上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IMG_1983.jpg

森博嗣、「相田家のグッドバイ
新作を読むのは久しぶりか。
重そうな雰囲気が漂っていますが、さて。

京極夏彦、「魍魎の匣
一体何度読んだか分からない作品ですが、新カバーということでジャケ買い。
ゲームの方は一切触ったことがありませんが、
良い感じのデザインではないでしょうか。
こちらはさすがに読むことはしないかもしれません。
ではでは。
本日はお休み。
夕方から面白くはなさそうな飲み会ありですが、
それまで遊ぼうということでソピアへ。

トナメを10クレ。
優勝が3回(ドラ)
全部プラチナ貰えたのは上出来。
白金賢者九段。
ドラステイ。

D【3-0-2-1#4-0】
区間賞 ライキュー・ノンラン、ホビー芸○

マッチはこの方と。

IMG_1976.jpg

ついこの間お会いしたばかりで早速。
なんとか決勝までご一緒することが出来ました。
さらに、

IMG_1981.jpg

協力も1回挑戦。
残念ながら2人旅となってしまい13Fで失敗。
人が多ければ足の引っ張り具合も目立たなかったと思うのですが(笑)
お疲れ様でした&ありがとうございました~。

サッカーはやはり無傷では済まず。
21問中20問の正解。
トータルは1318/1400。

何枚か。

IMG_1977.jpg

この継投も辛い。メジャな選手は酒井だけ?
酒井レイソル
守田サンガ
登里フロンターレ、みたい。

IMG_1968.jpg

パルメイラスが若い時期か晩年か分からずで不正解。
パルメイラスデポルティーボオリンピアコス

IMG_1982.jpg

初見だと思うのですが・・・。
この年代の問題で初見というのもレアかとも思うのですが。
さっぱり分からず。
正解は、フェルシュライエンみたいです。

明日はまた泊まり。
非番+3連休となるので久しぶりに実家に帰る予定。
ではでは。

森博嗣、「トーマの心臓」ノベルス版を読了。

購入してから1年半ほっぽってたみたい(笑)
それもそのはず、ハードカバーで読んだ時からどうも「分からない」作品だった。
原作を全く知らないばかりか、
百億の昼と千億の夜」しか読んだことがないし、
萩尾望都さんに対する思い入れも何も無い。
本当に「素」で読んだ、という点は良いことだったと思いますが。

今回頑張って読んでみたら前回よりははるかにスイスイと読むことは出来た。
しかし、所々ある種の「気持ち悪さ」との戦いはまだ残る。
前回感じずに今回感じたこととして、
この作品にある「愛」という単語は本当に純粋なものを指すのだろうということ。
性別だとか、容姿だとか、経済的な力だとか、人種だとかetc
そういった要素にとらわれない一途なものだろう、ということ。
作中、「性別」を表す単語を一切排除してくれていたら、
なんて感じながら読んだりもしましたが(笑)

結局、
え?こいつら男、だろ?
え?大学生なんでしょ?それでこれ?
なんて一々考えてしまう自分が汚れているのか、と。
途中、
そこでそういう邪推をするってお前脳みそおかしいだろ!
と突っ込みを入れたくなる場面もいくつかありましたが、
そいつらと自分との間に一体どれだけの差があるのだろうか?
と後になって冷静に考えることも出来るようには。
そういった点では以前より成長出来たのかもしれません。

確か原作とは視点人物が違うはずですし(原作は神の視点?)
それによって分かりやすい点、
反面分かりにくくなっている点もあるのでは。
原作に手を付けてみるのもありかな、なんて思い始めてもいます。

文庫も出るはずですし、
その際にはまた違った読み方が出来ているでしょうか。
そういった点も楽しみに待っていようと思います。
ではでは。

帰宅!

