上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
落ち着いた所で本日の成績。

トナメを32クレ(カンスト11)。
平均は6位~7位、優勝は4回(ドラ・1回戦からのアイス2回)
ドラステイ。
黄金賢者十段→白金賢者初段まで。

D【4-1-2-3#14-5-3】
区間賞 映画

久々にサブカも2クレ。
平均は3位、優勝は1回(ミノ)
ミノ→フェニ。
修練生1級→見習魔術師2級まで。

M【1-0-0-0#1-0-0】
区間賞 スポスロ、ノン並替

クレ数の割に本当に区間賞も取れない。
サッカーが全く無かったこともありますが・・・。
それでも1回戦落ちは1割程度、
ほぼ3回戦以上に進出できていたので安定感はあった1日だったかと。

これまた久々にサッカー以外の問題を1枚。

DSC01681.jpg


1回戦で単独正解できました。
全て著書を読んだことのある作家さんですからね~。

恒例のサッカー
予選で出なかった割には試答数も多く、33問中31問の正解。
正解率は89.95%。
いよいよ90%が目前に。
落ちるのは早いですし、新問配信もありますから油断は禁物か。
また、今日は初見の問題を拾うことができましたのでそれを。

DSC01678.jpg


アジア関連はやっぱり駄目です。
正解は「ペルシク・ケディリ」の様です。
並べ替えでまだ分からないものがあるとは正直思っていませんでした。
2ポイントほどの差で敗れた決勝でしたから、
きちんと拾えていれば優勝できていたのですが・・・。

次はこちら、イタリア関連であったにも関わらず分からず。

DSC01675.jpg


正解は「マルクアントニオ・ベンテゴーディ」みたい。
こちらはどうにか覚えられそうな気がしますが・・・。
キエーボはどちらかというと新興のチームですね。

最後になりましたが、予習1回台でちまちまと予習も頑張って、
芸能アニゲと予習の星は全て埋めました。
残るは苦手の学問雑学です。
が、6月からまたしばらく3周台に戻ってじっくり取り組めばどうにかなるとは思います。

明日は勤務。
勤務後に軽く登校すると思います。

ではでは。




予定通り朝一でラウンドワンへ。
これは出勤日と同様の時間にしっかりと起きてしまうため、でもあります。
とりあえずは石をためよう!とはじめたわけですが、
序盤はこんな感じ。

DSC01674.jpg


パチンコ・パチスロなら最高の並びなんですが・・・。
尚かつCOMが入ることも多くて、なかなか石もたまらず。

DSC01677.jpg


この状態になるまでに(昨日半分埋めてました)、ぴったり20クレ。
100円2クレ台でしたので、時間はあまりかからず。
この状態でお昼ご飯を食べ、時間も時間でしたから、
夕方まで試験に挑戦することに決めました。

昇格試験突入後、いぬひろしくんも登校。
それなりに調子が良くて2連続決勝進出なんかもあったのですが、
こういう時に限って、どちらも○んのしんさんと一緒になってしまい、当然勝てず。
と、最初のチャンスが訪れる。
しっかりと書いておきますが、自分で分からない、
自信の持てない問題をいぬくんがフォローしてくれまして、まずは1勝。
これがカンスト4クレ目。
正ーーーーーーーー直、このままいぬくんがいてくれたらと考える(笑)
しかし、当然いぬくんにも自分の戦いがあるわけでして、
隣が空いたので2人並んで黙々とトナメ。
そしてそれからさらに7クレ。
カンスト突入後6回目の決勝。

1人目、学問四択、易問に傾いて差は付けられず。
2人目、自分のサッカー、しっかり取って単独首位に。
3人目、芸タイ、難問が出なかったこともありますが、
いぬくんの助言無しでしっかりと3問取って首位をキープ。

残り3問で1問差の首位、最後は2位の方の武器、という状況。
本当に緊張して心臓バクバクでした。
しかし、ここで僕の中にはある確信がありました。
2位の方の僕の投げたサッカーの対処を見ていて、
「この人もサッカー投げるな」と思う。
これがビンゴ!
相手のサッカーをしっかりと返り討ち。

そ・し・て・・・。

DSC01683.jpg


自分にはとても珍しい全答での優勝!

DSC01684.jpg


カンスト11クレで、白金賢者になれますた!
黄金の時は、校長のお情け。
今回も半分はいぬひろしくんのおかげですけれど、それでも本当に嬉しいです。
一応、何十枚かはプラチナ持ってますし、
時間をかければとは思っていましたが、
この程度のカンストで済んだことが1番嬉しい。

これで6月もラウンドワンの学校ランクに貢献できますね(笑)

いぬひろしくん、お疲れ様でした。
そして、本当にありがとう!

1日の成績はまた後で、アップします。
ではでは♪



昨日はやはり飲みから逃げられず。
珍しく飲み過ぎた感がありましたが、
本日も朝から登校しました。
休みはゆっくりと寝てる、
という生活は随分前にやめました。

トナメを24クレ。
平均は7位、優勝は・・・・・(ノ_・、) ぐすんぐすん。
ここ1週間ドラでは勝ってませんね。
前回の優勝からは軽く100クレは経過しているはず。
このまま試験に入っても本当に絶望的な気がしますね。
ドラステイ。
黄金賢者九段→黄金賢者十段まで。
昇格試験までには石が3000以上必要でしたので、
途中から100円2クレ台で頑張りました。

D【0-2-3-1#11-5-2】
区間賞 雑ビスポ線スポ他、ノンビ、スポ多答

安定といえば安定ですが、もう4~5回は決勝に進みたかったところ。

本日は、いぬひろしくん、のくたーんくん、ゆずかさんが一緒。
全員ひたすら、黙々とやっていた1日でした。
みなさん、お疲れ様でした~。

サッカーはそこそこ。
30問中28問の正解、正解率は89.82%。

落とした問題はまたしても多答。
写真はあまりにもひどかったので割愛。

鈴木隆行が所属したチームを全て選べ」
選択肢は、川崎市原山形横浜

横浜だけだと思っていたのですが、不正解。
調べましたところ、山形以外ですね~。
市原にまで所属していたのは全く、知りませんでした。
いろいろと渡り歩いていること自体は知っていますけれど、
ここまでとは・・・。

正解できた問題も。

DSC01673.jpg


森崎以外の3人が取っていたことは記憶にありました。
で、最終的に全部選択したのですが、ラッキィなことに正解。
しかし、近年の受賞者は把握していませんし、勉強が必要かも。

明日もお休みですので普通に登校予定。
あと、1500個程で昇格試験に入れます。
一応、2クレ台でさくさく進めて何クレかは優勝を目指して頑張ろうかなという予定。
6月はカンストスタートになることと思いますので、
しばらくはラウンドワンの学校ランクには貢献できませんね(笑)
今の調子のままだと本当にいつまでかかるか分かりませんが、
ひたすらQMAることでしょう。

録画放送だったとは思いますが、
ロサンゼルス・レイカーズがファイナル進出ですね。
コービー、神懸かってましたね。
イーストはおそらくセルティックスでしょうけれど、
こうなったらコービーに頑張ってほしいと思います。

さらに6月はユーロ2008があります。
生放送での試合観戦は仕事に響くでしょうから、
仕事後に見ることになるでしょう。
予選突破すら厳しいという気もしますが、
いつも通り、アズーリを応援します。
たまにはフランスをボコってほしいのですが、
無理かな・・・。

ではではっ。






無くなっていくような展開でした。
残業後、ラウンドワンへ。
予定10クレ+フェニ落ちしたため追加2クレ。
平均は9位という有様、優勝は2回(フェニ)
ドラ→フェニ→ドラ。
黄金賢者九段のまま。

D【0-0-0-2#1-4-2】
P【2-0-0-0#0-1-0】
区間賞 ノン多答、学線芸スロ

ドラゴンではトナメに1人は宝石さんがいるのが当たり前になってきた感じ。
最高では4人いらっしゃいました。
それでも、とんでもないメンバーばかりではなかったと思うのですが、
自分が弱すぎ、答えられず。
また、答えて正解数ではセーフと計算していたものが、
悉くスピード負け。
この調子だと優勝2回というのは本当に遠くに感じられます。
どうにかあまり意識せずに臨めれば良いのですが・・・。

本日もTTIMさんが見えられていました。
ペースが上がってきているのではないでしょうか。

サッカーは順当てを1問落としたものの、まあまあ。
21問中20問の正解、正解率は89.72%。
予選でも1度選択されたのですが、
ロックンのスコさんに持って行かれる。
正直秋田ではサッカー無敵、と思っておりましたがあっさり敗れ去りました(笑)
思い上がりも甚だしい、という奴か。
ま、目標に向けてじわじわ正解率も上がっておりますし、
誰それと比べてどうこうと考えていても良い方向に行くとも思えませんので、
今まで通り地味にやっていきます。

