上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
和洋を問わず、神話に関する物語には興味があります。
ということであまり期待はせずに観に行きました。

「神」って結構お間抜けだったりしますよね、
色々なお話の中では。
そういった意味では「リアル」だったと言えるかも(笑)

全知全能であるはずのゼウスが最強の武器を盗まれる。
彼はポセイドンの息子(半神・半人間)に疑いを抱き、
期限を設けそれまでに返却しなければ戦争を起こすと脅しをかける。
人間としての平凡な日常から、
神の血を引く者としての宿命に導かれた冒険へ!
パーシー・ジャクソンは目的を果たすことが出来るのか!

って、おいおい。
全知全能の神たるものがそんな大事なものを簡単に盗まれるなよ・・・。
仮に盗まれたとしたって、
あなた、一体どういう保管の仕方をしていたのですか?
最高責任者はあなたでしょ?
まず、あなたが管理者責任を問われなければならないのでは。
さらに、盗んだ相手の特定理由はなんと!
「思い込み」( ゚Д゚)ポカーン
証拠は一切無し!(笑)
こらこら、冤罪ですよ冤罪。

神「お前でないなら、誰が盗んだ?」

少年「○○です。○○が理由です。」

神「よくやった」

え、え、え~!!!!!!!

ってな感じで突っ込み所満載だったような(笑)
ショーン・ビーンさんという方がゼウスを演じています。
顔を見れば、ああこの人ね、と分かるくらいにはメジャでしょう。
しかし、悪役が多いこの方、
基本的に「セコイ」役ばかりなのが可哀想。
って、僕なんかが思うのも失礼でしょうけれど。
いや、今回は「主神」なので「悪役」というのもどうかと思いますが、
上述したようなお間抜けぶりでしたのでつい(笑)

ピアース・ブロスナン、役作り?
あちこち、たぷたぷだったように見えました(笑)

ユマ・サーマン、キレイでした。
初めて見たのは「パルプ・フィクション」でした。
あんなメドゥーサだったら見てしましそうです。

神話上のモンスターなんかが活き活きと動いているのを観るのは楽しい。
いつも通りですが、
何も考えずに、突っ込み所も含めてゆる~く観るのが良いと思います。

次はドラマは一切見ていなかったあれか?という所。
明日は所用で秋田市へ。
とんぼ返りで実家に帰りますので、
次の更新は月曜夜になると思います。
ではでは。
僕のようなのは己を磨き続けていないと、
ひたすら衰えていくだけだよ、という言葉。
漢字検定準3級に出題されるので要チェック!

存在しません。

日付が27日に変わり、ベッドに入った瞬間に呼び出し。
早朝4時頃まで走り回っておりました。
勤務中も眠くて大変でしたが、どうにか乗り切る。

勤務後にポロスへ。
今日も少なめにトナメを5クレ。
酷かった・・・。
平均は8位、優勝が2回(フェニ、アイス1)
フェニ→ドラ。
魔力ポイント3238→3023。

P【2-0-0-0#1-0】
区間賞 アニタイライマル
D【0-0-0-0#0-2】

ドラに上がって2戦は連続で1回戦落ち。
昨日から4戦連続となります。
更に更に最後はまたまた16位という有様。
流石に凹んでしまうのでした・・・。

サッカーは6問をしっかり。
トータルは2119/2271、正解率は93.30%。

紹介出来るような問題にも最近は出会えませんね。

中村俊輔さん、日本に戻ってくるのですか?
リーガ・エスパニョーラは憧れだったのでは?
白けるなあ、なんて思ってしまうのは蹴鞠使い失格でしょうか。

DSC05254.jpg

写りが悪くてさっぱりですが、
サカナクションのチケットをゲット。
行くことが出来ると信じて、楽しみに待ちましょう。

次は映画。

トラブル対応で19時くらいまで残業。
実家の方は少し落ち着いているようで、
勤務後は久しぶりにポロスへ。
ちょっと頑張ってみようと思っていたのですが・・・。

トナメを4クレ。
平均は9位、優勝は無し。
ドラ→フェニ。
魔力ポイント3207→3238。

D【0-0-0-0#2-2】

やっぱり面白いなぁなんて思ってたら、
最後はなんと10問中2問しか正解出来ず。
最下位でフェニへ強制連行となりました・・・。
QMA6はそれ以前と比べて、
絶望的な敗戦が多かったなぁと今更ながら。
隙を見付けてまだまだ遊びます。
今日は最後があまりに酷くて心折れて帰って参りましたが。

漢字検定準2級の結果確認がHPで始まっていたのですぐチェック。
自己採点でもまあ大丈夫と踏んでいましたが、
無事合格することが出来ましたv( ̄Д ̄)v
最低限、と思っていたので一安心。
これでようやく中学卒業レベル、らしいですが(笑)

TVでは「ファンタスティック・フォー」が流れていました。
キャラクタも演じている人も存じ上げませんが、
全身火と化す彼、彼です。
カンナバーロに似ていると思うのは僕だけでしょうか?
本人はもう衰えてしまった感じがしていますが。
って、殆どの人が両方知らないでしょうね~。

明日は土曜日ですが勤務。
映画でも観に行きたいとも思っています。
日、月が休み。
日曜は秋田へ出向いて新しい部屋の契約。
その後実家に帰って月曜日は病院の予定。
地獄の3月に向けて、休む暇がなさそうです。
体調には気を付けないと。
ではでは。

続行宣言。

2010/02/25

今更ながら、ですが。

キャラリストラ断行ということらしく、
かなりの数、お馴染みのキャラクタが消えるとか(←把握してないのか!)
↑こら!カイルも消えるんだろうが!

