スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「SP 革命篇」

2011/04/01

大曲での最後の映画として観て来ました。

前作で主人公の顔色の悪さに触れましたが(笑)、
さすがに今回は頑張っておりました。

延々と続く格闘戦=どんだけ威力無いねん、
と思ってしまいますが、
それでもなお、手に汗握って見入ってしまいました。

堤真一、結局は私怨かよ・・・、
ちっちぇー!としばらく観ていましたが、
最後のあたりでそれも一変。
「あの一言」のためだけにあれをやったのか?
と、考えると逆にもの凄いことでは。
巨額のお金のためにあれをやった、
とかと比べても遥かに凄みがある、
そう感じたのでした。

官僚達の「ぶっ飛び」っぷりも良かった(笑)
いろいろな意味で。

「例の件よろしく」って劇中で描かれてました?
僕が気付かなかっただけか・・・。
また、看守?のあのセリフも何やら新たな謎を感じさせるものがあったような・・・。
「ファイナル」だったはずですよねぇ。
続きが観たいなんて思ってしまったのですが(笑)

今作の全段としては「野望篇」が弱すぎる、
(繋がりが希薄に感じられた)
感はありましたが、良かった、そう思う。
ではでは。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HINAた

Author:HINAた
某鉄道会社勤務。
読書・QMA・映画が好き。

QMA3後半~QMA6まで、
HINA@カイルでプレイしてました。
twitterは、@hina0513です。

twitter
    follow me on Twitter
    新世紀のラブソング
    ソラニン
    ブクログ
    フリーエリア
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    FC2カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。