落とした順当てと、単独正解1問。

DSC01670.jpg


全く押さえていない問題でした。
正解はソラリデラクルスアルディレス
横浜マリノスの監督に関してはアルゼンチン人が多いかなというイメージだけです。

DSC01671.jpg


こちらは見にくいですがこの通り。
全国正解率は7%の問題。
以前回収した記憶はあったのですが、思い出せず。
適当に並べたら正解しました。
頭のどこかにしっかりと残っていたのか、というところ。
一応、「ビル・シャンクリー」です。

明日は楽しくない会議(楽しいのって無いか)
さらに、懇親会予定してまーす、というメールが来てました。
普段接触は全くありませんが、
課長さんが変わっていますから、
ちょっと断れないかもしれません。

と、いうわけで懇親会に参加した場合、更新は微妙。
金曜土曜が休みなので普段通り登校することになるでしょう。
不参加の場合、先週帰れなかった分、実家に帰るかもしれません。
その場合は次の更新は土曜夜になりますが・・・。
ちょっと今のところは不定、です。
ではでは。





サッカー見ながらのんびりと思っていたら・・・。
TBSって、見られねえよ!
QMAで問題出てもさっぱり分かりませんし、死亡フラグです。
と、いうわけで格付けをBGMに更新。

抜けはいろいろとありますが、
本命編の最後とする予定。
最後は、京極夏彦氏。

宮部みゆきさんに勝るとも劣らぬ数々の受賞歴。
日本推理作家協会賞、山本周五郎賞、泉鏡花文学賞、直木賞。
思いつくだけではこれだけですけれど、十分過ぎる程かと。

嵌ったのはデビュー作から続く「妖怪シリーズ
以前別カテゴリで紹介したこともある難読タイトル、
そして、弁当箱とも称される分厚さ。
いろいろな意味で圧倒的な存在感を誇るシリーズ。
古本屋を営む傍ら、宮司であり憑き物落としを行う、京極堂こと中禅寺秋彦
別シリーズでは主役を張る、神の如き美貌の”探偵”、榎木津礼二郎
(こちらはキャラ萌えの要素十分ではないでしょうか)
等々、個性的な登場人物の絡む無数のエピソードが、
最終盤において一点に収束していく様は、
蜘蛛の巣の如く。と、これではオリジナリティがないなと考えた結果、

「どこから辿ってもある一点にしか辿り着かないアミダくじ」

という表現を思いつきました!
が、間抜けですねこれ。

特徴的な事として、探偵役の中禅寺の立ち位置があるかと思います。
自分が関わることで事件そのものが変容してしまうことを嫌っている。
この辺は、探偵役=観測者と置き換えて、
不確定性原理と重ねて論じられることもかなり前からあるように思います。
これはミステリー小説界で、ということです。

「観る、という行為自体が観測対象に影響を与えてしまうため、
 観測対象の正確な位置や運動量は確率的にしか分からない」

という感じで理解しているのですが・・・。
(これに反発したアインシュタインの文章が、「神様はサイコロを振らない」だったかと)
この辺に自覚的なのが京極堂であり、
対極的にこういったことに一切無自覚であるのが金田一少年などではないでしょうか。
良い悪いで論じる話ではないと思います。

また、「解決」についても変わっていて、
「事件」は関わった人間の数だけ存在し(どう認識するかで違う)、
そのままでは絶対普遍の「解決」は存在しない。
そこで、曖昧模糊とした「事件」に妖怪という「形」を与える、
つまり「関係者に憑ける」という手順があるように思います。
そして、自分で憑かせた「妖怪」を自分で「祓い落とす」ことで、
できるだけ、できる限りのキレイな解決を目指しているように思うのです。
解決編自体は「犯人」に憑いた憑き物を落とす、
という感じで描かれますが、僕は上述したように感じている、ということですが。

このシリーズは平均しても1000ページを越えていると思いますが、
ストーリー、人物、展開、文章どれも素晴らしく、
今では読んでいて苦になることがありません。
実は、初めて読んだときはなぜかシリーズ2作目を読んで挫折しましたが(笑)
仕掛け、というか「作法」が分かってくると苦にならなくなるのかも。

シリーズのマイベストは「鉄鼠の檻」。
シリーズ2作品が映画化されています。

また、「巷説百物語」というシリーズも良いです。
御行の又市を筆頭とする一味が、
必殺仕事人よろしく悪党たちに鉄槌を下す。
しかし、それだけでは新たな遺恨を生むだけ。
そのため、妖怪の仕業としか思えないような演出・仕掛けを施すわけです。
そのプロセスが最後に明かされるのを読むのは、
ミステリーの解決編を読むのに似た楽しさがあります。
1話完結で進行しながらも一本の縦糸が物語を貫いていて、
「宿敵」との対決へと雪崩れ込む後半は興奮必至。
又市の鈴が鳴るたびに感動に体が震えたのを覚えております。

こちらはWOWOWでドラマ化。
また、アニメ化もされておりますね。

特に中身も無いままやはり長くなりましたね。
お目汚しスマソ。

今の形態のままの「本」がいつまで存続するのか分かりませんが、
ずっと読み続けることでしょう。

ではでは。






仕事後に軽くQMA。
平日の仕事後は100円2クレでさくさくという方針で。

今日はTTIMさんが来られました。
いぬひろしくんのお師匠様。
回数をこなされないため、階級こそ上がりませんが、
間違いなく秋田では最強の方ではないでしょうか。
とにかく、穴がありません。
いぬくんもそうですけれど、
この辺のレベルの方のタイピングを見ていると、
攻殻機動隊のオペレータ」を思い出します。

で、成績です。
トナメを10クレ。
平均は7位、優勝はなし。
ドラステイ。
黄金賢者八段→黄金賢者九段まで。

D【0-0-1-2#4-2-1】
区間賞 学ランスポランアニ順
安定だけはしていた感じで石は1000個は越えていたと思います。

予選でのサッカーが2度もあったのに、区間取れず。
21問中、18問の正解と低調でした。
正解率は89.61%。
サッカーを武器にしているわけでもなんでも無い方に簡単に打ち返されました。
しかも、同じ方に予選・決勝と2回もぐっさりやられるという状態。
最も恥ずかしい敗戦では、とがっかりでした。
二指真空把」をくらった雑魚の姿が自分に重なった次第です。
とても強い方だったことが慰めではありますが・・・。

苦手な多答、順当てから1枚ずつ。
いずれも本日落とした問題です。

DSC01663.jpg


僕が選択している3つが外れという逆正解でした(笑)
多答+アジア関連というのは僕にとっては凶悪なコンボです。

DSC01666.jpg


正解は、横浜→川崎→福岡→仙台のようです。
厄介なのはこの選手、他にも3チームほどに在籍しております。
廣山望選手もそうですけれど、
数多く渡り歩いている方の順番当てもかなりきついです。
同じような問題でもロベルト・バッジョなら、
完全に把握しています。
これは思い入れの差でしょうか。

いつも思うのですが、「キャッスルコース」って常に宝箱多くありません?
問題も難しめのが出る、とかあるんでしょうか?
「ググれ!」とか言われそうですね。

明日は日本代表の試合でも見ようかな、という予定。
仕事が遅くなる可能性もありますが。
ではでは。









昨日とは打って変わってろくに決勝にも辿り着けないという1日。
朝から普通に登校しました。
QMA4の時と比べましても、
ドラの強さの濃淡がとんでもないように思えます。
本日のドラでは区間賞すらとれませんでした。

本日もあすかさんがいらっしゃいました。
お友達とご一緒のようでしたが、学生さんでしょうか。
身近に話が出来る人がいるのも良いでしょうね。
僕の周りでは誰も見向きもしませんね(笑)
それぞれ楽しむ対象があるということでしょうからそれが普通でしょうか。
もう大賢者でしたね。
結構なペースではないでしょうか。
頑張って欲しいものです。
で、ついでにお願いですが、そちらのブログ、リンクしてもよろしいでしょうか?
そちらにコメントしようとしたのですが、
はっきり言ってめんどくせぇぇぇ(笑)
そちらのブログに登録しないとカキコも出来ないようで。
ご返事頂けると助かります。

では、成績です。
トナメを20クレ。
平均は6~7位、優勝は2回(フェニ)
ドラ→フェニ→ドラ。
黄金賢者八段のまま。

D【0-1-2-0#7-5-2】
P【2-0-1-0#0-0-0】
区間賞 芸並スポ四文字雑四択芸四文字学線

ドーベルマン刑事」が正解の問題で、
ポメラニアン刑事」というのを見ました。
想像すると笑えますね。
平松伸二でポメラニアンは・・・(笑)

サッカーはトナメで落とさず、
予習で初見の問題を拾えるという充実した日。
18問パーフェクトで正解率は89.69%。
久しぶりに上がりました。
来月すぐに新問配信があるのが不安ですけれど・・・。
ま、それはそれとして拾った問題を、勉強を兼ねて。

DSC01658.jpg


パカエンブー」のようですね~。
フランスリーグアンのスタジアム名が既に死亡フラグですが、
ついにブラジルも登場か。
いくらでも問題作れますからね。
取り敢えずこれは「コリンチャンスはバカ」と覚えます(失礼な!)