3の最終盤からなので、
3年と少し付き合ってきた分身ですので、
当然寂しさは感じます。
メガネ以外共通点はありませんでしたが(笑)

ただ、カイルでなければプレイする気にもならない。
というのもまた確かな感情です。
1番の魅力はやはり色々な「人」と対戦出来るということ。
これに尽きます。
ですので、QMA7もプレイし続けることになります。
ただ、ポロスに入れば、というのが前提ですが・・・。

あ、旧キャラの生き残りは使わないでしょう。
なぜか、それは「浮気」であるように感じます(笑)
新キャラ、知りませんけれど、
その中から後継を選びたいと思います。

全然関係ありませんが、
確かにトヨタの対応は遅すぎたのでしょう。
アメリカの議員の方々、
信用するに足りない企業だと本当に思うのなら、
トヨタ車を排除して「安くて安全性抜群のアメリカ車」だけの国を目指されては?
自由の国でしょうから、
選択の自由があるのでしょう?
そんな僕はホンダです(笑)

明日は遊びに行けるかも。
ではでは。



佐々木譲さんの作品を出張中の新幹線と、
今日も足を運んだ病院で読み終えました。

DSC05253.jpg


他殺体が発見され、所轄が捜査に乗り出す。
被害者は警察官であった。
と、間もなく本部捜査官が現れ、所轄は排除される。
間もなく容疑者も限定され、
さらに射殺命令が出される。
容疑者、津久井は所轄刑事、佐伯の戦友とも呼べる人物であり、
その後、警察の不祥事について証言するべく、
百条委員会に召喚されていた。
あまりにも迅速な射殺命令は百条委員会への出席を阻もうとする陰謀なのか?
佐伯らは翌日までという限られた時間の中で真犯人を捜し出し、
津久井を無事委員会へと出席させることが出来るのか?

と、あらすじは映画を観たときの自分の記事からのコピペです(笑)
あらすじ自体は映画も原作通りだったようです。
しかし、今まで「原作を越える映像作品は無い」というスタンスでしたが、
今回は映画の方が好みだったかも。
あらゆる点で原作の方が「あっさり」だった印象。

「何が正義か?」という葛藤。
「うたう」人間への複雑な心境。
この辺りは映画の方が伝わってくるものがあった。
また、限られた時間の中、
上手く行きすぎるかのような極秘捜査・・・。
という点についても映画では仕掛けがしてありましたね。
原作はそういったことはなくて、
「全てが理想の展開で進んだ」という感じ。
佐伯のリーダとしての能力、
という点では万能感を感じることが出来るでしょうけれど。
論理的だったかどうかは別として、
「巨悪」の存在感も映画では大きかったような。

原作を読んでから映画を観ても失望が無い。
僕だったらそうだっただろうなと思いました。
逆で失望したかというとそうでもありませんでしたが。
やっぱり、「あっさり」だったな、
という一点に尽きるな、というところでしょうか。

「警官は共産主義者と労働組合が国民の敵だと徹底的に教育される」
というのには本当に笑ってしまいました。
なるほどなぁ、と思える事件が身近といえば身近であったものですから。
本当だとしたら、単純極まりないなと思いますね。

既に隣のレオパレスの部屋の確保に動き始めました。
まともにアパートに住むのは初めてになりますので、
結構緊張してたりしますが。
3月最終週に2部屋同時契約状態にしてゆっくり引っ越し。
4月で切り替え、という流れで考えています。
ただでさえ忙しい年度末が本当に忙しくなりそうです。
頑張っていきましょう。
ではでは。


DSC05251.jpg

週末はずっと病院に詰めていたわけですが、
特にやることがあるわけでもなく、
空き時間は読書をしていました。

龍神の雨」に続き、
道尾秀介さんの作品を読むのは2冊目。

犬猫が手足を折られ、
口に石鹸を詰め込まれた姿で発見されるという無残な事件が相次ぐ街。
ミチオは夏休みの資料を届けるように言われ、
級友の家を訪れる。
そこで彼を待っていたのは、
首を吊って死んでいる級友の姿だった・・・。
しかし、その後級友の死体は姿を消し、
級友の生まれ変わりという蜘蛛がミチオの前に姿を現す。
彼は言う、「僕は殺されたんだ」と。
彼の死体は何処に、何故・・・。
少年の一夏の物語。

ってな感じでしょうか。
犬猫の事件と言い、
○に包まれるラストと言い「神様ゲーム」との類似点もあるかな、と。
前回は「視点」ということから「探偵役」というものの立ち位置について書いたような。
「視点」がなぜ重要になるか、
というと視点人物の「主観」に影響を受けざるを得ないからです。
読者が、ということですが。
個人を視点としない所謂「神の視点」で、
「そこにあるのは花だ」とあった場合、
これはそのまま事実となります。
提示された事実はそのまま推理の材料として利用できます。
推理する気があれば、ですが。
しかし、一人称で「そこにあるのは花だ」とあった場合、
「あると思い込んでいる」、
「花だと思い込んでいる」、
といったことまで可能性として持つ必要が生じてきます。
ですから、そのまま推理の材料として利用できるかどうか?
といったことから考えないとなりません。
これを利用した推理小説はそれこそ山のようにあるでしょう。

さて、この作品ではどうだろう?って思ったのです。
「生まれ変わり」を「事実」として扱っていることで、
非常に変わった雰囲気を持っている本作。
それ自体が伏線の一つでもあるように思いますが、
読み終えてある可能性にも思い至りました。

○○が生まれ変わった○○も、
○○が生まれ変わった○○○も、
○○○○○○○が生まれ変わった○○○も、
全てが全て、
ミチオの○○ではなかったのか、と。
母親が○○を○○として愛し続けた様に・・・。
そう考えないと、世の中とんでもないことでしょう(笑)

ま、そうでなかったとしても、
全編に渡って暗く陰鬱とした物語でした。
葉桜の季節に君を想うということ」のような、
そういったイメージを吹き飛ばすような反転があれば良かったのでしょうけれど、
僕にはそうは感じられませんでした。
「面白くない」ということではなくて、
鬱々としている時に読んでしまうときついかも。
似たような作品といっても思いつきませんし、
ミステリ好きで未読の方は試して見るのも良いかも。
というくらいにしておきましょう。

バレンタインの戦果は僅かお一方から。
いつも通り、友人の嫁です(笑)

DSC05252.jpg

ショコラブルワリー」というビールみたい。
チョコの風味でもするのでしょうか?
誰かから貰うことがあったら、
お返しに面白いかも、
とチェックしていたものを逆に頂いてしまいました(笑)
どんなのか楽しみに飲みたいと思います。

