スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「星を継ぐもの

2011/02/11

IMG_0664_2.jpg

ジェイムズ・P・ホーガン、「星を継ぐもの
好きな人にしてみると、
「いまさらそれ?」という作品なのでしょうか?

自分で買っておいてなんですが、
翻訳物は文章が「堅い」イメージがあって、
手を付けるまでは非常に時間がかかりました。
が、読み始めたらスムーズに。
「ああ、早く先が読みたい!」
という当たり前の楽しさの詰まった1冊でした。
キャラクタが全面に出ている作品も好きですけれど、
その感覚についていけない、
酷い場合は嫌悪感を感じることもあるだけに、
逆に良かったのかもしれません、この作品が。

宇宙に進出し始めた人類。
月面で真紅の宇宙服をまとった死体が発見される。
調査の結果、五万年前に死亡していた!
「チャーリー」と名付けられた彼の謎を追う知の旅が始まる。
さらに、木星の衛星ガニメデでは、
地球のものではない宇宙船の残骸が発見され・・・。
というお話。

検証、発想、発見、謎、検証・・・、
というスパイラルが楽しい。
粗探しに徹底して読めばおかしいところや、
論理的とは言い難い点も出てきそうな気がします。
が、僕の基本的なスタンスは、
「嘘であっても、読んでいるときそうだと思えればOK」
例え、現実には不可能なことであっても、です。
まあ、そもそも「サイエンス・フィクション」だし(笑)
中心人物に反するかのような人物。
主人公が徹底的にやり込める、まあありますね。
やり込めたあとに、昨日の敵は今日の友、うん、ありますね。
しかし、この作品だと、
最後に中心人物と別個に燦然と屹立しちゃったり。
これはちょっとびっくりでした。
良かったのでは。
帯をちょっと見たら他の作品でもコンビで出るみたい。

ミステリーっぽいという言い方も出来るでしょうし、
夢が、ロマンがある(笑)、
そういう作品でした。
良かった。

明日も勤務。
勤務後は先週チケットだけ購入して観られなかった映画にリベンジ。
その後実家に帰ります。
次の更新は月曜日でしょうか。

気がついたらアジカンのライブまで1週間か。
忙しすぎて気分が落ち込む暇も無い中でのライブ。
まったりと楽しみたい。
4月に転勤が決まったりしたら、
やけになって3月もどこかに行くかも(笑)
きな臭い話も噂もあったりなかったり。
まあ、その「時期」の恒例行事ではありますが。
さて。
ではでは。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HINAた

Author:HINAた
某鉄道会社勤務。
読書・QMA・映画が好き。

QMA3後半~QMA6まで、
HINA@カイルでプレイしてました。
twitterは、@hina0513です。

twitter
    follow me on Twitter
    新世紀のラブソング
    ソラニン
    ブクログ
    フリーエリア
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    FC2カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。