スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「放課後はミステリーとともに」

2011/05/16

東川篤哉、「放課後はミステリーとともに

謎解きはディナーのあとで」が売れているようで。

別シリーズの短篇集になります。
読んでみました。
一編目で早速盛大にこける。
カラット探偵事務所の事件簿1
をすぐに思い出したと書くのはネタバレか。
と、書くこと自体がネタバレだ!と突っ込まれるのが必至か・・・。

帯にあるとおり、
お前はエアコンか!という「霧ヶ峰涼」を主人公としてシリーズ。
高校生ということで感覚も、文章も軽やか。
またまた帯には「名探偵」とありますが、
そう思えるときが垣間見えたりするものの、
基本的にずっとワトソンに見えたり。
役割は可変のよう。
また、軽やかなお話の中にも、
「悪意」が見え隠れすることも。
ただ単純に「ユーモアミステリ」とは括り切れないものがあるのでは。
「選手の視点、審判の視点」には唸らされる。
「相対的」であることですよね。
名探偵とは両者の中間を探しつつ、
どちらの視点でもものを見られる人でないといけないものでしょうね。
いや、どちらかの視点に寄っていても尚、
真逆な視点でものを見られる、
ここまで必要かも。いややはりそうでないといけないでしょう。

あれ、「部長」って1回も出てきてないような?
乞うご期待!なのでしょうか?
今後の作品にも期待したいし、
既刊作品も機会があれば入手してきたいです。
良かった。
ではでは。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HINAた

Author:HINAた
某鉄道会社勤務。
読書・QMA・映画が好き。

QMA3後半~QMA6まで、
HINA@カイルでプレイしてました。
twitterは、@hina0513です。

twitter
    follow me on Twitter
    新世紀のラブソング
    ソラニン
    ブクログ
    フリーエリア
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    FC2カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。