明日から2日間鶴見への出張。
強行日程なので、次の更新は水曜日になると思います。
また、しばらくはポロスへは行けないかも。
ではでは。



予定通り秋田への出張。
戻ってから時間がありましたので、
まずは気合を入れてこちらを読みました。

DSC05250_20100218205327.jpg

久保ミツロウさん、「モテキ」第3巻。
購入してから随分時間が経ってしまいますが。
1、2巻を絶賛していながら今更ですが、
面白い、ハマる、そういう風に確信できるものを遠ざける癖がたまにあります。
今回まさにそんな感じでしたが、
勇気を振り絞って(笑)

「私だって自信ないんだよ。はっきり言わなきゃ気付かないの?」
って、帯にもありますが、
表示の女性の内面のセリフだったかと。
角度が悪かったのかちょっときつめに写ってますが、
本当にキレイな方だと思います。
そんな人の内面のセリフと言われても、
「何をアホなことを」って思ってしまう。
その辺がもう本当に自分の駄目なところだろうと。
見た目がどうであろうと普通にあることなのでしょうけれど。
ネガティブ人間だとそういう当たり前のことに目を向けられなかったり。
20年前にこの作品に出会えていたらなぁ(笑)

ネガティブ人間の暗い面をしっかりと描いているし、
一見爽やかな決断をしたような場面も、
別の人間の視点でその裏を描いてしまう。
その辺りが面白いです。

こんな面白い漫画があと1巻で終わるってどういう世の中なのでしょうか。
残念です。
ま、惰性で続いている(続けさせられている)よりは遙かにまともでしょうけれど。

あるエピソードのタイトルが「ネイティブダンサー」でしたが、
これはサカナクションでしょうか?

主人公、微妙にASIAN KUNG-FU GENERATIONのゴッチっぽいような気も(笑)

ラストも楽しみに待ちたいと思います。

DSC05249.jpg

QMADS2はこの通りようやく臨戦態勢に。
がしがし投げていきます!

去年4月に引っ越してきた現在のアパートですが、
遅くても6月までには出なければいけないようです(つд∩) ウエーン
会社が一括して借り上げているアパートで、
今年の誕生日で「独身寮対象年齢」を越えてしまうために追い出されます(笑)
近くで見付かると良いのですが。

明日は勤務後に祖母の見舞いに。
そのまま実家に帰ります。
更新は何事も無ければ日曜日の夜になるでしょう。
ではでは。


本日は非番明け。
昨晩は寒い中現場でしたのできつかったです。
カイロも複数使いましたが足りませんでした(笑)
会社支給の防寒具だけでは明らかに不足で、
いろいろ工夫して頑張ってるんですけれど。
「会社」は「現場主義」なんて言いますが、
寒いところには決して来ませんね~。
飲みには来るんですけれどね~。
なんて愚痴も言いたくなったりしますね。

ポロスで少し遊ぶ。
やはり予習3周が逆にきつくて今日も少しなのでした。
トナメを5クレ。
平均は8位、優勝が2回(フェニ)
ドラ→フェニ→ドラ。

D【0-0-0-0#0-2】
P【2-0-0-0#1-0】
区間賞 社ラン理タイスポセレ芸ラン・ノンタイ

ドラからは2クレで落下。
予選は前後半どちらかに得意ジャンルが無いと全く勝負になりませんね。

サッカーはがっかりの6問中5問の正解。
トータルは2113/2265、正解率は93.28%。

特に何も無い、という日でしたね。

一応、一枚。

DSC05247.jpg

画像の通りで正解。
単独正解でした。
以前からある問題でそれほど難しくはないと思います。
キャプテン翼芸人」で、
カール・ハインツ・シュナイダー」のモデルと言われていましたね~。
名前は確かにそのまんま、
カール・ハインツ・ルンメニゲ」ですが。

今日も何となく書店へ。
何とな~くで、見付けてしまいました。

DSC05248.jpg

ユリイカ」という雑誌の臨時増刊とか。
特に興味も無く、知らない雑誌ではありますが、
中村佑介さんの特集号でしたので即購入を決断しました。
こういう発見があるのが良いなって思うのです。

Amazonのメールで初めて気付くという情けなさですが、
3月にサカナクションのニューアルバム、
kikUUiki」が発売のようです。
これまた嬉しいニュースでした。
仙台ライブの丁度1ヶ月程度前の発売でしょうか。
しっかりと聴き込んでライブに臨みたいと思います。

懸念していた方面の状況が悪化したと連絡がありました。
突然数日更新出来なくなるかもしれません。
改めて。
足を運んでくれている方々がおられますからね。

明日は1日秋田へ出張。
遊びには出ません。
ではでは。
勤務後にポロスへ。
2クレ目、トナメの最中にトラブル対応の呼び出しが、
電話応対に追われて集中力を欠いて(言い訳)、
準決勝、スポマルで落ちてしまったのが悔やまれます。
こういう風に、いつどこでが分からない状況が本当に辛いです。
上の人はこういうの本当に分かっているのでしょうか?
まあ、重大な自体が生じれば上の方も同じでしょうし、
辛い部分は当然あるのでしょうけれど。

中断されたために2クレで終了。
平均は5位、優勝は無し。
ドラステイ。
魔力ポイント3319→3305。

D【0-0-1-0#1-0】
区間賞 ライラン

2クレ目はCOM5匹混ざってましたね・・・。

サッカーは3問をしっかり。
トータルは2108/2259、正解率は93.31%。

区間賞の原動力を2枚。

DSC05245.jpg

紹介済みのような気もしますが、
画像の通りで正解。
伝説のバカミスではないでしょうか。
事件現場で「ガッツ石松」と聞こえたから、
事務所の関係者が犯人に違いないと推理を進めたら、
それはトラックがバックするときに流れる、
「バックします」で全然関係無かった、とか(笑)
バカもここまで来ると立派。
楽しんで読んだように記憶しています。
大御所から散々に叩かれたというのもまあ分かりますが。