DSC01660.jpg


しっかりとJリーグを見ている人には常識なんでしょうか?
川口から派生する四択も結構落としてしまっているんで、
覚えないといけないのですが・・・。
調べて見ますと・・・「西部洋平」さん、ですか。
全く知りませんね。
QMAのためだけの知識、というのもどうかとも思っていますし、
もうちょっと試合見ようかしら。

今週は金曜、土曜の休み。
月、水と登校して週末延期した帰省がどうなるか考えようというところ。
帰らなければ普通にQMAでしょうけれど。
ブログもほとんどがQMAで、
「こいつ、仕事してんの?」と思われてもしょうがない状況でしょうか(笑)
ちゃんと年に230日位は働いていて、
空いた時間はとにかく好きなことを、という方針ですので。
月末から来月頭にかけて昇格試験に突入。
6月中に白金になることが出来れば万々歳なのですが・・・。
今から、めげないで頑張りますと言っておきましょう。

最後に、日本女子バレーがオリンピックの出場権を得たとか。
まさかと思いながら新聞を見ると、会場、東京のようで。
何故日本だけこんな有利な状況で戦えるんでしょうか?
スポーツの世界では地の利というのが重要な場合が多いと思いますが・・・。
フジがガンガン押している時点で冷めてますけれど、
オリンピックも応援以前に全く見る気がありません。
世界中が熱狂しようともそれに背を向けて、
やっぱりこそっと好きなことをしていたいです。

ではでは。




お休みの土曜日、朝からいつも通りのQMA。
早い段階でいぬひろしくんとご一緒でき黙々とQMA。
で、二人とも十分に遊んだ段階でたまにコメントを頂いている、
あすかさんを発見。
隙を見てご挨拶することができ、軽く店内対戦もできました。

DSC01657.jpg


1回線はガチバトル、1位。
2回線は学問限定、3位。

秋田で強力な学問使いというともとよさんですが、
店内対戦できるような人で学問使いというと、
今までのメンバー全員(TTIMさんは別格か)にとって驚異ですね。
学問縛りでは、僕といぬくん二人ともガチでは勝負できないとビジュアル投げました(笑)
あすかさん、お疲れ様でした。これからもよろしく!
いぬひろしくん、最後まで付き合ってくれてありがとう。

さて、成績の方ですが、サッカー落とした割には良かったかも。
検定を2クレ(ロボA、B)、トナメは20クレ。
平均は7位、優勝が4回(2回線からアイスが1回)
ドラステイ。
黄金賢者七段→黄金賢者八段まで。

D【4-2-0-2#7-4-1】
区間賞 サッカー雑他スポ四択格闘技生活一般

COMが7~8入ることも多かったのですが、
アイス以外の決勝は対人で勝てましたのでまあまあ良かったですね。
今が昇格試験の最中だったら・・・。

サッカーは前半10クレで4問を落とし、絶望的な気分になりました。
が、今日もそれなりに盛り返せて33問中29問の正解、
正解率は89.50%。
90%の壁は高いですね。

今日は反省の1問と刺さったやつを1問。

DSC01646.jpg


戸田、中西と選択してしまいましたが、よく考えたら違う。
中西永輔のみ、ですね。
本当に知識があればSJTもガンガンいけるんでしょうけれど、
やっぱり力がないですね。
この決勝では2問も落としました。
何やってんの?と思われたことでしょう。

DSC01655.jpg


こちらは対照的にガンガン刺さりまくった時の問題。
慌てて撮ったので写りが悪いですが、正解はこの通り。
GETAFE」で「ヘタフェ」だったと思います。
序盤で2問落としてますけれど、
この辺の適度な難度の問題が固まってくれましたので、
サッカーで一気に捲って勝てました。

アイス含みでも1日4勝は自分にとっては快挙です。
ということは今日は比較的温めだった、ということですね。
明日はどうなるのでしょうか。
特に気負うことなく普通に登校しますけれど。
ではでは。



一転。

2008/05/23

飲み会から只今帰って参りました。
仙台に行っている同期の友人が帰ってきていたため、
僕の転勤騒動以来の同期揃い踏みとなりました。
本当に急遽の誘いだったのですが、
滅多に無いことなので帰省を延期しました。
2千円で5時間ほど粘るという経済的な飲み会でした(笑)
友人も苦労をしているようで、まじめに仕事の話ばかりになりましたが、
それぞれにとって間違いなく重要なことであるということでしょうし、
悪いことであるという風にはもう感じませんね。
後輩がいたりしたらある程度控えた方が良いのかもしれませんが。

と、いうことで土日は普通にQMA登校、となるはず。
いつも通り、ですね。
ではでは。


読書遍歴として整理してきました。
いろいろと漏れがあるような気がしますが、
「本命」編を。
恐らく著書は全て読んでいる、という方になります。

まずは、読書について記事を書くと毎回この人じゃん、
という感じの森博嗣氏。

デビュー作「すべてがFになる」を読んだのはもう十数年前になるのですね。
新本格を読むようになって注目するようになった「講談社ノベルス」。
その中でも森先生の作品の装丁には惹かれるものがありました。
しかし、「笑わない数学者」、「冷たい密室と博士たち」等、
タイトルを見ると理系の香りがぷんぷんと・・・。
自分は「文系」であると認識しておりまして、
「理系」というものを当時は毛嫌いしていたように思います。
感情で動かず、べらべらべらべらべらべら理屈ばかり並べる、というイメージでしょうか。
しかし、どうしたものか作品を手に取り、1冊読んだら、まあ読めるな、と。
そして、シリーズ作品を5冊ほど読んだ時点で完全に嵌っていました。
嵌った理由は「キャラ萌え」だったように思いますが(笑)
正確には「キャラそのもの」に好感を憶えたのではなくて、
「キャラの恋」を応援したくなっている、という状態でした。
「ミステリー」だったんですけれど。
で、作品を読む内にご本人にも興味が湧き、
当時ネット上で公開されいたサイト、その後の日記と読むようになりました。

その中で目から鱗のエピソードが。
当時、森先生は大学の助教授をされており、
テストは基本的に行わない、というやり方だったそうです。
(どうしてもという希望者には行ったとか)
では、どうやって学生を評価するかというと、
生徒に質問をさせ、「どういうことを質問するか」で評価としたようです。
で、この質問ですが、授業以外でもOK。
その中でこういう質問があったとか。

「男女の間に友情は成立しますか?」

これに対する先生の答えが(本当なのか?半分冗談の可能性もありますが)

「まず、友情を定義しなさい」だったとか。

僕はアホですからこれがとにかく衝撃的だったのですね。
そうやって考えてみると、
文系の人間ほど「友情」ってそもそも何?
ということを定義せず、
「どうしても異性であることを意識しちゃうようになるから」云々。
「いやいや、俺はないね」「いやいや、私は」云々。
べらべらべらべらべら、理屈を並べる傾向にあるのでは、と思ったのですね。

では、自分なりに定義して考えてみましょう。
僕の結論は、

AとBの間に友情があるか、第三者が客観的に観測することはできない。
故に、「友情」とはそれぞれの単なる思いこみである。
第三者が「ある、ない」と判断した場合は、第三者の思いこみである(笑)
思いこみに男も女も関係ない。

つまり、男女の間にも友情は成立する。

みたいな感じでしょうか。
特に深くは考えていませんので、適当ですけれど。
定義することができない場合はそもそも答えなんて出るわけがないのかもしれませんね。
理系の方はそういった場合、
「今は結論出せず」と別のもっと楽しい問題に取り組むのかも。
それが絶対的に良いという風に言いたいのではなくて、
こういった考え方自体が僕にとっては新鮮だった、新しかった、のですね。

読んだら、見たら、共感できた!
というのも嫌いではありませんが、それを求めることはしません。
それよりは自分では考えたこともない、思いつきそうもない、
そういった考え方、発想に触れることが刺激的で大好きです。
森作品はそういったものに溢れていた(少なくても僕にとっては)のですね。

犀川創平西野園萌絵S&Mシリーズ。
瀬在丸紅子保呂草潤平小鳥遊練無シリーズ。
押井守氏監督で映画となるスカイ・クロラシリーズ。
等々等々等々、シリーズも膨大。
作品数も軽く100を越えていますが、全てを読んできました。
先日も書いたとおり、
「後、何作で終わり」ということも決まってしまっているはずですが、
やはり全て読む所存です。

あ、綾辻行人氏の文章を「粘性がある」と書いたことがありますが、
森先生の文章は(初期のものが特にですが)、「硬質」であると感じます。

予想を遙かに超えて長くなってしまいましたので、
急遽タイトルに「その1」を付け足しました(笑)
もう1回は書くと思います。

週末は実家に帰ります。
ただ単に顔を見せておこうぐらいの帰省ですが。
ネットに接続できる環境ではありませんので、
次の更新は日曜夜を予定。
ではでは。








前に、反省しなければといった過ちをまた・・・。
帰ってきたのが23時過ぎになりました。
あ・ま・りに酷い成績に納得がいかず、
粘ったらさらにどつぼ、という展開だったかと。