2012/02/24

いろいろあった楽しい3日間でした。
明日が泊まりなので、明後日まとめてアップする予定。
取り敢えず休みます~。
成績は控えなかったので出来事メインで。

IMG_1967.jpg

23日午前はプリズまさんと店対。
軽くボコられました(笑)
トナメにも一緒に入りましたが、なんとCOMに負けて決勝に辿り着けず。
「今度はサッカー鍛えてみます」なんて取り組まれたら、
軽く負けそうな気がしてまいりました・・・。
30問全問正解でのトナメ優勝とか凄まじかった。
お疲れ様でした~。

IMG_1971.jpg

IMG_1974.jpg

店舗は3店ほど回りました。

マッチはまずこの方と。

IMG_1969.jpg

宮城のNIさんとは何回も。
お互いに決勝でエサ投げたり投げられたりもしましたg、
お互いに勝てなかった、という(笑)
お疲れ様でした&ありがとうございました。

またまたたまたま金曜日で運良くこの方とも。

IMG_1972.jpg

愛知のレンさんと。
そしてそして、

IMG_1973.jpg

通算でも初でしょうか?
初めて決勝までご一緒出来ました。
ガチな勝負と相成った訳ですが、
サッカーはしっかりと拾われた上で、
芸タイでボコられてしまいました(笑)
けれど、本当に嬉しい決勝でした。
お疲れ様でした&ありがとうございました~。

そんなに長時間は遊べませんでしたが、
それなりに充実していたのではないでしょうか。
良かった。
ではでは。

2日目。

QMA関連は最終日にまとめて、ということで。

23日は前日のクロークに懲りていたことと、
それほど寒くなかったことがあって少し薄着にして突撃。
前日とは打って変わって余裕を持ってブロックへ。
この日は中央後方。
前日かなり前で観られたこともあって最後方に陣取りました。
と、ここでまたもやもやする事態に。
突然スタッフに声をかけられたのです。
「あの、カメラにもろに被っているのでずれてもらえませんか?」
快く場所は動きました、動きましたが、
お金を払ってチケットを買って「○○ブロック」内にいられる権利を得たはず。
「いてはいけない」場所があるなんて誰が想像するでしょうか?
最低限カメラの邪魔になる箇所は立ち入りを禁止しておく。
最大限としてはそもそもブロックのどこに客がいようとも撮影に支障しない場所にカメラを設置する。
これが当たり前ではないのでしょうか?
ま、怒ってはいないのですが、
少なくとも「当たり前」には感じられなかったもので。
と、ちっちゃなことはこれぐらいにして。

「動の23日」セトリは以下。

迷子犬と雨のビート
Re:Re:
アンダースタンド
君の街まで
夜のコール
アフターダーク
或る街の群青
ブラックアウト
サイレン
ソラニン
月光
マーチングバンド
惑星
融雪
藤沢ルーザー
リライト
ループ&ループ
君という花
さよならロストジェネレイション
転がる岩、君に朝が降る
海岸通り

踵で愛を打ち鳴らせ
真冬のダンス
ワールド ワールド ワールド
新しい世界

遥か彼方
羅針盤



勝手に1曲増やしちゃった、だそうですのでお得感も。
ダブルアンコール、前日のを覚えているわけで、
まったり聴く準備をしていたら遙か彼方羅針盤という流れ。
本当にびっくり、そして嬉しかった。
前日はかなり前だったので正確な認識ではないかもしれませんが、
観客の元気さも23日の方があったかもしれませんね。
僕はサッカーの試合をTVで見ていても、
ゴールシーンそのものよりもそのゴールで喜んでいる観客の姿を見るのが大好き。
ライブでも良く周りを確認するのですが、
嬉しそうに跳び跳ねている人々の姿を見るのはやはり良い。
いえ、僕も跳ねてましたが(笑)
あ、やっぱりライブアレンジの惑星は最高です!

MCはやはり物販のお話は欠かさず。
融雪も良い曲だよね、という話も。
そういえば真冬のダンスといい季節にも合っていましたね。
確か、未だ見ぬ明日にに入っているんだけど知らないよね!
会場、「知ってるー!!」
ごめん、当てつけみたいに言ってしまいました(笑)←「当てつけ」じゃなかった感じも、うろ覚え。
どうも俺、まず皮肉っちゃうんだよね、
だからメンバから飲み会に誘われない(笑)、とかとか。

見た目も平凡なその辺にいるようなあんちゃんが大きな会場で音楽を掻き鳴らしてる、
そういった感じの批判って良くあるけど、それが頭に来る。
「才能があるからやれてるんだよ、バーカ!!!!」
というこの流れは最高でした。盛り上がりましたね。
ただ、曲の後に「また言っちゃった」、ってやってましたけれど(笑)

俺、柔道で昔県3位だった、1回戦負けだったけれど(笑)
元気があって良いって表彰されたとか。
ここだったかどうかまたあやふやですが、
話の途中でケンさんがギターをポロッと鳴らす。
「何?早く止めろってか!?」みたいな流れでこれも面白かった。