DSC05244.jpg

森博嗣作品線結び。
目を瞑ってでも、は嘘でも本当に萌え問です。
ミス検の問題はかなり忘れてしまっていますが、
今回スポーツの次にライフスタイルが良いのは、
全て小説関連の問題のお陰でしょう。

買い物はこちら。

DSC05246.jpg

去年から大判の手帳を使い始めています。
それなりに吟味したものでしたが、
後で、前の職場の上司と同じであったことに気付きました。
印象に残っていたのかもしれません。
新年度版を購入して参りました。

小説は佐々木譲さん、「笑う警官
映画が良かったのでいよいよ原作も購入しました。
映画→原作の流れでつまらなく感じることはまず無いし、
後で楽しみに読みたいと思います。

明日は夜勤。
更新は休むでしょう。
ではでは。
DSC05243.jpg

麻耶雄嵩さんの作品を読了。
刊行からは時間が経っているはずですが、
「凄い」という噂だけで読んではおりませんでした。
氏の作品は殆ど全て読んでおりますし、
いつかは、と思っていたのをついに、でした。

字も大きく、ふりがなもしっかり。
ページあたりの文字量も少なく、まさに子供向けという感じ。
でも、はっきりとそうなのではなく、
そういった作りにすることで「子供でも手に取りやすく」したという方がしっくりくる。
つい最近も書いたように、
「子供には難しい」という考え方は違っていると思う。
しかし、一般に売られているものって基本的に、
子供がどんどん手を伸ばせるような感じには作られていない。
その辺に考慮した、という感じかと。

このシリーズ、「ミステリーランド」の作品は3冊目。
今回が1番、「このシリーズでこれをやるか!」とビックリでした。

芳雄は10才の誕生日を迎えた小学生。
最近彼の住む町では猫が惨殺される事件が相次いでいた。
思いを寄せる女の子が可愛がっていた猫も被害にあったこともあり、
彼は自身が所属する「探偵団」とともに犯人を捜す。
「神様」の助言から有力容疑者を警察に連絡するに至るが、
彼らの秘密基地で親友の死体を発見し・・・。

と、というお話。
2人目の死亡シーンなんてもう大人の僕でもショック。
トラウマになってしまう子がいたって不思議じゃないかも。
原因がまた凄い、なんと言っても「天誅」ですからね・・・。

ミステリーでの視点、立場が非常に重要。
ある意味では本当に自由度の無いジャンルと言えます。
そんな中で、「探偵役」っていうのがやはり、不思議かも。
それらしい演出をしたりすることはあっても、
誰も「探偵役」を心の底から疑ったりしない。
事件のど真ん中に存在しながら、
同時に事件の外側にいる、という。
そんな「探偵役」の有り様に対してのアンチテーゼというか皮肉というか、
例えば、
ワトソン視点で探偵役と共に事件の解明にあたり、
探偵役が自信満々に名指しした犯人はワトソンだった、とか(笑)
これはそいつが犯人であり、
ワトソン役を罠にかけようとした、という作品でした。
またある作品では、
視点人物が終盤あっさり死に、
「君、最初から脇役だよ。主役のつもりだった?」
なんて言われてしまうという作品もありました。
探偵自身が特別な立ち位置に疑問を持ち悩む、
そんな探偵もいたように思います。

さて、長々と書いてきましたが、
この作品には一つの答えがあると言えるかも。
主人公ではありませんが、
特権的な立場にあることを誰にも糾弾されない究極の存在が。
そう、あらすじにも書きましたが、「神様」です。
鈴木という名前で作中に登場しております。はい。
いや、冗談にしか思えませんが、
取り敢えず、作中でそれを完全に否定することは出来ません。
ああいった展開になるのでは尚更。
この辺りは読んでいただくのが良いかと思います。

ラストがとにかく衝撃的です。
芳雄の推理に十分頷けたのですが、それがまさか・・・。
講演会か何かで作者本人が、
天誅を受けた者=犯人と断言したそうですから、
「あの人」が犯人だったのでしょう。
裏にあったであろう「行為」を考えると、
芳雄が想像した犯人よりさらに暗澹たる気持ちになりますが・・・。
でも僕はプラスαの「共犯者」がいたのでは?
とも思っています。
「あの人」の痕跡が秘密基地から見付かっているハズで、
それについては説明が付かない、と思えるので。
外箱にシールが貼ってあって、
(写真参照)
「まさに神わざ。」って書いてますね。
本当に、いろいろな意味でその通りの作品だったと思います。

小さな子供に読ませてみようという奇特な方がおられましたら、
自分で読んでからどうするか判断するのが良いかも。
ま、子供は子供なりにしっかりと考えて読むでしょうけれど。
問題作であり、傑作だったと思います。良かった。

明日からの一週間では夜勤が1回。
週末は実家に帰り、祖母の見舞いにも足を運ぶでしょう。
また、露天にも入りたいな、という風にも。
ではでは。
QMADS2はやっとドラゴンに到達。
即、初の1回戦落ちと相成りました・・・。
ゲーセンでもDSでも実力通りにしかならないということでしょう。
いつも通り、まずは賢者になって、
早くサッカーを投げられるようになりたい。
なんといっても、「けまりひとすじ校」の生徒ですから(笑)
相も変わらず、カイルで、「HINA」でプレイしております。

ポロスへは少しだけ。
最近、WCCFがあろうことかカードの在庫切れという状況に。
いい加減入荷しているかなと覗きに行ったのですが、
それは大丈夫だった模様。
でも、カード無しでは他の方も頻繁には遊んでいなかったのか、
今日は結構埋まっている状態でしたので、スルーしました。

QMAを少しだけ。
トナメを5クレ。
平均は6位、優勝が1回。
ドラステイ。
魔力ポイント3130→3319。

D【1-0-0-0#4-0】

久しぶりに知っている方とマッチが。

DSC05242.jpg

名前が切れてしまっていますが(;・∀・)
愛知のレンさんと1戦。
形式に恵まれず、呼びかけられませんでした。
白金十段ということで宝石目指してラストスパートなのでしょう。
全国大会はもうありませんげ、
魔力が高い方ですし、きっと大丈夫だろうと思います。
頑張って下さいね。