DSC01638.jpg


これ、本日のドラで一番成績が良かった時、です。
どれだけ酷かったかが分かりますね。

反省の意味も込めて、どんなに酷い成績でもしっかりとアップしたいと思います。
今日は検定を4クレ(競馬B、ロボA・B×2)
トナメは実に24クレ(100円2クレ+成績の悪さのため回転が早かった)
平均は10位(泣)、優勝も僅かに2回(フェニ)
ドラ→フェニ→ドラ。
黄金賢者六段→黄金賢者七段まで。

D【0-0-0-1#5-7-3】
区間賞 スポ連
P【2-0-1-0#2-1-1】
区間賞 ノンビ、スポ連、ノン線、芸線アニスロスポ四文字芸ビ
D【0-0-1-0#0-0-0】

ドラでは2落ちが定位、
「強い」と思い上がったことは無いと思いますが、
ここまで酷いと本当に萎えるという1日。
カンスト地獄と同じくらい辛かったように思います。
もし常に今日ぐらいの面子とやり合わなければならない、となったら、
宝石どころか白金も不可能でしょう。
しかし、ま、そこまではさすがにないでしょうし、
1歩ずつ近づけるよう頑張っていきます。
今回は「夢」と言えるぐらいの価値があるのではないでしょうか。

サッカーは1問目をいきなり落とすという苦しい展開も、盛り返せました。
予選で出てくれないと挽回するのも大変ですが。
15問中14問の正解で、正解率は89.56%。微増です。

今日は初見で分からなかった問題を2枚(予習含む)

DSC01633.jpg


四択なのですが、ドラの決勝で全員不正解。
どうやら4の「文京区」が正解のようですね。

DSC01639.jpg


正解率がそれなりに高かったのですが、全く知りませんでした。
正解は「チュニジア」のようです。

やはり、サッカー単独で鍛えていてもドラでは厳しいですね。
数字の上では2番目に良い芸能も鍛えるか、
それともワーストの学問を補強するか。
予習の星が埋まる頃までには決めておいた方が良いだろうか。うーん。

最後になりましたが、
いぬひろしくん、白銀賢者昇格おめでとう!
こんなへたれでも宝石目指して足掻いておりますので、
いぬくんも頑張って下さい。
やはり、君には翡翠賢者の称号が1番似合いますよ!

ではでは。





DSC01631.jpg


「水柿君」シリーズ最終作を読了。
どんどん「私小説」色が濃くなっているような。
そう思うのは過去の「日記シリーズ」や「モリログアカデミィ」を読んできたからですが、
そちらもフィクションの可能性だって0では無いわけで・・・。
最終作にして一番盛り上がりのない淡々とした内容。
お金が十分すぎるほど入ってきて、
ただ穏やかに日々を送る様が描かれております。
既にアナウンスされており帯にもありましたが、
作家としての断筆の予定まで立っているからでしょうか。
森先生は締め切りを100%守られるという稀有な方でありますが、
作家活動の最後までを計画されておられます。
これもまた稀有なことではないでしょうか。

2chのスレッドを覗くとアンチが大半。
この作品もそういう人たちからすれば、
「この嫌味な奴め!」ということになるのでしょうか。
莫大なお金を稼いでいるとすれば、
それは「それに見合う価値」を生み出していることに他ならず、
労力もまたかかっているわけですからね。
努力をしていない、する気も無い、
という状態でお金が無いことを嘆き他人を妬むのはやはりみっともないと感じます。
「お金を稼ぐ、という表現が悪いイメージでしか使われていない」
とは、様々な作品で言われていることでもありますね。

僕には「お惚気」小説に思えましたけど(笑)
全く無縁ではありますが、
基本的に「干渉しない」夫婦って良いなと思いますね。
お互い好きなことに集中できて、
必要であれば協力もできてという状態は理想では。
「パスカル」も可愛いですね。
羨ましいなあ・・・。
なんて思うことがまた、良くないんでしょうけれど。

作家やジャンルで本を選んでしまう僕ですから特に、でしょうけれど、
他に無い「小説」ではあったと思います。
当たり前な意味以上に森先生の作品は有限。
最後を迎えるその瞬間まで存分に楽しみたいところ。

今月初の小説の購入をジュンク堂で。

DSC01632.jpg


奈須きのこ空の境界
解説陣がもの凄いメンバですね。
装丁のイラストが好みでもあります。
まったりと読みたいです。



またまた興味の無い方も多いと思いますが。

DSC01630.jpg


車輪、2プレイで金色が出てしまいました。
この運が何故QMAで発揮できない!

本編の前にさらにもう1つ。
以前に引き続き拍手&コメントを下さったあすかさん、ありがとうございました。
ブログの方も拝見させて頂いたのですが、
そちらにコメントを書こうと別ウィンドウを開くと、
うちのSafariが駄々を捏ねましておちてしまいます。
よって、こちらに書かせて頂きました。
これからもよろしく。

さらにさらにもう1つ。
いぬひろしくん、昇格はどうでしたか?
お手伝い出来れば良いのですけれど、
サッカー以外はほぼお手上げ、そのサッカーで迷惑を掛けた過去あり、
ということで気が散ってもいけないと思い引き上げましたが・・・。
いぬくんの実力なら普通にクリア出来たことと思いますが。
なんにしろ、やはり昇格試験は苦しいですね。

そんな今日は朝から予定通りの20クレ。
大半をフェニで過ごすという、昨日以上に萎え萎えの1日でした。
平均は7位、優勝は5回(ドラ2・アイス2、フェニ3・いぬくんの助言あり)
黄金賢者五段→黄金賢者六段まで。
ドラ→フェニ→ドラ→フェニ→ドラ。

D【0-0-0-0#0-1-1】
P【2-0-0-0#1-0-0】
区間賞 スポ線
D【2-0-1-0#1-3-2】
区間賞 アニ他格闘スポ四文字
P【1-2-0-0#2-0-1】
区間賞 アニ線スポ四択雑スロ芸線

本当に平日?という感じの濃い面子で全く歯が立たず、でした。
最後の2クレはフェニで連続2位。
B72ちはやさんという学問使いの方に2連敗でした。
まだ、魔導士でしたけれど強い人は階級関係ないですね。
逆に僕の方が階級に実力が追いついてない・・・。
恥ずかしくない程度にはしないと、ね。

サッカーは頑張れたかな、という状況。
日々9割を目指していますので、
最初の1問を落としてしまうとその後、9問落とせない!ということになります。
今日は6問の段階で2問落としてしまっていたので、
かなりテンション落ちたのですが、なんとか盛り返せました。
24問中、22問の正解。正解率は89.50%。

本日も2枚ほど。

DSC01624.jpg


カンチェルスキスですね。
懐かしさのあまり、嬉しくなってしまいました。
単独正解だったかも。

DSC01628.jpg


四文字の方で出たのですけれど、単独正解だったので。
これ以上ないというくらいの1発屋ですね。
この大会だけ、しかも1試合で5点取ったのが大きかった訳ですから、
運だけの選手ではないかと思うのですが。
誰も知らないのも当然、か?

今日も9問の時点で横並び、最後はサッカーという場面あり。
相手がよほどの人で無い限り、
こういった場面ではあるシーンが思い浮かびます。
エヴァンゲリオン第1話?
初号機が暴走、冬月ゲンドウが言ったはず、
「勝ったな」。
思うこと自体恥ずかしいし、負けたら最高恥ずかしいですけれど(笑)

今週は水曜日に1度登校予定、検定は一通りやりたい。
週末は、たまにはということで実家に帰ろうと思っております。
ので、ペースは落ちるでしょう。
ロックンの皆さん頑張って下さい(笑)






よ、弱っ。

2008/05/18

僕が、ですよ。萎えます。

まずはこちらから。

DSC01622.jpg


「悠久の車輪」もちまちまCOM戦だけやっておりますが、
本日は4枚の内2枚がキラキラしてました。ラッキィかな?