踵で愛を打ち鳴らせの時。
新曲なんでどう反応したら良いか分からないだろうけれど、
ループ&ループとかだと「右手に♪」で右手上げるとかあるでしょ(笑)
ステップを踏んで欲しいね。
と、ここで地響きが発生。
外で何かあった?と本気で見渡してしまいましたがなんと、
ゴッチの「ステップ踏んで欲しい」発言で、その場で足踏みをした人が多数いたということが判明(笑)
これにはゴッチも吹きだしていたし、僕も笑ってしまいました。
MCでステップ踏んでどないすんねん、と。
けれど、これもこの日この場所だけの出来事、だったんですよねぇ。

まだ、まだ幸せな時は訪れるはず。
また、またきっと「ラッセーラッセー!!」しに行くぞ(笑)
最高の、幸せな2日間でした。
ではでは。


ASIAN KUNG-FU GENERATION、武道館の初日です。

非番での参加でした。
強行軍、というほどではありませんでしたが疲れはありましたね。

ホテルは秋葉原のレム秋葉原に。
とにかく近くて新しい、というイメージでそれなりに使ってきたはず。
さすがに傷みが目立ってきた感はありましたが、良いホテルです。

開場前にはプリズまさんとも合流。
実に1年前、あの震災前に仙台で会って以来でした。
奥様とも久しぶりでしたね。
ブロックは別ですのでここでは簡単に、でしたが元気で何より。

9000.jpg

9001.jpg

開場前はこんな感じでした。
武道館は同じくアジカンの酔カップ以来だったはずです。

さて、テンション高く乗り込んだはずですがちょっとマイナス要素が。
冬なので厚着をしているわけでクロークを利用、
したのですが預け所が何カ所あるのかもよく分からぬまま誘導に従って一列に。
その列たるや各ブロック間の通路にまで伸びる有様。
さらに、ひたすら待っていたというのに途中から、
「別の預け所が空いているのでそちらにも!」
と後ろに並んでいた人達が大量に別方面へ。
ずっと並んでいた人の立場は?
ブロックに入ることが出来たのはなんと開演5分前。
ちょっとこういうのは今まで例がありません。
よく考えてこれがベストだったの?というもやもやがあったのでした。

ポジションは前列中央で最高のポジション。
人口密度的にもスカスカで快適に観ることが出来ました。
セトリは以下。

迷子犬と雨のビート
Re:Re
アンダースタンド
君の街まで
夜のコール
アフターダーク
或る街の群青
ブラックアウト
真冬のダンス
ムスタング
ソラニン
マーチングバンド
惑星
融雪
藤沢ルーザー
リライト
ループ&ループ
君という花
さよならロストジェネレイション
海岸通り

踵で愛を打ち鳴らせ
転がる岩、君に朝が降る
ワールド ワールド ワールド
新しい世界

夜を越えて
新世紀のラブソング


2日間通して聴いた後だと「静の22日」だったかも。

ベスト全ての演奏ではありませんでしたが、
個人的にマニアックに好き、という曲を除いたらこれ以上は無いのでは。
全体を通してやはり「歴史」が詰まっているなと。
海岸通りでの締めは行きたいと憧れながら観ていたDVDとダブる。
初期にあった締め方だろうと。
ワワワ→新しい世界
初めて行ったツアーが、ワールドワールドワールドだったのでそれを思い出す。
島田での紙吹雪が忘れられない。
そして、新世紀のラブソング
全国を回ったツアーではオープニングでしたね。
最近はラストもあったのでは?
今までを振り返りつつ、「先」へ、という風に僕は聴きました。

MCを思い出しながら、2日間ごっちゃかもですが。
これは震災からですが、やはり言及は今回も。
音楽やってていいの?という葛藤を経て、
音楽で少しでも喜んでくれる人がいるのなら、という変化かと。
その一環で物販のアピールにも時間を割いていましたね。
僕もタオルを購入させて頂きました。

真冬のダンスがとにかく好き、という話。
何の当てもなく東京に出た。
しかし、何をどうということもなくだらしなく過ごす日々。
新聞配達をしていたある朝の風景。
雪で白く染まった公演。
静岡では積もるということがなく初めての光景だったとか。
白い、ただひたすら白くきれいな景色。
いまの自分の有り様と、そのひたすらに奇麗な景色との対比。
なにやってんだろう、俺?みたいにも思ったのかもしれませんね。
その時の心象風景を歌った曲だという話でした。

大学、さまぁずの大竹みたいなメガネ、
切りそろえた前髪、
3つボタンのスーツ。
テニスサークルの奴らに爆笑された→俺はテニスサークルが嫌いだ!(笑)
音楽系のサークルには逆に受けたようで大人気に。
その関係で集まるはずの日に場所を間違え、
その結果出会ったのが現在のメンバでもう16年になるとか、そういう話。
本当かな?