ポロス、最近は予習2周でしたが、平日3周とか。
って、今日も3周でしたが・・・。
飛ばせないのがやっぱりきついなって思います。
☆埋めに全力を挙げる稼働前半ならいざ知らず、
まじめに勉強しない人なので(笑)、1周で十分と感じます。
7では形はどうあれ、復活して欲しいのですが・・・。

でも、やっぱりアーケードは良いですね。
両手使えるし、レスポンスが良い。
DSと比べて、ということですけれど。
前作と比べても遊びやすいので、
DSだけで良いんじゃ、なんて考えちゃったりしましたが、
やっぱり本家本元が一番だと思います。
入荷無しだとどうにもなりませんが・・・。

サッカーは3問をしっかり。
トータルは2105/2256、正解率は93.30%。

明日は勤務。
最近書店を覗いてないので、足をはこんでみるかも。
ではでは。
この映画における最大の謎は、
「あれ?主人公、いつ交渉した?」でしょうか(笑)
タイトルから文字通りの頭脳戦を想像していましたが、
どうもそんな感じではありませんでした。
ドラマからそうだったのでしょうか?
実はドラマは一話も見ておりませんで、
ついでに米倉涼子さんにも特に興味が無かったり・・・。
よく観に行ったな、自分。

人質を取った立て籠もりから始まり、
あっさりと逮捕、
ハイジャック、
逮捕された男の釈放を要求・・・。
と、物語は目まぐるしい展開を見せます。
騙し騙され(主人公側は騙されっぱなし?)の展開は、
ミステリが好きな僕にとっては好ましいものでした。

黒幕、どう考えても、
「動いたからこそ、失敗した」ように思えました。
でも、不遜な考え方かとは思いますが、
「ママ、お小遣いヽ(´ー` )ノオクレヨン 」よりは、
あんな人間の方が○○○としての成功も収めるような気が・・・。

反町隆史さん。
これまた特に興味の無い方ではありましたが(笑)、
明らかに若い頃よりカッコ良いなぁって、素直に思えました。
体も締まっていましたね。

筧利夫さん、この方も大好きです。
通常時のテンションは異常としか思えませんが(笑)、
やはり抑えた役がはまっていると感じます。
踊る大捜査線」もそうでしたけれど。
「踊る・・・」と言えば、
我らが柳葉敏郎さんもしっかりとおいしい役所だったのでは。

刑務所?のあの兄ちゃんは、
レクター博士」的な位置づけなのでしょうか?
これまたドラマを知らないので想像するしかありませんが。

メッセージというかテーマというか、
もちょっと、重く、もちょっと強く描いても良かったかとはちょっと思う。
でも、そうだと結局は越えられない壁にぶつかる訳で、
だったら、という考え方だったのかも。
だからこその「飛行機、ハイジャック」だったのかもしれませんね。

普通に良かったです。
明日は1日だけの休み。
遊ぶ、気になるでしょうか?
ではでは。
800ページ弱、全て読み終えました。

考えてみると、
そもそも「番町皿屋敷」の元ネタを知らないんですよね・・・。
井戸から化けて出て、
皿を哀しげに数え、
十枚数えきることは決してない・・・。
とか、それくらいしか知らなかったり。

四谷怪談も同じくらいの知識しかありませんでしたが、
「伊右衛門=悪党」、「お岩さん=伊右衛門をひたすら怨む幽霊」。
こういったイメージが強かった(映画なんかの刷り込み?)。
なので、「おお、こんな風に描けるなんて!」、
という驚きと感動が「嗤う伊右衛門」にはありました。

しかし、今回はそういった心の動きが(自分の)あまりなくて、
正直( ゚Д゚)ポカーンとしてしまっています。
「分からない」という一言が全てであるようにも。
主要人物数人の視点で描かれる物語ですが、
青山播磨→何がやりたいのか、何がやりたくないのか、とにかく不明。
菊→善人、なのだろうなぁ、とは思うのですが・・・。
三平→・・・。
吉羅→単なる意地、単なる嫉妬なのでは?
遠山主膳→全然違うのでしょうけれど、
     TVで見るような顔モザイクの犯罪行為何が悪い人間に思えて・・・。
十太夫→正直、この人が一番分かり易い。
    全ての行動の目的が「褒められたい」という欲に由来するという・・・。
とにかく大勢の人が死にますが、
誰が誰をどうしたのやらさっぱり分からず。
僕には想像することも出来ません。
定期的に他の方の書評なんかをチェックして、
どういった読み方があるものやら、
勉強させて貰いたいなと、思っております。
ここまでもやもやしたままの読書も中々無いなぁって本当に思います。

何故か今回強く思ったのが、複数視点の面白さでしょうか。
同じ人物でも、
ある人物から見れば「忠臣」
別の人物からは「末成り」
また別の人物からは「立派なお侍」
上にも書いた、十太夫さんですが。
「Aさん」という人間がいて、
その人を知っている人が10人いたら、
「Aさんが10人存在する」と思っても良いのかも。
10人それぞれが考える「Aさん像」って違っていて当たり前でしょうから。
「事件」もまた然り、なのだろうなぁとかぼんやりと考えたのでした。

明日は勤務。
また映画に足を運ぶかも。
取り敢えず、QMADS2に触ってみましょう。
ではでは。
今日は連日の秋田への出張。
パパッと済ませて大曲へとんぼ返り。
勤務後も少し組合関係の集まりがあって遅くなりました。

真っ直ぐ映画に向かいました。
予定通り、「ゴールデンスランバー」を鑑賞。
仙台が舞台ということで、
知っている景色もちらほらと見られました。

主人公青柳は大学時代の友人に釣りに行くと呼び出される。
しかし、それは嘘であり、
目的は青柳をある時間まである場所に留め置く事だった。
友人は言う、
「お前、オズワルドにされるぞ」
程なく、総理大臣が爆死。
青柳を逃がした友人も同じく爆死を遂げる。
青柳の逃亡劇が幕を開けた・・・。

