スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「プリンセス・トヨトミ」

2011/06/10

仕事もほぼ何事も無く終わり、観て参りました。

予告編でもう、
「大阪国」だとか出ていますし、
タイトルからもう末裔云々は想像出来る。
主人公チームと、その「大阪国」との何らかのバトルが描かれるのだろう。
そこに「プリンセス」はどのように絡んでくるのか?
くらいの気持ちでのほほーんと観ました。

が、まさかまさか、
○と○の熱いお話が展開されようとは予想外。
僕自身○はもう亡くしていますし、
思わずグッときてしまいました。
心温まるお話でありました。

十字架の話の後に燃えるような大阪城を幻視するかのような場面が。
お、何かの能力者?
なんて思ったのですが、全くのミスリードでしたね。
大阪城の方はリアルの記憶だったのでしょうし、
十字架の方は結局謎のままでしたしね、最後まで。
「ミラクル」はあのトイレだけだったのでしょうか?
わざとばらまいたかのような要素があちこちにあったのかも。

主人公チームが「松平」や「鳥居」
相手チームが「真田」何ていう名前になっていのも、
東軍西軍じゃないでしょうけれど、まんまだったのでしょうか。
大阪方の「真田」なんて、それだけで胸が熱くなるものがありますね。

基本的におやじばかりのむさ苦しい映画でもあったかもしれませんがw
おやじだろうが何だろうが、
カッコ良いものはカッコ良いですね、やはり。
羨ましいものですが。

冒頭とラストは、うん、まあそうか、と。
日本人好み、なのでしょうね。

「カタルシス」という点では弱かったと思いますが、
良かったと思っております。

明日明後日はお休み。
いつも通りの休日を過ごすでしょう。
掃除洗濯も忘れずに。
ではでは。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HINAた

Author:HINAた
某鉄道会社勤務。
読書・QMA・映画が好き。

QMA3後半~QMA6まで、
HINA@カイルでプレイしてました。
twitterは、@hina0513です。

twitter
    follow me on Twitter
    新世紀のラブソング
    ソラニン
    ブクログ
    フリーエリア
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    FC2カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。