最近打たれ強くなって、という話。
誰も知らないだろうな、という曲も平気でぶっこめる。
フェスで鵠沼サーフ のやたら長いバージョン、
各メンバーのソロがある奴をやったら1000人単位で別ステージに移動する勢いだったとか(笑)
今日は別ステージ無くて良かった、
なんて言っていました。
そういうのはいらんがな。

歌詞飛びは安定の2~3曲。相変わらずで安心しました(笑)
最高の1日でした。

終了後はプリズまさんと軽く1杯。
ライブの話、サッカーの話、QMAの話。
震災の話、そしてそんなに長時間お話ししたことはありませんが、
お互い仕事は知っているのでその関係のお話も。
元気で何より、本当にそれに尽きますね。
お疲れ様でした。

2日目に続きます。
ではでは。




をこなすだけの感じになって参りました(;つД`)

ちょっと寝坊するも朝からソピアへ。
トナメを10クレ。
優勝が1回(ドラ)
白金賢者八段。
ドラステイ。

D【1-3-1-0#5-0】
区間賞 スポスロ・ノン多、芸線ライタイ

サッカーが目を当てられず。
15問中13問の正解。
トータルは1243/1318。

何枚か雑多に。

IMG_1963.jpg

少年マガジンのマンガで覚えました。
画像の通り「スペツナズ

IMG_1964.jpg

一応ニュース問題&初見。
そのまんま、「かとうやすひろ」でした。

IMG_1965.jpg

もうお一方が話題を集めてこの方が目立ちませんね。
いや、僕も知りませんけれど。
画像のとおり、「えんじょうとう
芥川賞って「蹴りたい背中」「蛇にピアス」しか読んだことないですね。

IMG_1966.jpg

画像の通り。
トッティデル・ピエロ
いよいよ華やかな時代のスターが最後の輝きを、といったところに。
「次」ってずーーーーっと出てないなぁ。

明日が泊まり。
非番休みと2日間アジカン武道館に出撃!
最近のもやもやを吹き飛ばしたいものです。
ではでは。
本日は非番。
昨日がまた1日中トラブルまみれ。
また、人間絡みも引き続きグダグダ。
転勤半年時点での面談でもすぐ別に行きたいと発言しましたが、
次回以降もずっと希望し続けます。
これくらいは権利でしょうから。
ゆっっくりと休んだ後映画へ。

逆転裁判」を観て来ました。
カプコンのゲームの映画化ですね。
正確には知りませんが、5、6作シリーズ作品があったのでは?
今日も館内で「ゲームやってから来れば良かった、忘れちゃった」みたいな会話が。
僕は「逆転検事」というのをやったことがあるぐらいでしたが。

さて、感想ですが、
まずお話をどの程度で括るのか、は悩みどころだったかも。
3、4エピソードが詰め込まれていたかと思いますが、
やはり1つ1つが薄い感じはある。
ちょっとコミカルな法廷もの、
という風に観る人がいるとすれば非常に弱い。
論理的か?証拠は十分か?といったあたりが、ですが。
しかし、エピソードを絞ってしまった場合、
上で挙げた弱点は強化出来たとしても事件として、お話として弱い。
そのあたりのバランスは評価の分かれるところ、か?
僕は両方を感じつつもここでギリギリかな、と。
悪い印象はありませんでした。

再現度は非常に高かったのでは。
糸鋸が若いな、とか、
逆に御剣が青いな、とかはありました。
しかし、現代の中に変なキャラクタがいるという風には思わず。
あのキャラクタがいてしかるべき世界、
そういう世界観毎再現されていたのでは、と。
「( ゚Д゚)_σ異議あり!!」とセリフが画面に表示されても気にならなかったかも(笑)
正直今回も全く期待はしていなかったので非常に好印象。
これで逆にゲームに興味を持つ人もいるかもですし、
そういった人々はゲームではしっかりとした手応えに夢中にもなるのでは。
コアなファンの意見というのはまた違うのかもしれませんが、それはそれ。
良かった。