という感じでしょうか。

原作を読んでいないのですが、
それでも(当たり前ですが)端折りまくってるんだろうな、とは感じる。
警察の初期の挙動、不審極まりなかったような(笑)
運送屋の同僚の行動とか、
全く意味不明だったようにも。
こういう逃亡劇って後半には何らかの○○が為され、
それなりに胸のすく場面が訪れるのが定番かと思いますが、
ちょっと趣の違う感じでしたね。
そのお陰で、一杯「無駄死に」があったようにも・・・。
フィクションの中でくらい、
といつも考えてしまう方なので、もやもやが残ってしまったかも。
ラストの逃亡撃は中々「見られる」ものでしたし、
随所にしっかりと洒落も効いていたと思いますが。
「いろいろあったけど、それでも生きていく」
そういった姿を描きたかったと言われると、まあ、ありかもしれませんが。

この作品に限りませんが、
「バカをやっていた大学時代」とか描かれると、
ちょっと羨ましさを感じてしまって気分が落ちたりします(笑)
中学校2年くらいでもう勉強には付いていけなくなった人です。
高校は言わずもがな。
そんな自分だったので、「大学」という「それ以上」を目指そう、
また、目指して実現した人達というのは無条件で尊敬できるというのが基本姿勢。
でした(笑)つい最近まで。
大卒の後輩というのも一杯入ってくるわけですが、
「なるほど!流石!」と自分の認識の正しさを感じるのと同じくらい、
「え・・・?こ、この程度・・・?」と(失礼ながら)思う機会も多い。
そう思ってしまうと、
「高み」だと考え諦めてしまった場が実は・・・、
という風にも思えてきてしまったのでした。
無意味な思い込みをしてしまったな、と後悔したり。
やっぱり、やらずに諦めると碌な事無いなって、
当たり前過ぎることを確認してしまうのでした。
って、映画には一切関係がありませんが。

映画で一番感動したのは、
「殺害犯、青柳」の父親が取材される場面。
マイクを向け、質問するレポータに一言。
「お前、名前を名乗れ」
これ以上の正論があるでしょうか。
「親の責任」について追求したりするのですが、
30にもなった人間の行動について(冤罪ですが)、
親の責任を問うって、人をバカにしているにも程がある。
なるほど、レポータは何かやっても、
「責任は親にありまーす」と逃げるのかもしれませんが(笑)
名乗ることを決してせず、
「世間」だとか「視聴者」だとか「国民」だとか。
勝手にそれら「幻想」の代弁者を名乗り、
言いたい放題言いたいことを言う。
「責任」を取る気の無い人間達が、人の「責任」を問う。
リアルに2chやっているだけのような気がしますが・・・。
「雅春(主人公)、ちゃちゃっと逃げろ!」
映画における最高の場面であったと、思います。
見所は?って聞かれたら、間違い無く、この場面。一押しです(笑)

今週はもう1回映画館に足を運ぶかも。
ではでは。
今日は秋田へ出張でした。
午前中は打合せ。
午後からは発表会の聴講。
はい、うちの部下の発表が1番だったと思います(笑)

終わってからはそのまま軽く飲みに。
発表したために喉が渇いたそうで(笑)
初めて飲む人も数名おりました。
このぐらいの歳になると、
見たこともない(そんなはずは無いのですが)社員がいたり、
会社に入ってきた順番が不明瞭だったりしてきますね。
特に、社会人採用が増えて、
年齢がバラバラになってきているので壊滅的です。
新入社員が年上、とかありますしね。
まあ、無難な飲み会で済ませた、と思います。

明日は急遽出張。
明後日が休みのはずなので、
戻ってから映画に足を伸ばせたらって思っています。
ではでは。
熱くなりますね、QMA。
こういう風に思えるなら、まだまだやれるなって。

朝からポロスへ。
レッスンを10クレ、S×10。
こちらはもう限界だと思えます。
トナメも10クレ。
平均は4~5位、優勝が1回(ドラ)
ドラステイ。
魔力ポイント2933→3130。

D【1-1-4-0#4-0】
区間賞 芸タイアニラン文セレ、ノンマル・ライタイスポタイ

僕の成績が比較的良いことからも、
人が少なかったことは想像出来るでしょう。
2~3勝出来るかもなんて思いましたが、甘かった。
やはり、圧倒的に総合力が足りない感じ。
QMA7では・・・、なんてはやりません(笑)
今と同じ感じで遊ぶと思います。

サッカーは18問中17問の正解。
トータルは2102/2253、正解率は93.29%。

DSC05241.jpg

初見の問題を1枚。
分かりませんでした。
正解は「J・アンクラス」だそうです。

QMAの最中、会社の携帯がブルブル。
休みの所に電話とは大事か?
と、慌てて確認すると、ショートメールが。
「プライベートで合いたいです」←原文のまま。
今時ショートメールで尚かつ文章が間違っている。
それ以前に出す相手も確実に間違っています(笑)
どこのどなたか存じませんが、
しっかりして下さいよ本当に。
あれ?会社の携帯は前任者からの引き継ぎ・・・。
不倫?なーんてね(笑)

今週は祝日があって変則。
11日と、13日土曜日が休みとなります。
映画には今度こそ行きたい。
ポロスにも普通に行くでしょう。
あ、QMADS2も発売ですね。楽しみです。
ではでは。
お休みの本日。
天候は少しは回復したのでは、という1日。
漢字検定受検のため、秋田へ。

試験前の時間、ほんの少しラウンドワンへ。
久しぶりでしたが、
ようやくQMAを見付けて愕然。
前はまだ6台あったと記憶していますが、
今は4台になってしまってました。
最盛期の半分になってしまいましたね。
いろいろと心配になるところではあります。
設定は変わらず200円3クレの好設定。
レッスンを2クレ、S×2。
トナメを4クレ。
平均は2位、優勝が3回(ドラ×2、フェニ(アイス))
フェニ→ドラ。
魔力ポイント2872→2933。

P【1-0-0-0#0-0】
D【2-0-0-0#1-0】
区間賞 ノンセレ、ライタイ芸マル社セレ

人も少なめでしたが好調。
特に最後は7人のみではありましたが、
グランドスラム&決勝でのサッカーが3問全て単独正解。
まさに会心の勝利。
これでいつも通り数多の敗戦を忘れてしまうのでした。
断言しますが、
こういう人間は完璧にギャンブルの鴨です(笑)