QMAはトナメを20クレ。
平均は7位~8位、優勝は2回(ドラ1、フェニ1・途中からアイス)
黄金賢者五段のまま。
ドラ→フェニ→ドラ。
スパイラルから全く抜け出せませんね・・・。
今日も「NHK杯」を「KNH杯」とかやらかしてました。

D【1-1-0-1#7-5-1】
区間賞 ノン線
P【1-1-0-1#0-0-0】
区間賞 芸ビスポ四
D【0-0-0-0#1-0-1】
区間賞 TV・CM

こうやって見てみると本当に区間賞も少なですね~。
NIさんとマッチするもまたまた形式上呼びかけが不可、でした。

また、あるタイピングの時に全く分からずお手上げ。
まっしゅんさんという方が「ショウキュウデキタ」
と打っておられましたので、「オメデトー」と。
「アリガトゥ」と返して頂けました。
当然の様に、2人枕を並べて討ち死にしましたけど(笑)

サッカーもまた微妙な成績。
27問中、25問の正解。正解率は89.44%。少し持ち直しました。
完全なミスと、覚えることを放棄している系統の問題を落とす。
こういう態度だと向上も難しいのでしょうけれど。

今日も2枚。

DSC01616.jpg


この通りですけれど、「チブ」でもOKのようです。

DSC01617.jpg


こちらもこの通り。
チェコ代表、チェルシーの守護神ですね。

明日も休みですので、登校します。
1登校、1優勝ぐらいできれば最高ですが・・・。
ではでは。




まだまだ、人が多かったですね。

冒頭は「シリアルキラー」を連想させる展開。
そこから予想しない方向に話が展開し、と引き込まれました。
評判の高いドラマの方はまともには見たことがありませんが、
そちらも質が高いのでしょうね。

見終わって確信したことは、
「ミステリー」好きが作った映画だな、ということ。
「そういう映画なんだから当たり前だろ!」
と、言われてしまいそうですが、
この映画、基本構造がある有名作品を彷彿とさせるものがあります。
ずばり、アガサ・クリスティ 「オリエント急行の殺人」
今度は「あっちは密室物だし、全然違うだろ!」と言われそうですね。
この作品の背景には現実の事件があったはずです。
有名人の子供の誘拐殺人だったと思います。
その犯人は捕まっておらず、罰を受けていないはず。
クリスティはこの事件に対して憤りを覚えており、
小説の中にこの事件を取り込んでいます。
そして、犯人に見立てた人物を小説中では被害者としています。
だからこそ「あの殺害方法」「あの犯人」
エルキュール・ポアロのあの判断」だったはず。
現実世界の殺人犯を小説世界で糾弾した、という作りだったと思うのです。

今回の映画、実際の事件そのものを背景としているわけではないでしょうけれど、
この点が同じだと思います。
映画では○○が糾弾されていますが、
当然○スコ○も「お前はどうだ?」という問いかけを受けています。
そしてその問いかけは○スコ○に踊らされる一般大衆=観客にも向けられているのでは。
その様に感じました。
劇中の右京の台詞は重い物ですね。
だからこそ、こういう作品が作り続けられなければならないとも思います。
また、ほんの少しでも作ったテレ朝に自戒の念があるとすれば、
少しは見直すこともできるかも。

面白かった。
良作でした。


予定通り映画を観にソピアへ。
待ち時間にトナメを8クレ。
平日は10クレを目処にしていますし、
時間も十分にあったんですけれど止めました。
画面を見ていることが辛くなるぐらい目が疲れてしまって。
成績も酷く、映画もあったのでスパッと止めることに。

平均は8位、優勝は1回(ドラ、アイス)
ドラステイ。
黄金賢者四段→黄金賢者五段まで。

D【1-0-1-0#3-2-1】
区間賞 サッカー ※アイスは割愛

「ブーマー」を「ブーマン」。
「しょうりょううま」を「しょりょうううま」。
などなどミスを連発。
弱い人がミスを重ねては勝ち目なし、ですね。

サッカーも区間賞以外は良いところなし。
12問中、10問の正解で正解率は89.34%。
今週はひたすら下げてしまっています。
奮起したいところ。

復習を1枚。

DSC01614.jpg


初見です。
調べたところ「ハビエル・イルレタ」とのことです。
SJT以外はなんとかなると思っていましたが、甘かった。

画像はありませんが、注意しなければならないやつを忘れないように。
崔 龍洙(チェヨンス)
柳 想鉄(ユサンチョル)
黄 善洪(ファンソンホン)
盧 廷潤(ノジョンユン)
この辺がスロットで出ます。
ちょっと、無理かも。

最後に癒し?の1枚を。

DSC01610.jpg


ソピアはQMAの後ろがウイニングイレブン、
その関係なのか(店員の趣味でしょうけれど)壁一面サッカー選手のポスタです。
場合によってはカンニングも可能か(笑)

次は映画。

勤務後にラウンドワンへ。

実力では僕の遙か上を行くお二人、
TTIMさん、もとよさんが見えられ、並んでQMAされていました。
壮観でございました。

今日は11クレ、フェニに落ちたため1クレ予定をオーバしました。
平均は7~8位、優勝は3回(ドラ1、フェニ2)
ドラ→フェニ→ドラ。
黄金賢者四段のまま。

D【1-0-0-1#2-1-2】
区間賞 野球サッカー
P【2-0-0-0#1-1-0】
区間賞 芸タイ

サッカーは18門中16問の正解。
正解率は89.43%。
またも2問も落としてしまいました。残念。
しかし、区間賞はしっかり取れましたし、
決勝ではビシビシ刺さってくれました。
特にドラゴンでの決勝では以前紹介した、
アマナティディス」全国正解率4%、と「スパレッティ」が同時に。
何れも単独正解できそのアドバンテージが生きての優勝でした。

今日は、復習の2枚を。
DSC01606.jpg


この選手は本当に多くのチームを渡り歩いているので、さっぱり覚えられません。
この選択肢だと、
レシフェモンペリエセレッソの様です。
うーん、バッジョなら暗記出来ているんですが・・・。
DSC01609.jpg


見にくいですけれど、シドニーのオーバーエイジ枠を答える問題。
他のオリンピックの問題もありますが、
正直、全く把握していません。出ないことを祈るのみ。
この選択肢だと、三浦淳宏のみ。
他二人は楢崎正剛森岡隆三みたい。
無理です。

明日も勤務。
勤務後は「相棒」を見に行く予定。
待ち時間にQMAもいつもと同じ。
ではでは。





予定通り飲み会帰りですが、
忘れてしまわない内に整理を、
ということで、本命の前に一呼吸。

前回は「新本格編」でしたね。

まずは東野圭吾氏。
今や有数の売れっ子作家、でしょうか。
小説を知らなくてもドラマ「白夜行」や「探偵ガリレオ」が有名でしょう。
読み始めた切っ掛けを完全に忘れてしまいましたが、
1冊読んで気に入って講談社文庫を買い漁ったことを覚えています。
多分、初期の「仮面山荘殺人事件」などのトリッキィなものが良かったのではと思いますが。
「本格」をおちょくったかのようなパロディ「名探偵の掟
「本格ファン」への挑戦状とも言える「どちらかが彼女を殺した
等々、刺激的な作品がありました。
秘密」で日本推理作家協会賞を受賞して以降、
そういったものが無くなって出る本は全てハードカバーになったのでは。
それからほとんど読まなくなってしまいました。
一番最近読んだのは「レイクサイド」。
これも映画になっていますね。
好きな本は(正確には良い印象が残っている本)、
パラレルワールドラブストーリー」などのマイナな本ばかり。
ベストは「眠りの森
氏の作品としては珍しいシリーズキャラクタである「加賀恭一郎」という刑事が主役。
このキャラクタが大好きです。
直木賞受賞作「容疑者Xの献身」にも登場したようなので、
これは読んでも良いかなとは思いますが。

次も超大物。
芥川賞以外の文学賞総なめ?というぐらい受賞歴があるのではという、
宮部みゆき氏。
こちらは「レベル7」が気に入って、
新潮文庫を買い漁ったものです。
メジャになりすぎてしまったので敬遠していた時期もありましたが、
結局、「理由」「模倣犯」も読みました。
マイベストは「火車」という作品。
ラストが議論の的になるようですが、僕は肯定派ですね。

もし万が一誰かに絶対本を薦めなければならない、となったら。
この2人の作品を薦めると思います。
しかし、現在の自分にとっての本命としてはあげない2人。
メジャになりすぎたこと、
スペシャリストというよりゼネラリストというイメージがあります。
例えるなら高視聴率のゴールデンタイムの番組、というところでしょうか。
僕が求めているのは深夜番組的なものかもしれません。

次、岡嶋二人氏。
残念ながらもう解散されていますし、
本も多くが絶版になってしまっているかも。
手に入る講談社文庫は全て買いましたけれど。
それほど多くない作品の中で、
「誘拐の岡嶋」と呼ばれたとか。
あした天気にしておくれ」なんかが良かったかな。
マイベストは「そして扉が閉ざされた」、本格、です。
クラインの壺」も良いのですが、
これは「岡嶋作品」というより明らかに「井上夢人」作品ですので。

何度か記事も書いた?西澤保彦氏。
初期の作品の特徴として、
「人格が他人と入れ替わる」とか「テレポーテーションができる」等、
特殊な世界・人間が描かれます。
しかし、「推理小説」なわけです。
「超能力使えたら何でもありじゃん!」と思うわけですが、
そこはそれ(酉つ九風、分かる人マニア)。
超能力も全くの無制限とはせず、微妙な制限、ルールが設けられます。
そして、特殊なら特殊なりの「論理」があり、
その世界なりの「論理的な推理」が描かれる訳です。
これが面白い。
マイベストは「七回死んだ男」かな。