明日は懲りずに朝から遊びに出るでしょう。
明後日の泊まり勤務を耐えればいよいよアジカン武道館もあります!
ではでは。

まずは2冊

2012/02/18

IMG_1962.jpg

Amazonで4冊頼んでいましたがまずは2冊。

歌野晶午、「ハッピーエンドにさよならを
タイトルの通りでしょう。
正月十一日、鏡殺し」みたいなのだけ、という感じではないでしょうか。
重いですよねぇ、分かっていても(笑)

土屋賢二、「教授の異常な弁解
タイトルはあの映画から、でしょうね。

何れも早めに読んでしまうと思います。
ではでは。

自爆

2012/02/17

久々に朝からポロスへ。

久々なのでテンションは高くて、
プラチナも取れたりして完全復活を予感するも、
またもやサッカーやらかして意気消沈。
中途半端に帰って参りました。
ま、リハビリみたいなもんかなと最近は思っていますが。

トナメを9クレ。
優勝が2回(ドラ)
白金賢者八段。
ドラステイ。

D【2-1-1-1#4-1】
区間賞 芸タイスポ順社並特撮文並スポキューアニ連スポ多

サッカーは18問中16問の正解。
トータルは1230/1303。

何枚か。

IMG_1957.jpg

ガンバの外国人監督順番当て。
選択肢が追加になったバージョン?
確か、「屁こくし」だったはず、と並べて単独正解でした。
この辺りまでは良かったのですが(笑)

IMG_1958.jpg

そのまんまですが、ニュース問題&初見だったので。
画像の通り、「サウサンプトン
問題文無くても影響ありませんね。

IMG_1959.jpg

画像の通り。
答えるのは簡単でも、読んだことがある人はどれくらいかな?
皮肉の効いたお話ですよ~、と宣伝を。

IMG_1960.jpg

初見でした。
勘で画像の通り答えたのが正解。
ま、チーム数が奇数なんてないでしょうし、
それくらいが丁度良いか、という想像は出来ますね。

IMG_1961.jpg

ニュース問題&初見。
一切チェックしてないから常に後追いになります、Fリーグは。
いかに正解率に影響しようとも今後も情報チェックはしません。
正解はこれだと、「広島エフ・ドゥ」か。
調べたら「広島F・DO」だったはず。
アルファベットに直す意味はなんだ?

明日がまた泊まり。
非番+休みは今回と同じ映画+QMAでしょう。
次バージョンの稼働日も内容もほぼノーチェック。
ライト化の徴候でしょうか(笑)
今日はこれから(夕方から)モンハン飲み会となります。
ではでは。
本日は非番。
昨日はほぼ何事もなく、
またまたゆっくりと休むと共に映画に出かけることが出来ました。

楽しみにしていた「ドラゴン・タトゥーの女」を。

最近封切りなので1番大きなスクリーンでしたが、
今回は前回に次ぐ、「計2人」(笑)
自分にとっては2回連続で最高の環境で映画を観ることが出来ました。
好きな人にはごめんなさいですが、
映画館の中においてはポップコーンを食べる音すら気になって駄目です。
人数が少なければ少ないほどそういったこととは関わらなくて済む訳で。
だったら家で観ろ、は成り立ちません。
あの大スクリーンと音響はちょっと家では、ね。

全体の印象としてはやはり時間は短かったのかな、と。
中心となる事件に関して、
観客の想像にお任せ、という部分は多く残りましたし、
そもそも「真相」に至る過程も昔の事件だったこともあり、
「状況証拠」の積み重ねだったような。
まあ「あれ」を発見したことで、
「理屈」は特に問題ではないかもしれませんが。
多分原作だともう少し描いてあるのではと想像。
グロシーンも想像していたよりははるかにライトでこれは助かった。
映画館でも平気で目を閉じますからね、普通に(笑)
映画でモザイクを観たのは初めてだったかもですが(;・∀・)

お話はお話としてやはりタイトル通り、
ドラゴン・タトゥーの女リスベット」の存在感が圧倒的。
ソーシャル・ネットワーク」に出てたんですよね?確か。
それだけでもうびっくりでしたが。
やはり過去はどうしても気になってしまう。
あの能力はどこでどうやって?
父親との間に生じた問題とは?とかとか。
後者はなんとなく想像も付いてしまう気もしますが・・・。

