スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「SPEC 天」

2012/04/13

本日は非番。
転勤も決定しましてテンションはだだ下がり。
もう既に自分が本当にやりたい仕事に戻ることは出来そうにない状況になってきているのかなと感じております。

夕方まで休んでから映画へ。
久しぶりでした。

ドラマは見たことがない(TBSですよね)のですが、
特に気にせず「SPEC 天」を観たのですが・・・。

どんなメディアでもそうでしょうけれど、
ある程度「対象」は絞るはず。
万人に受けるもの、なんていうのは時代的にも産まれにくく、
無理に目指したら万人に受けなかったなんてことの方が多いのでは。
で、この映画がどこの向いていたのかというと、
完全にTVを、ドラマを見ていた人なのでしょうね。
初体験がこの映画なんていう少数派にどう見えるか?
ということは考慮されていない。
あるいは考慮はしつつも少数に気を使ってもしようがないとばっさり切ったか、では。
それは批判するようなことでもない、当たり前のことでしょうけれど。

恐らくDVDやらブルーレイやらになったときには、
おまけで数十カ所あるいは三桁?
ぐらい「ここに小ネタを仕込んでました」
「あそこにも実はしかけてました」的な解説が付いたりするのではないでしょうか。
いくらあっても良いのですが、
初見の人はクスッとしつつも元ネタが気になってTVシリーズに逆流したくなる。
根っからのファンはその場で大いに楽しめる。
そういうのなら良いと思うのですが、
ほぼ全部(気付いてないのもいっぱいだったでしょう)特に気にならず、
正直ぽかーんとしてばかりでした。
なんでしょう、「あ、これはプラトーン?」とか思った箇所くらいかなぁ・・・。
1度も笑わず映画館を出たのですが、
いくら何でもこれは制作者の想定外でないのでしょうか?

くさいセリフ、というのがどうにも苦手なので、
「あなたの現実とはちょっとずれている、完全に作り物の世界ですよ」
という方が好きなのでそれには嵌る設定ではあった。
けれど、過剰過ぎるように感じたのかもですね、キャラクタとか。
厨二っていう単語が何度も頭をよぎりましたし、
「エ、エヴァ?」なんていう風にも。
トリック」だともっと入って行けたのですが、
最後まで傍観者だったような気がします。残念。
あ、あと、無駄にグロ(を想像させる)シーンがあったのも僕は駄目でした。

良かった点というと最後のバトルでしょうかね。
少し前のシーンでテーブル上に「ジョジョ」があったのは伏線でしょうか(笑)
「特殊能力」が出てくれば、
それをどう使うか?どう逆手に取るか?という駆け引きがあるわけで。
ほんのもう少し分かり易くても良かったかなとも思いましたが、
なるほどそう来たかと楽しませて頂きました。
セリフの通り「賭け」と言える戦術でしたけれど。
あいての「慢心」がどの程度か読み違えていれば成立しませんよね。
けれど、お見事でした。

最後にしつこいようですが、
TVを見ていれば、というのはやはり違うと思う。
映画館で単品で上映する以上はそれ単品で料金分の「価値」を持っていなければ。
「合わなかった」だけ、かもしれませんけれど。

珍しくちょっと残念、と感じたのでした。

明日はお休み。
朝から遊びに出るでしょう。
ではでは。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

以前映画を見に行ったときにこれの予告が何回か流れていて、少し興味を持っていたのですが、もともとドラマ化されていた作品だとは知りませんでした。
自分が観に行っても楽しめそうもないみたいですね。

事前に作品の知識やTVシリーズの視聴ありき、ってのは最近の深夜アニメ作品に多い気がしますね。最終回の終わり辺りで「劇場版に続く」みたいな。
そういったコア層に向けたアニメは上映館がかなり限られてることも多いですし、客もそのアニメのファン層とかなり絞られるのでそういうやり方でもアリだと思いますが、表面的に事前知識が必要か見分けがつきにくい実写でそれをやるのはどうかなと自分は思います。

ありゃりゃ…

せっかくなのに残念でしたね(^_^;)

あたしも予告編は見ていたんですが、個人的には予告の時点から「こりゃどうなんだ???」なイメージで見てたのでそうなのかー……な感じです(^_^;)

元ネタ知識ありきの映画は寂しいですね。
や、元ネタ知ってれば「もっと楽しめる」はステキだと思うんですが、元を知らないとなんだこりゃ、では……。そういうのはいっそ予告編から「原作を読んできて下さい」「ドラマ見てからどうぞ」とか流してもらわないと!……というのはちょいと毒ですかね。

まっさらな人に少しくらいの親切はあってもいいかなあ・・・・と。

Re: No title

>choibunさん

本筋の物語はまあ「普通の人」vs「異能を持った人」。
恐怖感を抱き集団で排斥に走り、それに対する反発が・・・、
というそれなりにはある設定。
「X-MEN」と近いですよね。
なのでストーリー自体はTV知らなくてもとは思いますが、
「ネタ」がやっぱり・・・、と。

おっしゃられるような「コア層」と、
僕みたいな「一見さん」が違う「面白さ」を感じるように、
っていうのは無理な注文なんでしょうかねぇ。

いや、本当に僕にはそれが分からなかっただけ、
という可能性は否定できないのであれですが・・・。

Re: ありゃりゃ…

>右京さん

choibunさんへの返信と同様ですが、
お話自体の感じは掴めるのですが、
「これはシリーズのファンを意識してぶっ込んでいるネタなんだろうな」
というのが露骨に感じられる。
かつ、「遡ってTVに興味が湧いたぞ!」とは僕には思えなかったもので・・・。
商業的にも「一見さん」を引き込む「何か」を仕込んでおいて、
DVDやら何やらの需要も喚起してさらなる人気のアップに、
とやるのは当たり前に思えるのですが。
全部ひっくるめて分かっていてそれを切り捨てたというのであれば、
それはそれで潔くてあっぱれ、かもしれませんが(笑)

あと、やっぱりとにもかくにも「僕には合わなかった」だけで、
これで「全部レンタルでチェックするぜ!」的なにわかファンが急増してたりして(笑)
プロフィール

HINAた

Author:HINAた
某鉄道会社勤務。
読書・QMA・映画が好き。

QMA3後半~QMA6まで、
HINA@カイルでプレイしてました。
twitterは、@hina0513です。

twitter
    follow me on Twitter
    新世紀のラブソング
    ソラニン
    ブクログ
    フリーエリア
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    FC2カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。