アルコールの力でなんとか頑張りました。
機会があれば次は「必ず読む」という本命編にしようかなと。
明日以降週末はひたすらQMAのみになると思います。
ではでは。


トナメしてる時間よりも長かったのでは、という今日。

勤務終了後(残業含む)、ラウンドワンで10クレ。
平均は8位、優勝は1回(フェニ)
ドラ→フェニ→ドラ。
黄金賢者三段→黄金賢者四段まで。

D【0-1-0-0#1-2-2】
区間賞 芸多答
P【1-1-0-0#1-0-0】
区間賞 スポビスポ順
D【0-0-0-0#1-0-0】
区間賞 サッカー

2位スタートでしたが、その時は決勝が全員黄金、石が194個でした。
これが今までの自己最高。
なるほど、強い人はガンガン稼げるわけですね・・・。
本日もドラではほとんどついていけず、でした。

サッカーも2問落とす残念な1日。
1、秋田豊が在籍したチームを答える多答。
2、ベガルタ仙台を運営しているなんちゃらかんちゃらを答えるビジュアル、
  だったと思います。
1は調べた所、鹿島名古屋京都とのこと。
2は「ハンドレッド東北」でしょうか?
「レッドハンド」としてしまいました。

その他それなりに刺さった問題を2問。

DSC01605.jpg


正解はこの通り。
ドラ予選1回戦でしたが、5~6名ほどの正解だったかと。
ドラでは確実に正解率以上に正解されてしまいますね。
この選手、知りませんけど(笑)

DSC01603.jpg


正解はこの通り。
フェニ決勝で単独正解。
僕も何回か間違えた問題。
名前のエフェクトは正直、嫌いです。
この選手も知りません(笑)

2問落とした割に正解率は89.44%。
ドラで区間賞も取れましたし、良しとしなければいけないかなと。

明日は後輩と飲む予定。
軽めの更新が出来るか?
週末にかけては毎日のように登校するでしょう。多分。
ではでは。



って、まずはサッカーのニュースから。

ポルトガル代表で活躍したルイ・コスタが引退とか。
ルイス・フィーゴパウロ・ソウザなんかと同年代で世界ユースを制覇。
本当に期待されていた世代でしたし、
実際にそれぞれが素晴らしい活躍を見せてくれました。
1番輝いていたのはやはりフィオレンティーナ時代でしょうか。
あの、ガブリエル・バティストゥータとのコンビは強力!
94-95シーズンにバティは開幕11試合連続ゴールというセリエA記録を達成。
そのままの勢いで得点王にも輝いています。
が、これもやはり攻撃のタクトを揮うルイ・コスタの存在が大きかったかと。
本当に「10番」らしい選手だったと思います。
お疲れ様でした。

ちなみに「セリエA」ですが、サッカーリーグ単独の名称ではありません。
英語だと「シリーズA」、日本語だと「1部リーグ」ぐらいの意味ですので、
バレーだろうがなんだろうが最上位のリーグは全て「セリエA」と呼ばれているはずです。
豆知識、でした。

次もサッカー。
千葉があのマイケル・オーウェンを狙っているとか。
主力を大量放出=それに見合う資金が得られたはず、
なのにろくな補強をしていない。
このことに疑問を感じていましたが、
このニュースが本当なら取り敢えずは納得。
しかし、問題1として本当に獲得できるのか?
資金を温存して結局獲得出来ずチームもJ2に落ちました、では話になりません。
フロント陣全員クビくらいの失態となってしまう可能性もあるのでは?
問題2として、仮に獲得出来たとしてチームの残留に間に合うのか?
いくらJリーグでも1人の加入でガンガン勝てるようになるとは・・・。
それに特にファンでもありませんけれど、
オーウェン落ちぶれてくれるな、とも思うわけで。
ま、Jリーグには最近大物外国人って全くいませんから、
活性化のためには良いのかもしれませんが。
それにしてもメインスポンサーのJR東日本さん、お金は十分にあるって?
そうですよね~。社員の給料にはあまり使ってませんもんね~。

最後にホテルで感じたことを少し。
出勤前もそうですけれど、なんとなくTVの電源を入れるとほぼワイドショー。
交通違反をする人々を糾弾するコーナーだったわけですが、
もう気分悪いことこの上なし。
まず、ルール無視で開き直ったり逆ギレしたりという人の姿がもう嫌。
飲酒運転だったり、万引きだったり醜い姿は見たくありません。
と、いうわけで自分が映っていたらそれが最悪でしょうけれど。
それ以上に嫌なのが、
「ルールを破っている相手と比べたら100%こちらの立場が上だ!」
と、ここぞとばかりに偉そうに注意するレポーターの姿。
だ・か・ら・不祥事を起こした自分とこの局員にも同じ態度をとれよ、と。
番組のスポンサーが不祥事を起こしても同じようにしてみろよ、と。
そこまでやれれば「報道」として認められるかとも思いますが、
そうでないからとにかく格好悪い。
ま、視界に入れてしまった自分が悪いのでしょうけれど・・・。
最近のテレビってこういうのをカットしてくれるフィルタとか無いんですか?
地デジ非対応の馬鹿でかいブラウン管をまだ使っている人でした。

明日は勤務後、軽くQMA。
明後日は飲み会かな?
またまたまた土曜日まで仕事なので、土曜日に映画の予定。
そろそろ「相棒」、空いていれば。
ではでは。


って、僅か2日ですが。

今回のホテルはゲーセンの目の前。
開店が10時でしたから、それまで部屋で検定の問題を調べる。
しっかりと成果を出すことが出来ました。

検定は4クレ(戦国A×2・S×1、お笑いS)
クエストも仕掛けていましたので、
その他クエスト ?2 もクリア。
Sランクが3つになりましたのでエリーザ先生もようやく解禁。
長かった・・・。

トナメは20クレ。
平均は6位、優勝は3回(ドラ2、フェニ1)
ドラ→フェニ→ドラ。
黄金賢者三段のまま。
COMが複数入ることが多かったのですが、
それでもきつかった1日。

D【1-0-0-0#2-1-1】
P【1-1-1-0#0-1-0】
D【1-1-1-0#3-5-0】

いつも通りラウワンから繋いでいたいぬひろしくんとのマッチが1回。
スロットだったのでどうしようもありませんでした。
もうちょっとマッチできるかと思っていましたが、
さすがに適当にやっていては無理ですね。

サッカーは24門中22問の正解。
落とした2問とも全く知らず。
初見のフットサルのポジションを選ぶ線結びが出ました。
これ位は覚えようかというところ。
ソフトボールって野球で問題出るでしょうか?
フットサルもその他にしてほしいと思っているのは・・・、
僕だけでしょうね。
2問とも簡単に覚えられそうなので、糧にしていきます。
正解率は89.45%。
ここにきてまだ上げられるのは嬉しいですね。
一度は85%ほどまで落としましたから尚更。

予習でも久々に難問を見ることができましたので、2枚。

DSC01598.jpg


正解はこの通り。
全国正解率は5%の問題。
どうしても「スタディオ」と作ってしまうのではないでしょうか。

DSC01599.jpg


こちらも正解はこの通りです。
全国正解率は3%の問題。
2問とも初見では取れなかった問題ですが、しっかりと覚えていました。

初見の問題も見られましたし収穫のあった1日でした。

ASIAN KUNG-FU GENERATIONも良かったし、
ホテルも良かった。
QMAもそこそこ。
充実した青森県での2日間でございました。
ではでは。



NEC_0016.jpg


青森クォーターという当然初めての場所。
あまりの小ささに正直びっくりしました。

開場時間になって中へ、
入ってさらにびっくり。
学校の教室程度の大きさでは、と感じる。
(照明が落ちていますから、不正確だとは思いますが)
そういうスペースに実に400人。
男女比は30対70というところでしょうか。
こういうファン層なのか。ということも今日知ったわけです。
パッと見、僕より上と思われる年代の方は3%程度かと。
オールスタンディングという形式も初めてでしたので、
なるほどなあという感じ。
とにかくすし詰めだし、ちっさい建物だしとこの段階ではがっかりする気持ちに傾く。

しかし、ライブが始まるとその認識は180度反対へ。
すし詰めは辛かったのですが、
とにかく音響がしっかりしているなと素人ながらにびっくり。
「どうせハウリングがあったりするんでしょ」
なんて、予想もしていたんですが、とんでもない。
大音量の割りに音がとにかくクリアで心地良い。
照明等の演出もしっかりしていました。
MCの中で触れられていましたが、実に31周年の場所とのこと。
それだけのことはある!
と土下座して謝りたい気持ちにすらなりました。
秋田をスルーしてこちらを選ぶのも当然、でしょうか。

実は、メンバーの正確な名前すら知らない僕ですが、
初めてのASIAN KUNG-FU GENERATIONめちゃくちゃ格好良い。
小さな会場の利点でしっかりとドラムの方の顔まで確認できる距離で堪能できました。