そんな強烈な存在だからこそ、
後半の行動+切ないラストなんか見せられたらいちころ、なんてね。
あとで原作も読む予定なので、
ラストが違ってたら良いな、とほのかな希望を持っておこうかしら。

ダニエル・クレイグも好きな人ですし、
これで3部作全部行くのかな?
先の楽しみが出来て良かった良かった。
今回も良かった。

明日はお休み。
朝からソピアは久しぶりか。
夕方はお誘いを受けています。
モンハン飲み会になるのかな?という感じですが。
ではでは。

準備万端

2012/02/14

IMG_1956.jpg

昨日、22日分も届いて、晴れて武道館2daysのチケットが揃う。
切符も買ったし、
ホテルも予約済み。
まさに準備万端整いました。
仕事上で頭に来ることが続いたし、
発散してきたいと思います(笑)
タイミングがタイミングですし、
ベストの曲全て+α、なんていうセットリストになるのか?
マイナどころの好みもあるものの、
今回は「王道ど真ん中」を楽しむことになるのかもしれません。
楽しみ。

と、ブログはかなりご無沙汰だったか。
以前どうしていたのかもはや信じられない(笑)
やはり、見方によれば月20日フリーという状況は暇すぎ・・・。
十年前はこの状況に耐えられずギャンブルに走り、
その後、暇はあっても金が無いとなってQMAに出会う、という流れでした。
現在は稼働末期ということもあると思いますが、
モチベが上がらず&金銭的にも制限しているので・・・。
明後日これまた久しぶりに映画に出かける予定なので、
少しずつ頻度は上がるとは思いますが、ブログも。

ま、どんな分野も無理してもね、ということで。
焦らず参りましょう。
ではでは。
乾くるみ、「クラリネット症候群」を読了。

表題作+1(「マリオネット症候群」)という構成の文庫。
中編2編、ですね。

収録順は「マリオネット症候群」から。
まず「症候群」というと貫井徳郎さんの三部作が思い浮かんでしまう。
尚かつこの作品は「精神、心、魂、意識?」といったものの乗り移りを描いているので、
西澤保彦、「人格転移の殺人」をこれまた思い出します。
長編と比べるのもどうかとは思いますが、
やはり何れにも劣っているかな、という印象。

ある女の子が「目覚める」と自分の身体を動かすことが出来ない。
どうやら別の「人格」がメインシステムとして自分の身体を動かしているみたい。
それがどうやら憧れの「彼」らしいと気付くものの、
その「彼」はどうやら殺されたらしい・・・。
彼女の運命は?彼の詩の謎は?といったところでしょうか。
主人公が高校生なので非常に軽やかな感触で読みやすいのですが、
乗り移りは一度に止まらないこともあり、
物語自体がふわふわと感じられてしまったり。
ま、短いしね~、というのがやっぱりありますが・・・。
結構ブラックな人間関係、
そして、「乗り移り」の法則とは?
といったあたりは非常に面白いのですが。
長編だと逆に保たない、そういうネタだったかも、ですね。

そして、「クラリネット症候群
こちらはまた変わった作品。
主人公はジャズを嗜む高校生ですが、
かつてのいじめっ子との諍いの果てに父親代わりの恩人のクラリネットが壊されてしまう。
そして、その時から彼は、
「ドレミファソラシド」を聞き取ることが出来なくなってしまった・・・。
って、実際文章上からそれらの文字が消えているのでその読みにくさといったら(笑)
暗号ものの側面もあるのですがそれはピンと来ず。
「音楽」絡みで僕に知識が無いのが一番の要因か。
暗号に関わらず、
「実際には嘘でも、なるほどそうかと思わせられる」というものは大いに評価するのですが、
どうとも思わなかった、という(笑)
大きめなトラブルに巻き込まれるという展開で、
その顛末は意表を衝くものがありますが・・・。
良く評価しても「佳作」っていう奴かなぁ、なんて生意気にも。

何回も何回も書いていますが、
やっぱり「真っ白」で読めないと損が多いかな、とも思いますね。

明日は日勤で明後日が休み。
今月の日勤はもう明日だけなので、
後輩と飲む時間を作る予定。
休みもQMAには使わない予定、今回は。
ブログも休みがちにはなるでしょう、あしからず。
ではでは。

