からでした。

IMG_1193.jpg

科学的とはどういう意味か

これは間違い無く面白いと思います。
勉強になる気もします。いつもですが。

明日も勤務。
明後日がお休みなので何事もなければ映画を観に行くでしょう。
遊ぶ時間は取れないかも。
その分も明後日のお休みは遊ぶでしょう。
ではでは。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HINAた

Author:HINAた
某鉄道会社勤務。
読書・QMA・映画が好き。

QMA3後半~QMA6まで、
HINA@カイルでプレイしてました。
twitterは、@hina0513です。

twitter
    follow me on Twitter
    新世紀のラブソング
    ソラニン
    ブクログ
    フリーエリア
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    FC2カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。