スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ブラック・スワン」

2011/05/14

以前秋田で観ていたのは2年前まで、
なので鑑賞ポイントも期限切れと思っていました。
が、そちらに関しては無期限。
1本無料で観られる状態でしたし、使用してきました。

ナタリー・ポートマン主演。
ブラック・スワン

プリマを目指すバレリーナ、ニナ。
努力の末、その座を手に入れるが、
その性格から「半身」が演じきれない。
大役へのプレッシャー、ライバルの登場、
次第に追い詰められていくニナ・・・。
そして、ついに本番の幕が開く・・・。

ってな、もんでしょうか。

グロとまではとても言えませんが、
「痛み」が感じられる描写がとても苦手な自分。
それもあってのことだと思いますが、
ずっと「え?ホ、ホラー?」なんて感じで観てました。
緊迫感が最後の最後まで弱まることがありません。
鬼気迫る、とはこのことでしょうか。
主人公ニナが「白鳥」「黒鳥」という2面を演じきれるか、
という点で追い詰められるわけですが、
同時にナタリー・ポートマン自身も同じだったのかもしれませんね。
本当に、本当に色々と、凄かった。

彼女の最後のセリフ、
確かにあそこまで行けば先輩プリマ、ベスを超えて、
その通り「○○」だったと言えるかもしれません。
ああいった世界にいる人達にはあることかも。
僕などが伺い知ることは決して出来ない領域でしょうね。

だから何だということもありませんが、
ジキル博士とハイド氏」を引用文に採用した、
キラレ×キラレ」を最近読んだことも思い出したり。

あ、ヴァンサン・カッセルも良かった。
間抜けな役が多い気がしていたので(笑)

実に良かった。

次はタイミングが合えば「」を観ようかと。
ではでは。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HINAた

Author:HINAた
某鉄道会社勤務。
読書・QMA・映画が好き。

QMA3後半~QMA6まで、
HINA@カイルでプレイしてました。
twitterは、@hina0513です。

twitter
    follow me on Twitter
    新世紀のラブソング
    ソラニン
    ブクログ
    フリーエリア
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    FC2カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。