逃走

2012/02/07

朝からソピアへ。

トナメをまったり、のはずだったのです・・・。
7クレ。
優勝は無し。
白金賢者八段。
ドラステイ。

D【0-1-2-2#2-0】

ここ5日間(トナメに入った日)ずっとサッカー落としていて、
今日はなんと3ミス。
軽く10問以上落としてますね今年に入ってから。
新問どうとかではなく、旧問のど忘れも酷く・・・。
逃げるように今日は止めたのでした。
15問中12問の正解。
トータルは1214/1287。

一応ニュース問題を1枚。

IMG_1955.jpg

リールを見て中国の2チームを想像しましたが、
そうではなくてまたまたニュース問題&新問でした。
正解は「蔚山現代」だったと思います。
なぜマジョルカから韓国なんだよぅ。

気付けばもうイベントは無いのかな、8は。
躁状態だったはずですが、一転鬱かも(笑)
まったりの状態で調子が戻ると良いのですが・・・。

明日がまた泊まり。
非番の次は日勤を挟んでお休み、となります。
遊びには出ないでしょう。
ではでは。
本日は非番。
昨日の泊まり勤務は久々にまともに休憩を取ることも出来、
トラブルも小さなものが少しだけと安定。
こうでなきゃね、とは思う。

ゆっくりと休んで映画へ。
またまた動物ものを観て来ました。
ドラマ作る必要がないから間違い無く「安定」の分野か。
ああ、そういえば記念の1作だったということにも。
遂に今日はスクリーンに僕1人だけ。
貸し切り状態での映画鑑賞になりました。

動物ものはこれで3作目だったかと思いますが、
日本のみ、というのは初めてだったはず。
とはいえやはり「別世界」にしか感じられない。
国内だなんて思えない世界が目の前に。
しかし、やっぱりナレーションが邪魔かも。

「同じ国に生きる大切な仲間」

なんて言ってリアリティありますか?
そりゃ芸能人のお宅の周りを猿が徘徊するなんてないでしょ?
クマがエサを求めて、なんてことがありますか?
僕が書いた通り「別世界」としか思っていないから、
出てくる脳天気な言葉としか思えないのですが。
いや、そうありたいと思う気持ちも分かりますが。
自分の生活が脅かされたらそりゃ徹底的に排除する方にいくはず。
肉食獣が他の動物を食べるのと違いはないのでは。
「動物」には当然「人間」も含まれているのだから。

なのでやっぱり、ナレーションはいらない。
ありのままをみせて、
観た人それぞれが思うがまま。
押しつけはしない、というのが一番かもと感じました。
映像はキレイだったし、迫力もあって良かったです。

明日はお休み。
普通に遊びに出るでしょう。
ではでは。

全塔制覇!

2012/02/04

朝からソピアへ。
最後の全国大会の成績は以下の通り。

IMG_1954.jpg

前回はちょっと頑張りましたが、
最後も平常運転。
これだけは最後までやる気が出ませんでした。

今日の目的は最後の塔への挑戦。
10時スタートで野良で入ったのでまず人数が心配でしたが、
無事4人集まり一所懸命登りました。
お一人、二段くらい落ちるかな・・・、
と偉そうに感じながらでしたが、
金剛天の方がとにかく心強い。
その方のメガホンには何度もみんな助けられましたし、
その方の回答が速かった場合はしっかりとルーペを使って拾う。
僕はちょっと補助的に使うくらいしか出来ませんでした。
ラスト15Fは微妙な感じがしていましたが、
1800×3+700点で6000点は越えていたはず。
無事一発で踏破することが出来ました!
前作はちょっと長すぎると感じていましたし、
石稼ぎの側面もあって敬遠していましたが、
今回は適度に短く、また石稼ぎにもならなかったのでやる気が湧いた。
全部の塔を踏破することが出来たので良かった。

どうでしょう。
後はトナメメインとなりますので宝石はきついか、ギリギリか・・・。
スパートをかけるつもりもなくて、
今のペースのままで、と考えています。

さて、明日も泊まり勤務。
いい加減一息付くことが出来るでしょうか?
ではでは。


またまた観るのを迷いましたが観て参りました。

東京日本橋近辺で腹部を刺された男。
彼は誰に助けを求めることもせず数百メートルを歩き、
日本橋麒麟像前で力尽きる。
その後、警察官が不審人物を発見。
声を掛けるがその人物は逃走、その結果車にはねられ意識不明の重体に。
彼は日本橋で死んだ男の持ち物を持っていた・・・。
死んだ人物の行動の意味は、
そして重体の男は犯人なのだろうか?
加賀恭一郎が事件の謎を追う。

