スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「イナイ×イナイ」文庫。

2010/12/25

森博嗣、「イナイ×イナイ」、文庫で再読。

なんと、犯人すら忘れていたとは。
なんとなく、気持ち悪いような、
収まりの悪かったような、
そんなイメージだけが残っていたようで。

旧家、地下牢、密室、探偵。
時系列的には「S&M」シリーズの後のお話であり、
現代のお話でありながら、
上記のような道具立てから古めに感じられるかも。
まともに見たことはありませんが、
「探偵物語」とか昭和にだって感じられるかも。
装丁もそんな雰囲気が反映されているのかもしれませんね。
しかし、
犯人を追い詰める過程はロジカルです。
どろどろとした雰囲気とロジカルな思考、
そのギャップ、そのせめぎ合いが楽しかった。
今回はそのように感じらました。

読む時の自分の精神状態によっても変化があるんでしょうね、読書って。
当然、漫画だって同じだって、
ごく当たり前の神経の持ち主なら気付いて然るべき、なのにねぇ。
影響を受けるかどうかは「受け手」による。
そう思うのですが。

次は何を読もうかな。
ではでは。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HINAた

Author:HINAた
某鉄道会社勤務。
読書・QMA・映画が好き。

QMA3後半~QMA6まで、
HINA@カイルでプレイしてました。
twitterは、@hina0513です。

twitter
    follow me on Twitter
    新世紀のラブソング
    ソラニン
    ブクログ
    フリーエリア
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    FC2カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。