サッカーは9問をしっかり。
トータルは2094/2244、正解率は93.31%。

何枚か。

DSC05239.jpg

画像の通りで正解。
一つ目のヒントで判断可能なはず。
インテルでプレー」で他の3人を消去出来ますので。

DSC05240.jpg

タイムリーな問題。
人が少なかったこともあってかこれが単独正解。
画像の通りです。
半分程度、300ページを読み終えました。
不穏な空気が漂い出した感じが。
どこかに「救い」があれば良いなと心から。

午後からは漢字検定準2級を受験。
難しかった(笑)
小学生ぐらいの子が今回も数名。
初めは、こっちが恥ずかしいなんて思ってしまいましたが、
それって思い上がりかも、と考え直しています。
大人=知っている、出来る、なんてことはないでしょう。
明らかにお爺さん、お婆さんという方もおられました。
あのようにいくつになっても「学ぶ」姿勢を見せることが大事かと。
それだけで部下や、子どもに対しての「教育」になる気がします。
どうにか合格は出来たと思いますが・・・。
2級はちょっとかなりきつかったので、
どうしようかはこれから考えます(笑)
丁度僕が受験した回の会場の様子が明日の新聞に載るようです。
頑張っている子供達を写したものになるかと思いますが。

明日も休み。
掃除、ポロス、といつも通りでしょう。
ではでは。

真保裕一さんの小説でも、
織田裕二さんの映画でもありません。

まさかまさか、今日も一日トラブル対応に追われていました。
終えたのは20時半も過ぎた頃。
映画の上映開始時間も過ぎ、予定総崩れとなりました。
トラブルは全て雪絡みのものでしたが、
それよりも移動の車がとにかく怖かった。
まさに「ホワイトアウト」。
「白」以外何も見えないという状況。
前に他の車がいていくれると随分助かるのですが、
それ以外は本当に信号機の色も見えなかったり(笑)
無事に済んで良かったって本当に思います。

勤務後は意地でポロスへ。
トナメを5クレ。
平均は6位、優勝が1回(フェニ)
ドラ→フェニ。
魔力ポイント3005→2872。

D【0-0-0-0#1-0】
P【1-1-0-0#1-1】
区間賞 ライタイアニセレ

フェニでのクレ目に13位と沈没したためにストレート復帰ならず。
5クレ目も同武器の方に阻まれ優勝出来ず。
何が嫌いって「社会」が1番嫌いになったかも・・・。

サッカーは9問をしっかり。
トータルは2085/2235、正解率は93.28%。
最後は踏ん張りたい。

明日は秋田で漢字検定準2級を受験。
微妙に緊張してたり(笑)
頑張ってきます。
余った時間をどうするかは明日考えます。
ではでは。
非番の本日は、結局一日中寝ていました。
1度買い物に出ましたが、
雪が酷いですね~。
「暖冬」じゃなかったんですか?

昨日は22時からの夜勤だったのですが、
19時頃にトラブルの呼び出し。
トラブルに対応してそのまま勤務に突入しました。
気温がマイナス8度と表示されていましたが本当だったのでしょうか。
何れ、寒い中で現場仕事をこなしつつ、
予定通りの勤務もこなし本当に疲れました。
今月は後1回。
来月は分かっているだけで4回の夜勤となります。
体調に気を付けつつどうにかこなしていきたいところ。

明日も勤務。
勤務後は映画の予定。
ゴールデンスランバー」にしようかと。
「黄金の微睡み」っていう感じの意味になるとか。
伊坂幸太郎さんが原作の作品。
小説の方は合わなくて1冊しか読んでいませんが、
映画は別物になるだろうし、と観ることにしました。
堺雅人さんが主演というのも大きい。
時間前に少しはポロスへも足を運びたいです。
ではでは。
なんだかんだで今日もトラブル対応がメインの1日でした。
もさもさと雪が降り積もっていますね~。
非常に軽い雪なので(乾いている?)、
寄せる分には簡単なのですが、
見た目には滅茶苦茶積もっているように見えます。
つい数日前には道路が完全に見えていたのに・・・。
まだ、辛い冬が続きそうです。

勤務後にはポロスへ。
QMAを10クレ。
レッスンを5クレ、S×5。何も無し。
トナメを5クレ。
平均は9位、優勝が1回(ドラ)
ドラステイ。
魔力ポイント2992→3005。

D【1-0-0-0#2-2】

優勝は1ミスだけの快勝。
サッカー2セットということが大きいですが、
たった1問のミスが自分の武器だったのでがっかり・・・。
5クレで1勝なら、僕には出来すぎですが。
この時は途中までもとよさんと一緒。
QMA6でも全くペースが落ちていないのでは?
穴も以前よりも遙かに埋まってきているように感じます。
見習・・・う時間も気力も捻り出せそうにありません。
現状維持で何とか頑張ります。
最後が僅か17点の最下位で、次でフェニ落ちが濃厚ですが(笑)

サッカーは6問中5問の正解。
トータルは2076/2226、正解率は93.24%。

何枚か。

DSC05234.jpg

知りません。こういうのは駄目です。
正解は「16チーム」でしょうか?
1部、2部総合だとそうだと思いますが。

DSC05237.jpg

今日の単独正解問題。
「オウゼエルル」と自分では覚えています。
画像の通りで正解。

DSC05238.jpg

初見の問題で全く分からず。
正解は「メイア・ルア」というみたい。
ドリブルで「裏街道」と言えば、
どういうプレイかは想像出来ますね。

今日は久々にWCCFも少し。
タイトルホルダーズカップ?というカップ戦を制す。
しかし、
1-1、1-0、1-0、1-0という決定力の無さが悲しい。
明らかにチームとして機能していない。
またちょっと熱が冷めつつあるなって自分でも感じます。
財布的には今ぐらいの感じが丁度良いですが(笑)