ってな感じで予告編も流れているのでは。

TBSではありますが(秋田は基本的に入らない)、
ちょっと「新参者」を見たことも。
それで感じたのは僕の中にある「加賀恭一郎」が古すぎるのかな?ということ。
最後に読んだのは「嘘をもうひとつだけ」だったと思いますし、
シリーズで一番好きなのは「眠りの森」だったり。
一体何年前になるのか覚えていません。
そのあたりのイメージのままで固定してしまっているので、
もっとずっとクールで機械的な印象を持っていたのですよね。
だからこそ、「眠りの森」においても「あの加賀が」というのが良い方向に感じられたと記憶。
けれど、それはちょっと行きすぎた印象だったのか、
あるいはその後の作品での「変化」があったのか、
加賀恭一郎=阿部寛」がどうにもしっくりこないなぁと。
しかし、wikiなんかで簡単にチェックすると、
見事に合致しているようにも見受けられる。
自分のイメージを大事にしてしまうと(古すぎるのですが)やっぱり駄目ですが、
「なるほど、これこそが加賀恭一郎なのか」と改める時期なのかも。
阿部さんは好きな俳優さんですし。

さて、作品については「父と子」といったあたりが1つのキーか。
このあたりは非常に重く感じてしまいます、個人的には。
大体こういう描かれ方が多いのかなとは思いますね、父って。
基本不器用、家族と向き合う勇気が持てるかどうか、が重要ってね。
けれど、やっぱり「生き様を見せる」ってのがとにかく一番かとは思います。
この作品だとそれはしっかりと伝わった、ということでしょう。
加賀についてもやはり「父と子」ってのがありましたが、
これは「赤い指」あたりを知らないと飲み込めない部分だったでしょうか。
遡って読もう!とまではもう思えませんが。

事件の謎の方はなるほどそうかとひたすら後を追う展開。
警察の悪い点として描かれていますが、
「先にシナリオをつくる」って他の仕事でもあるのでは。
そうなら良いなとか、都合が良い点で抑えておければまだましでしょうけれど、
シナリオ外の思考とか行動とか可能性を排除するようになると、
シナリオがこけた時には時既に遅し、ってなりがちですよね。
気を付けないと。
加賀はそのあたりから浮いている点が良いのでしょうね。
逆に、シナリオを作る一派があるお陰で、
そちらを任せてしまえる「ハズレをハズレと確定させる」効果もあるのかも、ですが。

秀逸なセリフと感じたのは次(大意)、

「あなたが考えたという『将来』、その『将来』がこれだ!」

ってな感じのやつでしょうか。

「将来を考えて」って誰の将来?
てのはしっかりと考えないといけないことではないでしょうか。

良かったです。

明日は遊びに出るでしょう。
ではでは。
一昨日の泊まり勤務でしたが、
大雪等悪天候で1日中トラブル続き。
ほぼ完徹、という勤務になってしまいました。

しかし、単なる「雪」でここまでという状況はどうなのでしょうか?
いやいや量が、というかもしれませんが、
昨年も地震以前に雪で非常に苦労をしましたし、
平成18年でしたでしょうか、似たような状況は経験済みのはず。
それらを踏まえてどれだけの対策がしてあるのか?
結局現場が苦労するだけの状況は何一つ変わらないように思えます。
少しでも楽をさせられたら、とは思うのですが・・・。

途中で駄目になるリスクがある程度高ければ、
最初から走らない方がよほど誠実でもあるでしょう。
いくらかはそうしているはずですが。

やはり疲れが酷かったようで昨日は起きたのが21時頃。
予定の映画は駄目でした。
今日は今日で温泉行ったりしてゆっくり。
明日に備えた、というところでしょうか。

明日がまた泊まり勤務。
天候はまだまだ悪いようですので覚悟が必要でしょうね。
非番は映画に行きたい。
休みは遊ぶでしょう。
ではでは。
プロフィール

HINAた

Author:HINAた
某鉄道会社勤務。
読書・QMA・映画が好き。

QMA3後半~QMA6まで、
HINA@カイルでプレイしてました。
twitterは、@hina0513です。

twitter
    follow me on Twitter
    新世紀のラブソング
    ソラニン
    ブクログ
    フリーエリア
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    FC2カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。