フラッシュバック」「アンダースタンド」「君という花
振動覚」「羅針盤」「遥か彼方」「リライト

ツアーのタイトルにもなっているニューアルバムは実はあまりよく知らず(笑)
体力を温存して、
挙げたような初期の曲の際に爆発してきました。
良かった、良かった。

面白かったのはアンコール。
誰一人「アンコール」とは言わず、
「ラッセラー!ラッセラー!」の大合唱。
なるほど自分がいるのは青森だな、と。
はんではんで。まいねまいね。

最後に、途中MCの絡みの中で「私、40(才)!」と叫ばれた女性の方がいました。
僕の感想は「あっぱれ」です。
同じように、何歳になろうと好きなものは好き、
存分に楽しんで生きたいと思います。


ASIAN KUNG-FU GENERATIONのライブのため青森県へ。

拠点は弘前のホテル。
QMA環境を考えたのと、以前新宿で利用したホテルの系列ホテルがあったため。
早めに弘前に移動し、
チェックイン時間までQMA。

DSC01588.jpg


4台、100円2周でした。
トナメを12クレ。
平均は8位、優勝は1回(フェニ)
ドラ→フェニ→ドラ→フェニ→ドラ。
黄金賢者二段→黄金賢者三段まで。

D【0-0-0-0#0-1-2】
P【0-0-1-0#2-0-0】
D【0-0-0-0#0-2-1】
P【1-0-2-0#0-0-0】

という感じでぐだぐだ。
ドラではいずれもストレートで落とされました。

サッカーは12問パーフェクト。
正解率は89.38%。
き・ょ・う・も・易問ばかりで特別紹介したいと思える問題はなし。
なんだかなあという感じ。

スパッと切り上げてホテルへ。
いざ、ライブへ!

見終わってよくよく考えてみると、
主人公ってただひたすら「彼女」を取り戻したかっただけ。
それ以外はおまけだったのでは・・・。
先頭に立つ人って案外こうなのかも、
と考えることも出来ますけれど、
それに付き合って死んだ人、家族を亡くした人いろいろなわけで。
にも関わらずヒロインは○○○○○わけで。
あのまま○○、だったら「おお!」と驚くこともできるのですが。

「○」のへたれっぷりは凄いです。
こちらは「おお!」と笑えました。

「牙」ってあれはサーベルタイガーかな?
格好良かっただけにもう少し見たかったです。

新しさがあったとすれば、
タイトルの時代を選んだ、ということぐらいでしょうか?
特に時代考証に凝ってるようではありませんでしたけれど。
僕が思いつかないだけでしょうか?
緒形直人の「北京原人」?
あれは違いますね。

先週観た「大いなる陰謀」とは真逆な、
難しいことを一切考えなくても観られるお手軽映画であることは確実。
レイトショー1000円なら、まあ、良いかなぐらいの気持ちです。




予定通りソピアでQMA。

検定を9クレ(お笑い検定A、戦国検定A×7・B×1)
今日はSランクには届かず。
一切回収などをしていないのですが、
やはりそれだと届かない感じ(僕だと)
態勢を整えないといけないなということを思い知る。

トナメも9クレ。
平均は7位、優勝は1回(フェニ)
ドラ→フェニ→ドラ

D【0-0-0-1#0-2-1】
P【1-0-0-0#2-0-1】
D【0-0-1-0#0-0-0】

黄金賢者二段のまま。

サッカーは9問パーフェクト。
正解率は89.22%。
落とさないようにしたいところ。
フェニでは刺さってくれましたけれど、
本日も不作。
成績晒しだけになってしまうのは残念ですが、
ちょっとどうにもならず。
しようがありません。

明日はASIAN KUNG-FU GENERATIONのライブ。
青森です(泊は弘前)。
弘前駅前にQMAを置いた店がある、はず。
無いと時間を潰すのが辛いところですが、さて。
検定は少しお休みでしょう。
楽しんできたいと思います。

やってしまいました・・・。
QMAを(゚∀゚)!って、いつも通りですね。
しかし、仕事で気に入らないことがあったのと、
検定でどうしてもSランクに到達出来なくて帰りが遅くなってしまいました。

そんな今日はトナメを5クレ、
90年代検定を10クレ(A×9、S×1)、戦国検定を1クレ(A)でした。
軽々とSランクに到達できる方が神に思えます。
どうにかあと2つは頑張りたいところです。

トナメは平均5位、優勝が1回。

D【1-0-0-0#4-0-0】

黄金賢者二段のまま。
どうも回線の具合が悪くて1回線途中からのアイスが1回。
しかし、3回線・学四文字で1問しか答えられず5位敗退・・・。
やっぱり回線の具合が悪くて3回線の段階でCOM4。
しかし、アニ特撮で2問しか答えられず5位敗退・・・。
という屈辱が2回も。
アイスでの敗退はQMA5では2回目になります。
恥ずかしいですね→メモに1位と書き込み済みだったオイラ。
いくら苦手でもCOM相手には負けないようにしないといけませんね。
QMA4よりは明らかに空気を読まなくなったCOMではありますが。

フルゲートでの優勝が1回あったのは救い。
こちらも珍しい展開に。
サッカーが易問ばかりでほぼ全員正解。
この段階で僕の勝率はほぼ無いという展開だったのですが、
他の方々が不調で他の9問が完全につぶし合い。
ほんの数ポイントの差で優勝できました。
こういう展開が増えれば優勝回数も増えるのでしょうか。

また、本日も予選でのサッカーが1回。
しかし、アルコバレノさんという方に阻まれ区間賞はならず。
アルバノ・レコバのアナグラム崩れでしょうか。
名前からサッカー使いであることは想像できましたが、やはり強かった。
悠々と決勝まで進んで行かれました。
自分ははっきりとそれと分かる名前をつけなくて良かったなと思います(笑)

サッカーは9問パーフェクト。
正解率は89.10%。
夢は大きく90%台か。
難問や面白いと思えるような問題はありませんでした。

もとよさんとも久しぶりにお会いできました。
顔を合わせれば挨拶ぐらいは出来るように。
進歩したものよのう・・・、と感慨もひとしお。

明日は何事も無ければ仕事後ソピアで映画&QMA。
相棒」が大人気のようなので、今週は見送り。
何か他を観る予定。
ではでは。


DSC01578.jpg


ハードカバーに引き続き、文庫を読了。
タイトルの通り「作る」「創る」をテーマにしたエッセィ。
過去の「日記シリーズ」や「モリログアカデミィ」と比べてると、
非常に砕けた文章に感じられます。
壊れたミシンを直した(つもりになった)話なんかは涙なしには読めません。
可笑しくてですけれど。

読んで考えたことは2つ。
最近は「直す」機会が減ってきているということ。
僕も仕事は一応技術系ですから、不具合があった際は「直す」努力をすることになります。

えっと、ここまでは導通があって・・・、
こことあそこをあたると電圧があるということは・・・、
不具合な箇所ってここしかないでしょ!
それを確かめるためにはこういう細工で判別できるな。
ほらっ!ビンゴ!

悩みながらこういう作業をするのって楽しいです。
リード線を剥いたり、ハンダ付けをしたり、これが良い。
やっぱり男の子だからでしょうか。

しかし、こういうことが出来る設備がどんどんなくなってきています。
何故かって「会社」にとっては非効率だし、
とにかく「早く」直すことが求められます。
なので、駄目になったら本体を取り替えて終わり!
というような設備ばかりになってきているのが現状。
しかし、これだと「プロ」の存在の否定でもありますよね。
誰でも出来ちゃう(実際はいろいろあって、そこまではいきませんが)
また、プロがいても「代替品」が無ければぼけっとしていることしか出来ません。
仕事は仕事!楽しみは他で見出せ!
と言われれば返す言葉もありませんが・・・。
悲哀、ってこういう場合に使う言葉でしょうか。

もう一つは「憧れ」ということについて。
好きなことに打ち込む姿勢という点で森博嗣氏は憧れの存在です。
なぜ僕がそこに到達できないか?
の答えはズバリ作品の中にありますが、ふっと考えたこと。

他に自分が憧れていた存在といえば・・・、と過去を思い返す。
すると浮かんだのは中学、高校のバスケ部の先輩達。
試合中の先輩達の格好良さといったら無かった。
得点が入ると仲間達と喜びを爆発させ、
反則を受けると自分のことのように怒りを燃やした。
そして、何よりも強く沸き起こっていた感情は、
「あそこに立ちたい」だった。
今、先輩の立っているあの場所に自分に立ちたい、と。
幸いにして中学、高校ともそれは実現したのだけれど・・・。
「ついに来た」という気持ちは一切無かったように思う。
そこに立つと「それどころではない」のである。
いかにして得点するか、相手を止めるか、そして勝つか。
ただ、それだけだった。
そんな風に、今、思うのである。
そして、気づいた。先輩達も同じだったはず。
同じようにただ「勝つ」ことに夢中だった先輩達の姿にこそ憧れたのでは、と。
人を惹き付けるものはそういった「好きなことに夢中になっている姿」なのかもしれない。