最近、元レベッカNOKKOさんが歌っているのを見る。
MOON」の「先輩・・・」という声を思い出すのはやはり中年以上でしょうか。
最近のCDからは消してあるようですね。
明るい曲ならそうでもなかったのでしょうけれど、
出だしから「ドロドロドロドロ♪」みたいな曲でしたからね(笑)

明日が夜勤。
更新は休むと思います。
ではでは。

今日は朝からトラブルの電話。
こちらは簡単と判断して若い者に任せる(笑)
が、日中から夜まで別の更に複数のトラブル対応で終えてしまいました。
残業まで直通だったこともあり、遊びには出ず。
休める良い機会だ、と考えることに。
老い先短いし、無理は禁物かと。

サッカー日本代表の試合を少し。
いつも通りと言えばいつも通りの展開だったのでは。
ようやくか、という小笠原の登場は嬉しく感じました。
多分、本番では使われないと思いますが・・・。
もう監督の頭の中には決まったメンバがいますよね、多分。
90分間辛抱しまくって相手のミスに賭ける。
こんな胃の痛むような試合を1大会の間中続けてようやく届くのでは?
ベスト4。
どれだけ考えても、
監督の(|| ゚Д゚)トラウマーにしか思えないのですよね~。

しかし、ユベントスが酷い状況ですね。
リーグ戦の連敗もそうですが、
古い話で、ホームでバイエルンに1ー4?
ボコボコに蹴散らされてチャンピオンズリーグから消えたのが衝撃的でした。
あのチームはリーグ戦で優勝出来ていない時でも、
欧州の舞台では勝負強さ、しぶとさを存分に発揮していたように思います。
名前通りの「銀河系軍団」だった、
レアル・マドリードをA1-2、H3ー1と制したときは本当に感動したものでした。
かなりの回数進出しているはずの決勝では、
殆ど負けているはずなので、
1番大事な所では勝負弱かったようにも思いますが(笑)
スキャンダルでセリエBに落ちても即復活。
すぐに上位に食い込んではいたのですけれどね。
「魂」とも言えるデル・ピエロは近年も老いて益々盛ん。
存在感を示していたかと思いますが、
「次」がいない、取ってくることも出来ない。
プラティニバッジョデル・ピエロ
世界的と言える華麗な「10番」の系譜が途絶えるのかと思うと本当に寂しい。
巨人が弱いと野球はつまらない」ではありませんが、
ユベントスがこのまま転がり落ちていくとすると、
セリエAはいよいよ暗黒のただ中に突入していきそうで・・・。
インテルは「勝負弱い多国籍軍」で、
「イタリアを代表するチーム」とは言えないと僕は感じていますし。
なんとか頑張って欲しいものです。リーグも、チームも、ですが。

Yahoo!のニューストピックに「秋田新幹線」の文字が。
新型の「E6系」のニュースだったでしょうか。
はい、知りませんでした(笑)
別分野と言えば別分野ですけれど。
現行の「E3系」デビューをリアルタイムで見たことは良い思い出。
「撮り鉄」っているんでしょうか?
線路に乗りだして撮影しようとするような人が出てこなければ良いのですが。
誰のためにも、気を付けて欲しいものです。

明日も勤務。
余裕と気力があれば遊びには出たいかも。
ではでは。
今日は午後から出張。
久しぶりの方々と軽めに飲みました。
で、行ったお店で久々の再会が。
ゆずかさんとお会いすることが出来ました。
元気そうで何よりでした。
飲みの方はちょっと、
「ああ、俺って不満溜め込んでしまっているな」と・・・。
色々と反省しなければと思います。

特に興味はありませんが、
良く目にするニュースで気になったことが少し。
実は無かったとか訳分からないことになっている気もしますが、
朝青龍さんでございます。

はっきりと、

酒のせいで」と言っていました。

なぜマスコミはここに突っ込まないのか本当に不思議。
悪いのは酒であって俺じゃない、
そういう風にしか僕は受け取れないのですが・・・。
飲んで嫌なことを考えずにいたい、
(飲んでる間だけのことでしかありませんが)
そう思うことは僕でもありますが、
どれだけ酒を飲もうと言ったこともやったことも責任はある。
それが当たり前のことだと思っております。
それが出来ない人ばかりであるのなら、
次に「禁○」の対象に選ばれるのはお酒ではないでしょうか。
横綱の品格云々以前の問題ではないかと考えてしまいます。
ま、どうでも良いですが(笑)

今日はバトンも。
Apple絡みで見付けましたので。
明日は遊びに出るかも。
ではでは。

バトン

Q1 種類と色、容量は?
A1 クラシックの白。80GBだったはず。
Q2 ケースは何使ってる?
A2 シリコンのケースを使っています。
Q3 全部で何曲入ってる?
A3 1807曲。
Q4 購入した曲数は?
A4 35曲。
Q5 「トップ25」の上位5曲は何?
A5 「Ame(B)」、「ネイティブダンサー」、「三日月サンセット」、「Everything Must Go」「ブルートレイン」
Q6 「曲をシャッフル」して出た曲は?
A6 「ナイトフィッシングイズグッド」
Q7 曲の多いアーティスト上位5人は? (曲数も)
A7 面倒なので適当に(笑)順不同で、ASIAN KUNG-FU GENERATION、サカナクション、ケツメイシ、椎名林檎、菅野よう子
Q8 「最近再生した項目」初めに画面に出てきた5曲は?
A8 「セントレイ」、「ネイティブダンサー」、「三日月サンセット」、「アフターダーク」、「涙がキラリ☆」
Q9 「最近追加した曲」初めに画面に出てきた5曲は?
A9 ???出てきません???
Q10 My ipodに一言
A10 お前無しにはいられないよ(笑)
Q11 次に回す人
A11 いつも通り、どなたでも。いらっしゃいましたら。
プロフィール

HINAた

Author:HINAた
某鉄道会社勤務。
読書・QMA・映画が好き。

QMA3後半~QMA6まで、
HINA@カイルでプレイしてました。
twitterは、@hina0513です。

twitter
    follow me on Twitter
    新世紀のラブソング
    ソラニン
    ブクログ
    フリーエリア
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    FC2カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。