そのために、と考えてしまうとそれは既に邪道だろうけれど、
何かに打ち込んでいられる人生にはしたいと思うわけです。
この方の作品(エッセィ)を読むといつもこのように考えさせられてしまいます。

だから、というわけではありませんが、明日は登校しようかなと。
かなりのハイペースになってしまいますが、
どう考えても「好き」なので・・・。
ではでは。


本日は冒頭、とにかくあやまらないと・・・。
いぬひろしくんごめんなさい。
僕のミスでプラチナメダルを1枚、ふいにさせてしまいました。
一体、何回目でしょうか・・・。
今度からは隣に座らないようにしまふ。
見捨てないで下さるよう祈るばかりです。
本当にごめんね。

気を取り直して本日の成績を。
夏服とそろそろ在庫切れの発泡酒を買いにイオンへ。
ということでまずはソピアに登校、その後ラウワンに行きました。
トナメを20クレ。
平均は6位、優勝が3回(ドラ2、フェニ1)
ドラ→フェニ→ドラ。
D【1-0-4-0#4-2-2】
P【1-1-0-0#1-1-0】
D【1-0-0-0#2-0-0】
↑真似して使ってみましたが、こんなかんじでしょうか?
黄金賢者初段→黄金賢者二段まで。

とにかく昇格試験で優勝していませんでしたので、
なんとか優勝したいなと思っていました。
本当にびっくりするぐらい(GWと比べると)薄くなっていて、
決勝進出回数も自分としては多かったのですが、なかなか勝てず。
「やっている間夢中になっていられるし、勝とう勝とうと考えるべきではないか?」
と、本当に弱気になりましたが、なんとか優勝することもできました。
でも、やっぱり思い詰めない方が良いなと思います。

午後からのラウンドワンでは次のようなことが。
初めての方と同突。
2人組でしたが、
対戦者発表の後センモニを確認したりして、
「首席だってよ、どのくらいのもんなのよ?」
みたいな雰囲気がヒシヒシと伝わってくるわけです(すぐ近くでしたし)
もう本当に緊張してしまいました。
早く落ちてくれればなんてひどいことを考えていたら結局決勝まで。
一応、成績で下回ることはありませんでしたので恥はかかずに済みました(多分)。
ただ、良いところを見せようとサッカーで1問飛んでしまって不正解。
この1問で優勝も逃してしまいました。
こういうプレッシャーとも戦わないといけないのですね。

さて、サッカーですが、48問中44問の正解。
一言で言えば、駄目、です。
試答数が多いとはいえ、1日で4問の不正解は多いという認識。
特に、この他にもいぬくんに迷惑をかけてしまいましたし・・・。

しかし、駄目ながらも最高の1日、でもありました。

タイトルに「奇跡的」とした理由ですが、
なんと予選で3度もサッカーが選択され、
なおかつ全て3回戦という驚異の引き。
1日で3回も「けつ浮きました」(パチンコ、パチスロ用語?)
決勝でバンバン間違っている僕ですが、
この3回は全てしっかりと区間賞を頂きました。
そんな本日、意地を見せたかという問題を2問。

DSC01571.jpg


正解はこの通り。
あのプラティニから”最後の10番”と評された選手だったかと。

DSC01572.jpg


こちらも正解はこの通り。
全国正解率は5%の問題です。
前にも書いた通り、違った目で情報を見るようになって、
「これは絶対に問題に出る!」とチェックしていた選手。
サッカー使い以外の方がこれを答えたら、
回戦の向こうでサッカー使いの方の”けつが浮く”んじゃないでしょうか(笑)

正解率は88.97%へ上昇。
89%が見えてきました。
厳しいのは間違いないですが、頑張りたいところ。

今週は土曜日まで仕事。
土曜日に映画に行くかも。
それまでに登校するかは未定。
未だに検定でSランクがありませんので、
検定だけに専念する日を作ろうかとも思うのですが・・・。
そして、日曜日はASIAN KUNG-FU GENERATIONのライブ。楽しみです。
ではでは。


本日は店対などをはさみつつ、
トナメを16クレ、戦国検定を2クレ(Aランク)。
トナメ平均は7位、優勝は←これ重要!
ドラステイ。
白銀賢者十段(昇格試験)↓
DSC01568.jpg


繰り返しますが、本日、優勝しておりません。
2連続決勝進出、2連続2位になってしまいがっくりと肩を落としかけた目の前で・・・。
何を思ったのか校長先生、昇格させてくれました。
危うく写真も撮り逃す所でした。
あまりの実力の無さに、あきれ果てたものでしょうか?
数十クレ、下手をすると三桁のカンストもあるかと覚悟していましたが、
6クレで終了。
本当に嬉しい気持ちもありますが、複雑な気持ちです。

はっきりと断言だけはしておきましょう。
僕、似非黄金賢者です。

しかし、試験のプレッシャーから解放されるのは助かります。
次は本当に遠いですし、まったりまったり進んで行きたいと思います。
自分のペースを変える事はありませんが、
ロックンボウルの方の勢いも凄いものがありますので、
出来れば、トータルの石の数で僕を追い抜いてくれれば・・・。
さらに気が楽になるので(笑)

そんな中、サッカーは駄目
21問中18問の正解。
正解率は88.80%。
普通の方がさくさく答えるのを落としてしまうことしきり。
サッカーが好きかもしれない人、ぐらいに格下げした方が良いか。

復習として初見の問題を2枚。
DSC01560.jpg


すぐに分かるのはイングランド
神の手、そして5人抜きです。
この印象が強すぎて他にどのチームと対戦したのかも(決勝以外は)分からず。
間違えてしまいました。
この選択肢だと正解は「イングランド」のみのようです。
ちなみにこの大会マラドーナは、
イタリアベルギーからもゴールを奪っています。
覚えていられるだろうか。
DSC01561.jpg


こちらは全く知らず。
調べたところ、正解は「パウレタ」じゃあーりませんか。
ポルトガル人である事を匂わせてもらえれば分かったかも。
問題文は06ー07シーズン、ということでした。

トナメで落とした他に予習でも分からない問題続々。
早く予習の☆を埋めて、サッカーの回収に専念せねば!
と、身が引き締まる思いなり。

世間とはズレているようで、
明日も休み。
買い物したいものもあるし、前半はソピアにしようかなというところ。
また、首席になってしまいそうですが・・・。
ではでは。




本日はQMA仲間が集まった1日。
人がいないうちにと午前中からお昼にかけて店対祭りとなりました。

メンバーは、
いぬひろしくん。
のくたーんくん。
おウサさまさん。
ゆずかさん。
「くん」と「さん」の使い分けは名前との組み合わせでしっくり来る方を選んでいます。
DSC01562.jpg

DSC01566.jpg


2枚目、失敗してますね。
ゆずかさんごめんなさい。

自分が参加した対戦の結果は以下。
1回目、ガチンコ・1位。
2回目、雑タイ縛り・1位。
3回目、アニタイ縛り・2位(1位はおウサさまさん)。
4回目、芸タイ縛り・2位(1位はいぬひろしくん、396点!)
5回目、サッカー縛り・1位(易問を落として374点)
6回目、武器以外フリー・2位(1位はいぬひろしくん?)
7回目、ジャンル自由、多答縛り・1位。
8回目、目隠し4文字・3位(1位はいぬひろしくん?)
9回目、芸タイ縛り(但しいぬくんは問題文1行)・2位(1行のみでも1位はいぬひろしくん)

こんな感じです↓

DSC01565.jpg


問題文を覚えられているようなので、
派生した瞬間勝負ありという感じでしたね。
1行でも派生した瞬間情報量も2倍という理屈でしょうか。
芸タイの正解率、93.5%ほどだったかと。
おそろしや、おそろしや。

10回目、ゆずかさんが入ってガチンコ勝負、1位。

僕が参加したのはこんな感じだったと思います。
ガチンコでいぬひろしくんを上回れたのなてん、
いつ以来のことやらわかりません。
そもそもあったのがどうかもあやふやですが。
いつもの店対と比べても安定していたかなと思います。

店対後はみんなで焼き肉。
少しではありましたが、お話もできました。
昨年のいぬくん主催のオフ会以来でしたね。

最後になってしまいましたが、
本当に僕のわがままに応えて下さり、みなさんサッカーの☆上げてくれていました。
ありがとうございました。

また、遊びましょう。
お疲れさまでした~。

問題の(いったい何が!)トナメ編に続く。




プロフィール

HINAた

Author:HINAた
某鉄道会社勤務。
読書・QMA・映画が好き。

QMA3後半~QMA6まで、
HINA@カイルでプレイしてました。
twitterは、@hina0513です。

twitter
    follow me on Twitter
    新世紀のラブソング
    ソラニン
    ブクログ
    フリーエリア
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    FC2カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。